Top > Search of Japanese Patents > X-RAY DIFFRACTION DEVICE AND X-RAY DIFFRACTION SYSTEM

X-RAY DIFFRACTION DEVICE AND X-RAY DIFFRACTION SYSTEM meetings

Patent code P07A011016
File No. /NO33436
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2004-048761
Publication number P2005-241308A
Patent number P4276106
Date of filing Feb 24, 2004
Date of publication of application Sep 8, 2005
Date of registration Mar 13, 2009
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 幸雄
  • (In Japanese)岩渕 研吾
  • (In Japanese)佐々木 敏彦
  • (In Japanese)平塚 剛一
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)佐々木 敏彦
  • (In Japanese)平塚 剛一
Title X-RAY DIFFRACTION DEVICE AND X-RAY DIFFRACTION SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an X-ray diffraction device and an X-ray diffraction system which is easily portable and handleable, having an inexpensive structure, and capable of imaging simply an image of a diffraction ring.
SOLUTION: When mounting parts 9, 10 are mounted on a rail 1, this X-ray diffraction device 5 is installed on the rail 1, and the incident angle ϕ0 of X-rays is set at a single-incident angle. The X-ray diffraction device 5 is stopped at an arbitrary measuring spot on the rail 1, and an X-ray irradiation point on the head top face 1d is irradiated with the X-ray generated by an X-ray generation device 3 from an X-ray irradiation part 6. As a result, the diffracted X-rays from the rail 1 enters an imaging plate 7a, and the whole image of the diffraction ring is imaged and recorded by the imaging plate 7a. Then, when the imaging plate 7a is dismounted from the X-ray diffraction device 5 and mounted on a reading device 11, image information of the diffraction ring is read from the imaging plate 7a, and the image information of the diffraction ring is analyzed by an evaluation device 12, to thereby evaluate the residual stresses or the like in the rail 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来のX線応力測定装置は、レール腹部にX線を照射するX線照射部と、レール腹部からの回折X線を検出する検出部と、回折X線の回折角を測定するゴニオメータと、照射点に入射するX線の入射角が変化するようにこの照射点を中心としてX線照射部及び検出部を回転駆動させる駆動装置と、ゴニオメータ及び駆動装置を支持し車両に固定する架台と、検出部の検出結果に基づいてレールの残留応力を演算する演算装置などを備えている(例えば、特許文献1参照)。このような従来のX線応力測定装置では、任意の測定位置で車両を停止させてレール腹部の1箇所の照射点に入射角度を変化させながらX線を照射し、このレール腹部からの回折X線を検出してレール腹部の残留応力を演算している。



また、従来のX線応力測定方法は、測定対象物に対するX線の入射角を複数の角度に設定して回折線プロファイルを入射角毎に測定している(例えば、特許文献2参照)。このような従来のX線応力測定法では、測定対象物からの回折X線の強度を入射角毎に測定して、結晶数の少ない粗粒材や微小領域における応力をsin2ψ法によって測定している。



【特許文献1】
特開平6-058823号公報



【特許文献2】
特開平8-068702号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、左右一対の鉄道用レールの一方の鉄道用レールに着脱自在に装着可能であり、この鉄道用レールにX線を照射してこの鉄道用レールで回折した回折X線により発生する回折環の画像を撮像するためのX線回折装置及び鉄道用レールにX線を照射してこの鉄道用レールで回折した回折X線により発生する回折環の画像を撮像するためのX線回折システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
左右一対の鉄道用レールの一方の鉄道用レールに着脱自在に装着可能であり、この鉄道用レールにX線を照射してこの鉄道用レールで回折した回折X線により発生する回折環の画像を撮像するためのX線回折装置であって、
前記鉄道用レールに前記X線を照射するX線照射部と、
前記回折X線のエネルギーを蓄積し前記回折環の画像をイメージングプレートに撮像する撮像部と、
前記鉄道用レールに対する前記X線の入射角が単一角度になるように、前記X線照射部と前記撮像部とを保持する保持部と、
前記鉄道用レールに沿って前記保持部が移動可能なように、この鉄道用レールのレール頭部の両側面及び上面と回転接触して、この鉄道用レールに前記保持部を着脱自在に装着する装着部と、
を備えるX線回折装置。

【請求項2】
 
鉄道用レールにX線を照射してこの鉄道用レールで回折した回折X線により発生する回折環の画像を撮像するためのX線回折システムであって、
請求項1に記載のX線回折装置と、
前記撮像部が撮像した前記回折環の画像に基づいて前記鉄道用レールの状態を評価する評価装置と、
を備えるX線回折システム。

【請求項3】
 
請求項2に記載のX線回折システムにおいて、
前記評価装置は、前記鉄道用レールの応力を評価すること、
を特徴とするX線回折システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004048761thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close