Top > Search of Japanese Patents > ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE USING SUPERCONDUCTIVE MAGNET DEVICE

ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE USING SUPERCONDUCTIVE MAGNET DEVICE

Patent code P07A010933
File No. /NO31252
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-365774
Publication number P2007-174749A
Patent number P4772492
Date of filing Dec 20, 2005
Date of publication of application Jul 5, 2007
Date of registration Jul 1, 2011
Inventor
  • (In Japanese)清野 寛
  • (In Japanese)長嶋 賢
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE USING SUPERCONDUCTIVE MAGNET DEVICE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electromagnetic force supporting device using a superconductive magnet device that can be reduced in the size of a refrigerating machine and also reduced in capacity by alleviating a load to a heat-insulating load supporting material and suppressing heat intrusion to a superconductive coil.

SOLUTION: The electromagnetic supporting device using the superconductive magnet device comprises: a cryostat 1 that supports the superconductive coil 2 by the circumferential heat-insulating load supporting material 3 and the vertical heat-insulating load supporting material 4; a diamagnetic body 5 comprising a supported article 6 arranged above the cryostat 1; and a diamagnetic body 11 supported by a supporting body 13 via a position adjustment device 12 arranged on a road bed 9. The diamagnetic body 11 is made to oppose the diamagnetic body 5 on the longitudinal central line of the superconductive coil 2, an additional load 14 that opposes an additional load 10 acting on the superconductive coil 2 is made to act by the diamagnetic body 5, and the load acting on the vertical heat-insulating load supporting material 4 is canceled.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電磁力を利用した支持装置やベアリングは非接触であることから高速回転させても損失が少ないという利点がある。
そのような電磁力を利用した支持装置においては、従来から永久磁石が使用されてきたが、それに使用する永久磁石の発する磁束密度には限界があることから載荷力に限界があった。



そこで、重載荷力を増やす一つの方法として、バルク(固まり状態)の超電導物質の反磁性効果と永久磁石の間に働く電磁力を利用する方法が考えられている。例えば、国内ではNEDOの開発(非特許文献1参照)、アメリカではアルゴンヌ研究所(非特許文献2参照)の例がある。
また、より大きな載荷力を得られるものとして、超電導コイルとバルク超電導物質の相互作用力を利用したものも考えられている(特許文献1参照)。

【特許文献1】特開2003-219581号公報

【非特許文献1】新エネルギー・産業技術総合開発機構、「フライホイール電力貯蔵要超電導磁気軸受け技術研究開発」

【非特許文献2】T.M.Mulcahy et al.:IEEE Tran.Appl.Superconductiity,Vol.11,No.1(2001),pp.1729-1732.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、超電導磁石装置を用いた電磁力支持装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)超電導コイル(2)を周方向断熱荷重支持材(3)と上下方向断熱荷重支持材(4)で支持したクライオスタット(1)と、
(b)該クライオスタット(1)の上方に配置される支持物(6)を有する第1の反磁性体(5)と、
(c)路盤(9)上に配置される位置調整装置(12)を介して支持体(13)により支持される第2の反磁性体(11)とを備え、
(d)前記第2の反磁性体(11)を前記第1の反磁性体(5)と前記超電導コイル(2)の長手方向の中心線上で対向させて、前記第1の反磁性体(5)により前記超電導コイル(2)に作用する付加荷重(10)と対向する付加荷重(14)を作用させるように構成し、前記上下方向断熱荷重支持材(4)に作用する荷重を相殺させることを特徴とする超電導磁石装置を用いた電磁力支持装置。

【請求項2】
 
(a)超電導コイル(22)を周方向断熱荷重支持材(23)と上下方向断熱荷重支持材(24)で支持したクライオスタット(21)と、
(b)該クライオスタット(21)の下方に配置される支持物(26)を有する第1の強磁性体(25)と、
(c)前記クライオスタット(21)の上方に位置調整装置(33)と固定部材(34)を介して吊り下げられる第2の強磁性体(31)とを備え、
(d)前記第2の強磁性体(31)を下方に配置される前記第1の強磁性体(25)と前記超電導コイル(22)の長手方向の中心線上で対向させて、前記第1の強磁性体(25)により前記超電導コイル(22)に作用する付加荷重(30)と対向する付加荷重(35)を作用させるように構成し、前記上下方向断熱荷重支持材(24)に作用する荷重を相殺させることを特徴とする超電導磁石装置を用いた電磁力支持装置。
Industrial division
  • (In Japanese)発電、電動
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005365774thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close