Top > Search of Japanese Patents > SYSTEM AND PROGRAM FOR MONITORING DRIVING STATE AND FOR MONITORING OPERATING STATE

SYSTEM AND PROGRAM FOR MONITORING DRIVING STATE AND FOR MONITORING OPERATING STATE

Patent code P07A010991
File No. /NO31347
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2006-239611
Publication number P2007-110888A
Patent number P4889106
Date of filing Sep 4, 2006
Date of publication of application Apr 26, 2007
Date of registration Dec 22, 2011
Priority data
  • P2005-270369 (Sep 16, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)滝澤 太朗
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title SYSTEM AND PROGRAM FOR MONITORING DRIVING STATE AND FOR MONITORING OPERATING STATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a driving status monitoring system capable of improving safety by a simple and inexpensive system, a driving status monitoring program, an operating status monitoring system, and an operating status monitoring program.
SOLUTION: The driving status monitoring system 1 monitors the driving status of a vehicle V, and when the system determines that the driving status of a vehicle V is appropriate, the system lowers the travelling speed of the vehicle V not higher than a limit speed. A driving status memory 7d stores a speed curve expressing a change in speed when expressing a distance by a horizontal axis and a speed by a vertical axis. A driving status setting section 7e sets the ideal driving status of the vehicle V as a driving condition, or sets an optimum driving status in past driving statuses as the driving condition. A driving status comparator 7g compares the driving condition set by the driving condition setting section 7e with the current driving status of the vehicle V, while a driving status determination section 7h determines whether the speed of the vehicle V is deviated from an ideal speed curve or not.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


列車の速度を自動的に制限速度以下に制御する自動列車制御装置(Automatic Train Control(ATC))が知られている。このような自動列車制御装置では、列車が制限速度を超過したときにはこの列車のブレーキ装置を自動的に作動させ、列車が制限速度以下に減速したときにはこの列車のブレーキ装置を自動的に緩めるように列車を制御している。従来の自動列車制御装置は、列車が走行する軌道を一列車のみが走行を許される閉そく区間に区分けしたときに、各閉そく区間に設置されて他の閉そく区間の制限速度情報を送信する地上子と、列車に設置されてこの制限速度情報を受信する車上子と、列車の走行速度が許容速度になるように制御する制御回路などを備えている(例えば、特許文献1参照)。この従来の自動列車制御装置では、各閉そく区間の距離と列車のブレーキ特性とを制御回路が記憶しており、現在の閉そく区間から他の閉そく区間までの走行距離と許容速度特性との関係を制御回路が演算するとともに、列車の走行距離から許容速度を演算して、走行速度が許容速度になるように列車を制御している。



【特許文献1】
特開平6-237511号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、交通機関の運転状況を監視する運転状況監視システム及び運転状況監視プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
交通機関の運転状況を監視する運転状況監視システムであって、
車両を運転するときに要求される運転条件とこの車両の現在の運転状況とを比較する運転状況比較手段と、
前記運転状況比較手段の比較結果に基づいて、前記車両の現在の運転状況の妥当性を判定する運転状況判定手段と、
前記運転状態判定手段が前記車両の現在の運転状況が妥当ではないと判定したときに、この車両のブレーキ装置にブレーキ動作を指令するブレーキ動作指令手段と、
前記運転状態判定手段が前記車両の現在の運転状況が妥当ではないと判定したときに、地上の中央指令所の中央指令装置に送受信装置を通じてこの運転状況判定手段の判定結果を出力する判定結果出力手段とを備え、
前記ブレーキ動作指令手段は、前記中央指令所の司令員が前記中央指令装置によって前記送受信装置を通じて送信する前記ブレーキ動作の解除を許可する指令を受けるまで、このブレーキ動作の解除を禁止すること、
を特徴とする運転状況監視システム。

【請求項2】
 
請求項1に記載の運転状況監視システムにおいて、
前記運転状況比較手段は、前記車両の過去の運転状況のうち最適な運転状況が前記運転条件として設定されているときに、この運転条件と前記車両の現在の運転状況とを比較すること、
を特徴とする運転状況監視システム。

【請求項3】
 
請求項1又は請求項2に記載の運転状況監視システムにおいて、
前記運転状況比較手段は、前記車両の理想的な運転状況が前記運転条件として設定されているときに、この運転条件と前記車両の現在の運転状況とを比較すること、
を特徴とする運転状況監視システム。

【請求項4】
 
請求項2又は請求項3に記載の運転状況監視システムにおいて、
前記運転状況比較手段は、前記車両が通過する通過地点毎の制限速度が設定されているときに、この各通過地点毎の制限速度と前記車両の各通過地点毎の実際の通過速度とを比較し、
前記運転状況判定手段は、前記車両の各通過地点毎の実際の通過速度がこの車両の各通過地点毎の制限速度を超過しているときには、この車両の運転状況が妥当でなはいと判定すること、
を特徴とする運転状況監視システム。

【請求項5】
 
交通機関の運転状況を監視するための運転状況監視プログラムであって、
前記車両を運転するときに要求される運転条件とこの車両の現在の運転状況とを比較する運転状況比較手順と、
前記運転状況比較手順における比較結果に基づいて、前記車両の現在の運転状況の妥当性を判定する運転状況判定手順と、
前記運転状態判定手順において前記車両の現在の運転状況が妥当ではないと判定されたときに、この車両のブレーキ装置にブレーキ動作を指令するブレーキ動作指令手順と、
前記運転状態判定手順において前記車両の現在の運転状況が妥当ではないと判定されたときに、地上の中央指令所の中央指令装置に送受信装置を通じて、この運転状況判定手順における判定結果を出力する判定結果出力手順とをコンピュータに実行させ、
前記ブレーキ動作指令手順は、前記中央指令所の司令員が前記中央指令装置によって前記送受信装置を通じて送信する前記ブレーキ動作の解除を許可する指令を受けるまで、このブレーキ動作の解除を禁止する手順を含むこと、
を特徴とする運転状況監視プログラム。

【請求項6】
 
請求項5に記載の運転状況監視プログラムにおいて、
前記運転状況比較手順は、前記車両の過去の運転状況のうち最適な運転状況が前記運転条件として設定されているときに、この運転条件と前記車両の現在の運転状況とを比較する手順を含むこと、
を特徴とする運転状況監視プログラム。

【請求項7】
 
請求項5又は請求項6に記載の運転状況監視プログラムにおいて、
前記運転状況比較手順は、前記車両の理想的な運転状況が前記運転条件として設定されているときに、この運転条件と前記車両の現在の運転状況とを比較する手順を含むこと、
を特徴とする運転状況監視プログラム。

【請求項8】
 
請求項6又は請求項7に記載の運転状況監視プログラムにおいて、
前記運転状況比較手順は、前記車両が通過する通過地点毎の制限速度が設定されているときに、各通過地点毎の制限速度と前記車両の各通過地点毎の実際の通過速度とを比較する手順を含み、
前記運転状況判定手順は、前記車両の各通過地点毎の実際の通過速度がこの車両の各通過地点毎の制限速度を超過しているときには、この車両の運転状況が妥当でなはいと判定する手順を含むこと、
を特徴とする運転状況監視プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006239611thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close