Top > Search of Japanese Patents > VIBRATION DAMPING STRUCTURE OF BRAKE BLOCK AND BRAKE DEVICE

VIBRATION DAMPING STRUCTURE OF BRAKE BLOCK AND BRAKE DEVICE

Patent code P07A011022
File No. /NO33437
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2004-059906
Publication number P2005-249065A
Patent number P4641729
Date of filing Mar 4, 2004
Date of publication of application Sep 15, 2005
Date of registration Dec 10, 2010
Inventor
  • (In Japanese)大熊 茂
  • (In Japanese)土井 雅秋
  • (In Japanese)樋本 優樹
  • (In Japanese)宗重 倫典
  • (In Japanese)麻野 吉雄
  • (In Japanese)野崎 展世
  • (In Japanese)森田 光正
  • (In Japanese)長澤 新
  • (In Japanese)嵯峨 信一
  • (In Japanese)中澤 伸一
Applicant
  • (In Japanese)西日本旅客鉄道株式会社
  • (In Japanese)ナブテスコ株式会社
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title VIBRATION DAMPING STRUCTURE OF BRAKE BLOCK AND BRAKE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vibration damping structure of a brake block and a brake device capable of reducing the noise at braking with a simple structure without changing an existing equipment structure.
SOLUTION: A contact part 16 stably suppresses the backlash which occurs in the brake block 13 owing to the restriction of the brake block 13 to reduce an oscillating of the brake block 13. The contact part 16 is provided with projections 16a to 16d formed by convexly working the surface of a brake block head 14 at a contact side with a brake block rear surface 13b. A weight part 17 suppresses the vibration from occurring by increasng the mass of the brake block head 14, and prevents the noise from amplifying resulting from that the brake device 5 resonates with the brake block 13. The weight part 17 is arranged at the lower side of the brake block head 14 not so as to interfere with a brake block hanger 8, and mounted in a side surface of the brake block head 14 at the opposite side (outside the width direction of a vehicle) to a flange 4d of a wheel 4a with a fixing member such as a bolt, etc.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


鉄道車両のブレーキ装置では、ブレーキ時に車輪の踏面に押し付けられる制輪子付近から耳障りな大きなブレーキ鳴き音(ブレーキノイズ)が発生することがある。特に、地下ホームなどの地下区間では、騒音が閉空間で発生するため騒音が大きく反響し拡散され難い。従来の制輪子の振動低減構造(従来技術1)は、マグネタイトを主成分とするフェライト粉末を樹脂中に混入して固形化したフェライト複合材層によって、制輪子を保持する制輪子頭の一部が形成されている(例えば、特許文献1参照)。この従来技術1では、適度の剛性と振動減衰特性を有しブレーキ時に発生する振動音の伝播を有効に阻止している。また、従来の制輪子の振動低減構造(従来技術2)は、制輪子と制輪子頭との間に制振材を備えている(例えば、特許文献2参照)。この従来技術2では、ブレーキ時に発生する制輪子の振動を制振材が減衰させている。さらに、従来の制輪子の振動低減構造(従来技術3)は、自動車のドラムブレーキ装置のブレーキライニングを保持する押圧材に重りが装着されている(例えば、特許文献3参照)。この従来技術3では、ブレーキ時に発生する振動を重りによって抑えている。



【特許文献1】
特開昭61-027321号公報



【特許文献2】
特開昭53-035872号公報



【特許文献3】
特開2000-088016号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、制動時に発生する騒音を低減するためにこの騒音の原因となる制輪子の振動を低減する制輪子の振動低減構造、及び走行する車両を制動させるブレーキ装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
制動時に発生する騒音を低減するためにこの騒音の原因となる制輪子の振動を低減する制輪子の振動低減構造であって、
前記制輪子の背面と複数箇所で接触する接触部と、
前記制輪子を保持する制輪子頭の質量を増加させる重り部とを備え、
前記制輪子は、鉄道車両の車輪の踏面に押し付けられる踏面ブレーキ装置の制輪子であり、
前記重り部は、前記制輪子が首振り運動して振動するときの回転中心よりも下側に配置されており、前記制輪子頭の側面に固定されていること、
を特徴とする制輪子の振動低減構造。

【請求項2】
 
請求項1に記載の制輪子の振動低減構造において、
前記重り部は、前記制輪子頭の側面に装着又は側面に一体形成されていること、
を特徴とする制輪子の振動低減構造。

【請求項3】
 
請求項1又は請求項2に記載の制輪子の振動低減構造において、
前記接触部は、前記制輪子の背面上端及び背面下端とそれぞれ接触すること、
を特徴とする制輪子の振動低減構造。

【請求項4】
 
請求項3に記載の制輪子の振動低減構造において、
前記接触部は、前記制輪子の背面中央から前記背面上端寄りに離間した箇所、及び背面中央から前記背面下端寄りに離間した箇所とそれぞれ接触すること、
を特徴とする制輪子の振動低減構造。

【請求項5】
 
制動時に発生する騒音を低減するためにこの騒音の原因となる制輪子の振動を低減する制輪子の振動低減構造であって、
前記制輪子を保持する制輪子頭の質量を増加させる重り部を備え、
前記制輪子は、鉄道車両の車輪の踏面に押し付けられる踏面ブレーキ装置の制輪子であり、
前記重り部は、前記制輪子が首振り運動して振動するときの回転中心よりも下側に配置されており、前記制輪子頭の側面に固定されていること、
を特徴とする制輪子の振動低減構造。

【請求項6】
 
請求項5に記載の制輪子の振動低減構造において、
前記重り部は、前記制輪子頭の側面に装着又は側面に一体形成されていること、
を特徴とする制輪子の振動低減構造。

【請求項7】
 
走行する車両を制動させるブレーキ装置であって、
請求項1から請求項6までのいずれか1項に記載の制輪子の振動低減構造と、
前記制輪子頭を駆動する駆動力を発生する駆動力発生部と、
前記制輪子頭に前記駆動力を伝達する駆動力伝達機構部と、
を備えるブレーキ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004059906thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close