Top > Search of Japanese Patents > TUNNEL SOUNDNESS DIAGNOSTIC SYSTEM

TUNNEL SOUNDNESS DIAGNOSTIC SYSTEM

Patent code P07A011000
File No. /NO33429
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2004-012616
Publication number P2005-207044A
Patent number P4279159
Date of filing Jan 21, 2004
Date of publication of application Aug 4, 2005
Date of registration Mar 19, 2009
Inventor
  • (In Japanese)小島 芳之
  • (In Japanese)津野 究
  • (In Japanese)栗林 健一
  • (In Japanese)蒲地 秀矢
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社ジェイアール総研情報システム
Title TUNNEL SOUNDNESS DIAGNOSTIC SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tunnel soundness diagnostic system of high accuracy for collectively determining soundness against exfoliation and dynamic soundness against external force.
SOLUTION: This tunnel soundness diagnostic system is provided with an input section 1 for a phenomenon of a tunnel inner surface; a deformation development preparing section 11 for preparing a deformation development based on the phenomenon of the tunnel inner surface; an extracting section 14 for a crack caused by external force to a tunnel; a collating/specifying section 15 for the crack caused by external force to the tunnel; an input section 3 related to the basic information of the tunnel; a database section 16 for information on the basic information of the tunnel; a dynamic soundness determining section 18 for determining dynamic soundness based on the information from the crack collating/specifying section and information from the database section for the information on the basic information of the tunnel; and a comprehensive determining section 19 for making a comprehensive determination based on determination of soundness to exfoliation and determination of dynamic soundness.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


トンネルの健全度を考える場合、「剥落に対する健全度」と「外力に対する力学的健全度」の両方を判定する必要がある。特に後者については、ひび割れ等の変状現象の他に周辺の地山情報、地形条件、地質条件、建設時の施工条件、構造条件等のさまざまな影響要因を整理し、その変状原因を特定することが必要不可欠であるため、トンネル健全度診断を自動化するのは非常に困難であった。
【特許文献1】
なし

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、トンネル健全度診断システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)トンネル内面の事象の入力部と、
(b)前記トンネル内面の事象に基づいて変状展開図を作成する変状展開図作成部と、
(c)前記トンネルに対する外力に起因するひび割れを抽出するひび割れ抽出部と、
(d)前記トンネルに対する外力に起因するひび割れの照合・特定部と、
(e)前記トンネルの基本情報に関する情報の入力部と、
(f)前記トンネルの基本情報に関する情報の入力データベース部と、
(g)前記ひび割れの照合・特定部からの情報と前記トンネルの基本情報に関する情報のデータベース部からの情報とに基づいて変状原因を推定する変状原因推定部と、
(h)該変状原因推定部からの情報に基づいて力学的健全度を判定する力学的健全度判定部と、
(i)剥落に対する健全度を判定する剥落に対する健全度の判定部と、
(j)剥落に対する健全度の判定と力学的健全度の判定に基づいて、総合的な判定を行う総合判定部とを具備し、
(k)前記トンネルに対する外力を、トンネルに作用する偏圧、地すべり圧、塑性圧、鉛直圧、凍上圧として評価することを特徴とするトンネル健全度診断システム。

【請求項2】
 
請求項1記載のトンネル健全度診断システムにおいて、前記トンネルの基本情報に関する情報が地形・地質・構造情報、環境情報、打音データ、変状監視データであることを特徴とするトンネル健全度診断システム。

【請求項3】
 
請求項1記載のトンネル健全度診断システムにおいて、前記トンネルのスパン毎に健全度の評価を行うことを特徴とするトンネル健全度診断システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004012616thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close