Top > Search of Japanese Patents > DERAILMENT PREVENTION AND BRAKING DEVICE FOR WHEELS

DERAILMENT PREVENTION AND BRAKING DEVICE FOR WHEELS

Patent code P07A010939
File No. /NO31257
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2006-004608
Publication number P2007-186027A
Patent number P4767692
Date of filing Jan 12, 2006
Date of publication of application Jul 26, 2007
Date of registration Jun 24, 2011
Inventor
  • (In Japanese)笹川 卓
  • (In Japanese)柏木 隆行
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title DERAILMENT PREVENTION AND BRAKING DEVICE FOR WHEELS
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a derailment prevention device and a braking device for wheels which can surely prevent derailment of the wheels and brake the wheels, by laying derailment prevention guard rails for wheels near rails, installing an eddy-current brake device opposed to the derailment prevention guard rails for wheels, and using the derailment prevention guard rails for wheels as secondary conductors of the eddy-current brake.

SOLUTION: In the derailment prevention device for wheels, the derailment prevention guard rails 6, 7 for wheels 2, 3 are laid near the rails 1 at predetermined intervals D1. The eddy-current brake device is installed on a vehicle side so as to be opposed to the derailment prevention guard rails 6, 7 for wheels 2, 3. The derailment prevention guard rails 6, 7 for wheels 2, 3 are used as secondary conductors of the eddy-current brake.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、新幹線(登録商標)や在来線の速度向上における課題の一つにブレーキ力の確保が挙げられ、レールと車体に搭載されたリニア誘導モータ(LIM)との間で吸引力を働かせてブレーキ力を増すようにした機構が提案されている(非特許文献1参照)。
かかるブレーキ機構は、車両の脱線を防止する機能を有するものでもある。
また、レールと車両に取り付けられた電磁石を設けた、電磁力による鉄道車両用脱線事故防止装置(下記特許文献1)や、レール頭頂面損傷を来すことなく、車輪粘着係数の増加や脱線係数の低減を実現することができる、レールに対向した車両に取り付けられる電磁石を備えた鉄道車両用輪重制御装置及び方法(下記特許文献2)が提案されている。

【非特許文献1】坂本泰明,村井敏昭,笹川卓「交流励磁渦電流ブレーキの基礎検討」,電気学会リニアドライブ研究会,2004年6月24日,pp.17~21

【特許文献1】特開2003-25992号公報

【特許文献2】特開昭55-36145号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、車輪の脱線防止及び制動装置に係り、特に車輪の脱線防止ガードレール及び制動装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
レールに沿った内側であって、該レールの近傍に所定間隔をおいて車輪の脱線防止ガードレールを敷設するとともに、車両側の台車枠の前後方向中央部の下面に支持部材を介して電気コイルが取付けられた前記車輪の脱線防止ガードレールに対向する渦電流ブレーキ装置を設置し、前記車輪の脱線防止ガードレールを渦電流ブレーキの2次導体として用いることを特徴とする車輪の脱線防止及び制動装置。

【請求項2】
 
レールに沿った外側であって、該レールの近傍に所定間隔をおいて車輪の脱線防止ガードレールを敷設するとともに、車両側の軸箱に電気コイルが取付けられた前記車輪の脱線防止ガードレールに対向する渦電流ブレーキ装置を設置し、前記車輪の脱線防止ガードレールを渦電流ブレーキの2次導体として用いることを特徴とする車輪の脱線防止及び制動装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の車輪の脱線防止及び制動装置において、前記車輪の脱線防止ガードレールの表面側をアルミニウム板で覆うようにしたことを特徴とする車輪の脱線防止及び制動装置。

【請求項4】
 
請求項1記載の車輪の脱線防止及び制動装置において、前記車輪の脱線防止ガードレールは前記レールに沿った内側であって、レール毎に敷設することを特徴とする車輪の脱線防止及び制動装置。

【請求項5】
 
請求項2記載の車輪の脱線防止及び制動装置において、前記車輪の脱線防止ガードレールは前記レールに沿った外側であって、レール毎に敷設することを特徴とする車輪の脱線防止及び制動装置。

【請求項6】
 
請求項1又は2記載の車輪の脱線防止及び制動装置において、前記車輪の脱線防止ガードレールは前記レールの片側の近傍にのみ敷設することを特徴とする車輪の脱線防止及び制動装置。
Industrial division
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006004608thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close