Top > Search of Japanese Patents > EVALUATION DEVICE AND EVALUATION METHOD OF FWD

EVALUATION DEVICE AND EVALUATION METHOD OF FWD

Patent code P07A010951
File No. /NO33571
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2006-026539
Publication number P2007-205955A
Patent number P4588643
Date of filing Feb 3, 2006
Date of publication of application Aug 16, 2007
Date of registration Sep 17, 2010
Inventor
  • (In Japanese)上浦 正樹
  • (In Japanese)関根 悦夫
  • (In Japanese)岡野 晴樹
  • (In Japanese)藤生 高弘
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社東京測器研究所
Title EVALUATION DEVICE AND EVALUATION METHOD OF FWD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an evaluation device and an evaluation method capable of evaluating an FWD (falling weight deflectmeter) easily and appropriately.
SOLUTION: The evaluation device 1 comprises: a movable block 4 supported by a substrate block 2 via a metal spring (belleville spring) 3; and a displacement sensor 5 for detecting the amount of upper/lower displacement in the movable block 4. A proportional constant for prescribing the relationship between the working load and the amount of displacement in the movable block 4 is specified in advance. An FWD (compact FWD) 21 is installed on the movable block 4, the weight of the FWD 21 is dropped to the sensor section of the FWD 21, the working load and the amount of displacement in the sensor section of the FWD 21 are measured from the output of the sensor section, and the amount of displacement in the movable block 4 is measured from the detection signal of the displacement sensor 5. The FWD 21 is evaluated, based on the measurement data and the specified proportional constant.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


道路などの地盤の剛性を検査するために使用される剛性検査装置としては、小型で運搬などの取り扱いが容易な、いわゆる小型FWDが知られている。この小型FWDは、地盤上に載架されるセンサ部と、該センサ部上に設置されたゴムなどの緩衝部材とを有し、該緩衝部材上に錘体を落下させ、その落下に伴い前記センサ部に加わる荷重と該センサ部の変位(該荷重による地盤の撓みに伴うセンサ部の変位)とに応じた信号を該センサ部から出力するようにしたものである(例えば特許文献1を参照)。そして、センサ部の出力信号を基に、錘体の落下によって地盤に作用した荷重と地盤の撓み(上下方向の変位)とが計測され、その計測値を基に、地盤の剛性が検査される。
【特許文献1】
特開2003-176504号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、地盤の剛性を検査するためのFWD(Falling Weight Deflectmeter)を評価するための装置、およびその評価方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
地盤上に載架されるセンサ部と、該センサ部上に設置された緩衝部材とを有し、該緩衝部材上に錘体を落下させ、その落下に伴い前記センサ部に加わる荷重と該荷重によるセンサ部の上下方向の変位量とに応じた信号を該センサ部から出力するようにしたFWD(Falling Weight Deflectmeter)の評価用装置であって、
剛体状の床面に載架される剛体状の基体ブロックと、該基体ブロック上に金属ばねを介して支持されて、該金属ばねの弾性変形により該基体ブロックに対して上下方向に可動に設けられ、且つ前記FWDのセンサ部を載架するためのFWD載架面が上面部に形成された可動ブロックと、該可動ブロックの前記基体ブロックに対する上下方向の変位量を検出し、その検出信号を出力する変位センサとを備え、前記可動ブロックに作用する上下方向の荷重と該可動ブロックの変位量との間の線形関係を規定する比例定数の値があらかじめ特定されていることを特徴とするFWDの評価用装置。

【請求項2】
 
前記金属ばねは、軸心を上下方向に向けて前記基体ブロック上に設置された皿ばねであることを特徴とする請求項1記載のFWDの評価用装置。

【請求項3】
 
請求項1または2記載のFWDの評価用装置を使用して、前記FWDを評価する方法であって、
前記評価用装置の基体ブロック前記剛体状の床面に載架すると共に、該評価用装置の前記可動ブロックのFWD載架面に前記FWDのセンサ部を載架する第1ステップと、
次いで、前記FWDの錘体を落下させる第2ステップと、
該錘体の落下時における前記センサ部の出力信号に基づき、前記センサ部に作用する荷重と該センサ部の変位量とを計測すると共に、前記評価用装置の変位センサの検出信号に基づき、前記可動ブロックの変位量を計測する第3ステップとを備えると共に、前記FWDの錘体の重量と該錘体の落下開始時の高さとのうちの少なくともいずれか一方を変更して、前記第2ステップおよび第3ステップの処理を複数回実行し、
前記第3ステップで前記センサ部の出力信号に基づき計測された前記センサ部への作用荷重および該センサ部の変位量から把握される前記比例定数の計測値と前記あらかじめ特定された該比例定数の値との比較と、前記第3ステップで計測された変位センサの検出信号に基づき計測された前記可動ブロックの変位量と前記センサ部の出力信号に基づき計測された該センサ部の変位量との比較とに基づき、前記FWDを評価するようにしたことを特徴とするFWDの評価方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006026539thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close