Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONDUCTIVE MAGNET DEVICE CAPABLE OF SUPPORTING HEAVY ARTICLE

SUPERCONDUCTIVE MAGNET DEVICE CAPABLE OF SUPPORTING HEAVY ARTICLE

Patent code P07A010941
File No. /NO33569
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2006-004648
Publication number P2007-189796A
Patent number P4772510
Date of filing Jan 12, 2006
Date of publication of application Jul 26, 2007
Date of registration Jul 1, 2011
Inventor
  • (In Japanese)長嶋 賢
  • (In Japanese)笹川 卓
  • (In Japanese)清野 寛
  • (In Japanese)尾崎 修
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社神戸製鋼所
Title SUPERCONDUCTIVE MAGNET DEVICE CAPABLE OF SUPPORTING HEAVY ARTICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a superconductive magnet that is simple in structure, can obtain a strong floating force capable of supporting a heavy article, and can support the heavy article.
SOLUTION: A superconductive magnet device that can support the heavy article includes: a cylindrical coil vacuum vessel 3 in which a superconductive coil 1 is arranged; a flanged load support 4 fixed to and arranged in the coil vacuum vessel 3; a ring-shaped magnetic booster 5 fixed to at least the upper part of the load support 4; and a load supporting body 8 that is arranged on the central axis of the coil vacuum vessel 3 so as to hang the heavy article 7, and has a superconductive bulk body 9 fixed to the ring-shaped magnetic booster 5 so as to face it.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、タンパク質の構造解析方法として、強磁気力場発生装置(下記特許文献1)が本願発明者らによって提案されている。
また、重量物の支持が可能な超電導磁石の分野の技術としては、超電導フライホイール電力貯蔵装置(下記特許文献2参照)が本願発明者によって提案されている。
【特許文献1】
特開2003-007525号公報
【特許文献2】
特開2003-219581号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、重量物の支持が可能な超電導磁石装置に係り、超電導体の磁束ピニング効果による反発装置でもって重量物の支持を可能にする装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)内部に超電導コイルが配置される円筒状のコイル真空容器と、
(b)前記コイル真空容器の内側に固定され配置されるフランジ付き荷重支持体と、
(c)該荷重支持体の少なくとも上方に固定される鉄製のリング状の磁気力ブースターと、
(d)重量物を懸垂するように前記コイル真空容器の中心軸上に配置されるとともに、前記鉄製のリング状の磁気力ブースターに対向するように固定される超電導バルク体を有する荷重支持体とを具備することを特徴とする重量物の支持が可能な超電導磁石装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の重量物の支持が可能な超電導磁石装置において、前記重量物がフライホイールであり、前記鉄製のリング状の磁気力ブースターを前記荷重支持体の上部と下部に配置し、該上部と下部にそれぞれ超電導バルク体を配置することを特徴とする重量物の支持が可能な超電導磁石装置。

【請求項3】
 
請求項2記載の重量物の支持が可能な超電導磁石装置において、前記超電導バルク体を囲むクライオスタットを設けることを特徴とする重量物の支持が可能な超電導磁石装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006004648thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close