Top > Search of Japanese Patents > MULTIPURPOSE STORAGE DEVICE FOR RAILWAY ROLLING STOCK

MULTIPURPOSE STORAGE DEVICE FOR RAILWAY ROLLING STOCK

Patent code P07A010972
File No. /NO33579
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2006-051788
Publication number P2007-230281A
Patent number P4628976
Date of filing Feb 28, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Nov 19, 2010
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 浩明
  • (In Japanese)白戸 宏明
  • (In Japanese)藤浪 浩平
  • (In Japanese)斎藤 綾乃
  • (In Japanese)村越 暁子
  • (In Japanese)松岡 茂樹
  • (In Japanese)平井 俊江
Applicant
  • (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東急車輛製造株式会社
Title MULTIPURPOSE STORAGE DEVICE FOR RAILWAY ROLLING STOCK
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a multipurpose storage device for a railway rolling stock having a safe and comfortable multipurpose space on a corner of the railway rolling stock.

SOLUTION: This multipurpose storage device for the railway rolling stock is furnished with a baby car space 2 arranged on a corner of the railway rolling stock 1, a supporting pipe 4 in the horizontal direction of an upper stage arranged in this baby car space 2 and a supporting pipe 5 in the horizontal direction of a lower stage arranged on the indoor side from the supporting pipe 4 in the horizontal direction of the upper stage in parallel with the supporting pipe 4 in the horizontal direction of this upper stage.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


昨今、鉄道車両の客室には構造上やむを得ない場合を除いて、1列車に少なくとも1か所以上車いすスペースを設けるようになっている。
その場合、図12に示すように、車いすスペース103は、車いす使用者の移動が容易で、乗降の際の移動距離が短くてすむように、乗降口101から近い位置に設置するようにしている。また、車いすスペース103であることを表示する車いすシンボルマーク104と非常通報装置105を配置するようにしている。なお、102は乗客用座席である(下記非特許文献1参照)。

【非特許文献1】「障害者・高齢者等のための公共交通機関の車両等に関するモデルデザイン」,財団法人 運輸政策研究機構,平成13年3月,pp.22

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鉄道車両用多目的収容装置に係り、特に、鉄道車両用ベビーカー収容装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)鉄道車両の片隅に配置される多目的スペースと、
(b)該多目的スペースに配置される上段の水平方向の支持パイプと、
(c)該上段の水平方向の支持パイプの途中から分岐した下段の水平方向の支持パイプとを備え、
(d)前記下段の水平方向の支持パイプが存在しないスペースに折り畳み椅子を配置することを特徴とする鉄道車両用多目的収容装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の鉄道車両用多目的収容装置において、前記下段の水平方向の支持パイプにクッションを装備することを特徴とする鉄道車両用多目的収容装置。

【請求項3】
 
請求項1記載の鉄道車両用多目的収容装置において、前記上段の水平方向の支持パイプおよび前記下段の水平方向の支持パイプそれぞれにクッションを装備し、前記下段の水平方向の支持パイプに設けたクッションを垂線に対して傾斜した位置に配置することを特徴とする鉄道車両用多目的収容装置。
Industrial division
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006051788thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close