Top > Search of Japanese Patents > PRIORITY SEAT GUARD DEVICE OF RAILROAD CAR

PRIORITY SEAT GUARD DEVICE OF RAILROAD CAR

Patent code P07A011107
File No. /NO33466
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2004-216912
Publication number P2006-035969A
Patent number P4409382
Date of filing Jul 26, 2004
Date of publication of application Feb 9, 2006
Date of registration Nov 20, 2009
Inventor
  • (In Japanese)斎藤 綾乃
  • (In Japanese)松岡 茂樹
  • (In Japanese)平井 俊江
Applicant
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東急車輛製造(株)
Title PRIORITY SEAT GUARD DEVICE OF RAILROAD CAR
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a priority seat guard device for a railroad car capable of protecting passengers susceptible to a pressure such as the aged, pregnant, infant, handicapped, etc., in which the continuity of a supporting tool from a door to seats is taken into consideration.

SOLUTION: The priority seat guard device for railroad car is structured so that bunches 4-7 of standing passenger posts are provided in front of the priority seat 3 in the in-line arrangement in the longitudinal direction of the railroad car from a place near each car door 2 as the starting point, and thereby a priority region 10 is partitioned.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)【背景技術】従来の鉄道車両内の支持具としては、吊り革の他に、鉄道車両内に支柱を立てて乗客に支持具として提供する例があるが、その場合、支柱はドアとドアの間もしくは座席と座席の間に1本だけ立てられており、立った状態の乗客がこれに掴まることで、乗車中に転倒するのを防止するようにしている(下記非特許文献1参照)。また、図10に示すように、仕切りを主な用途とする、座席前端部から荷棚をつなぐ支柱があった。
【非特許文献1】人間工学 Vol.39,No.6,2003,pp308~317
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、鉄道車両の優先席ガード装置に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  鉄道車両の優先席の前に、立席ポスト群を車両のドアの近傍を始点として、座席から乗客1人分程度の距離をあけて車両の長手方向に一列に配置し、前記立席ポスト群と前記優先席との間の領域を、車両の客室の混雑度が高い場合乗客を圧迫から保護するための優先領域として画定することを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
【請求項2】
  請求項1記載の鉄道車両の優先席ガード装置において、前記立席ポスト群に開閉可能な横棒を配置することを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
【請求項3】
  請求項1記載の鉄道車両の優先席ガード装置において、前記立席ポスト群にネットを配置することを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
【請求項4】
  請求項1記載の鉄道車両の優先席ガード装置において、前記優先領域には吊り革が配置され、略一列に乗客が乗車するスペースを有することを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
【請求項5】
  請求項1記載の鉄道車両の優先席ガード装置において、前記立席ポスト群は車両の床と天井に形成された溝に移動可能に設けられ、前記立席ポスト間の間隔を調整可能にしてなることを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
【請求項6】
  請求項1記載の鉄道車両の優先席ガード装置において、更に、前記優先領域内に座位乗客の靴先以上の空間をあけて立設される手すりを備えることを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
【請求項7】
  請求項6記載の鉄道車両の優先席ガード装置において、前記手すりは上端は天井、荷棚、又はつり手受け棒に固定され、下端は床、座席又は袖仕切に固定されることを特徴とする鉄道車両の優先席ガード装置。
Industrial division
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close