Top > Search of Japanese Patents > STOP DEVICE FOR TROLLEY WIRE

STOP DEVICE FOR TROLLEY WIRE

Patent code P07A010947
File No. /NO33572
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2006-020679
Publication number P2007-196953A
Patent number P4656577
Date of filing Jan 30, 2006
Date of publication of application Aug 9, 2007
Date of registration Jan 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)大矢 明徳
  • (In Japanese)清水 政利
  • (In Japanese)萬代 毅
  • (In Japanese)山川 盛実
Applicant
  • (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)三和テッキ株式会社
Title STOP DEVICE FOR TROLLEY WIRE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To stop trolley line without generation of large stress concentration on a terminal end of a trolley wire of a catenary trolley wire section without providing a large transfer facility between a trolley bar section and a catenary trolley wire section.

SOLUTION: The terminal end of the trolley wire T1 of the catenary trolley wire is stopped by an inter-short-diameter trolley bar base 2 and a support plate 3. The inter-short-diameter trolley bar base 2 is supported on a building on a base end side and extends to the catenary trolley wire section side C, and the terminal end of the trolley wire T1 is gripped at a lower end over a predetermined length. The support plate 3 is connected to a distal end side of the inter-short-diameter trolley bar base 2 on the base end side, extends to the catenary trolley wire section C side by a predetermined length and supports the trolley wire T1 at a lower end. The inter-short-diameter trolley bar base 2 is advanced in parallel to the terminal end of the trolley bar section R over a predetermined distance and the distal end side is supported on the building pivotably in a vertical direction at the base end. The support plate 3 is made of metal or synthetic resin and the width in the vertical direction is gradually reduced from the base end side toward the distal end side. The support plate 3 grips the trolley wire T1 through a plurality of gripping members 8 at a lower edge.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


剛体電車線では、トロリ線を、延線方向に張力を加えることなく、上下方向に固定して支持するのに対し、カテナリ電車線では、トロリ線を、延線方向に所定の張力を付与しつつ上下方向に所定の自由度を持って吊支する。このため、例えば、トンネル内の剛体電車線区間とトンネル外のカテナリ電車線区間との連結部には、図8に示すようなオーバーラップ区間が設けられる。図においてトンネルT内に設けられた剛体電車線21は、端部が約40mにわたってトンネル外に引き出され、構築物に支持される。一方、トンネル外のカテナリ電車線22の端部は、約30mにわたってトンネル外の剛体電車線21と並行して架設される。カテナリ電車線22のトロリ線23は、剛体電車線21と30
mmの高低差を有するが、オーバーラップ区間において、約20mの間で徐々に引き上げられ、電車のパンタグラフが両電車線区間の連結部を円滑に通過できるようになっている。このようなオーバーラップ区間には長距離の支持設備を必要とするため、在来線等の狭小トンネル区間に剛体電車線を導入する障害となっている。
移行区間に余分な設備を必要としない連結方式として、カテナリ電車線のトロリ線の終端部を剛体電車線のトロリ線の終端部と直接接続する形式が提案されている(例えば特許文献1参照)。この方式においては、剛体架台の上部を、その一端から他端に向かって徐々に下方へ深く切り欠くことによって先細りに形成されたスプリングポールを剛体電車線区間の終端部に接続し、これにカテナリ電車線のトロリ線を直接延線して支持させるものである。

【特許文献1】米国特許第5,957,254号明細書

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、吊架線下にトロリ線を懸垂して支持するカテナリ電車線区間と、剛体架台下に上下方向に固定してトロリ線を支持する剛体電車線区間との連結部においてカテナリ電車線のトロリ線を引き止める装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
吊架線下にトロリ線を懸垂して支持するカテナリ電車線区間と、剛体架台下に上下方向に固定してトロリ線を支持する剛体電車線区間との連結部においてカテナリ電車線のトロリ線を引き止める装置であって、
基端側において構築物に支持され前記カテナリ電車線のトロリ線の終端部を所定長さにわたって下端部で把持するようにカテナリ電車線区間側へ延びる短径間剛体架台と、この短径間剛体架台の先端側に基端側が接続され前記トロリ線の上方に沿ってカテナリ電車線区間側へ所定長さ延び下端において当該トロリ線を支持する支持板とを具備し、
前記短径間剛体架台は、前記剛体電車線の終端部と所定距離にわたって並行するように配置され、基端部において先端側が上下方向に揺動できるように構築物に支持され、
前記支持板は、金属又は合成樹脂製で、基端側から先端側へ向かって徐々にその上下方向の幅が縮小する形状で、下縁部において複数の把持部材を介して前記トロリ線を把持することを特徴とするトロリ線の引き止め装置。

【請求項2】
 
前記短径間剛体架台は、金属製で、上部のフランジと、このフランジから下方へ垂直に互いに平行に延出した一対の把持片とを具備する断面略Π型の型材からなり、
前記トロリ線は、前記一対の把持片の下縁部間に把持されて前記短径間剛体架台の下に支持され、
前記短径間剛体架台の先端側と前記支持板の基端側との間に一対の接続板が介設され、これら一対の接続板は基端側において前記一対の把持片の間に挿入されて把持片にねじ止めされ、支持板の基端側は一対の接続板に挟まれてねじ止めされることにより、前記短径間剛体架台の先端側に接続されることを特徴とする請求項1に記載のトロリ線の引き止め装置。
Industrial division
  • Electric power application
  • High polymer
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006020679thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close