Top > Search of Japanese Patents > SLEEPER CONNECTING IMPLEMENT

SLEEPER CONNECTING IMPLEMENT

Patent code P07A011110
File No. /NO33467
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2004-223987
Publication number P2006-045777A
Patent number P4369822
Date of filing Jul 30, 2004
Date of publication of application Feb 16, 2006
Date of registration Sep 4, 2009
Inventor
  • (In Japanese)涌井 一
  • (In Japanese)松本 信之
  • (In Japanese)奥田 広之
  • (In Japanese)浅沼 潔
  • (In Japanese)船田 智巳
  • (In Japanese)川崎 祐征
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title SLEEPER CONNECTING IMPLEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To easily connect ladder type sleepers together in a longitudinal direction at low cost in a short period of time, without executing special machining.
SOLUTION: In a joint between the ladder type sleepers 3, a connecting fitting 12 is mounted by fitting a mounting recess 16a to a longitudinal beam 4 of the ladder type sleeper 3. The connecting fittings 12 facing each other are connected to each other by means of a width fixing bolt 13. Holding plates 32 and 33 are arranged between a tap bolt 31 of a clamp part 10 and a top surface of the longitudinal beam 4. A fastening force is transferred to the longitudinal beam 4 via the holding plates 32 and 33 by screwing in the tap bolt 31, and the longitudinal beam 4 is held in the state of being sandwiched between the holding plates 32 and 33 and a lower-side flange 15 of the connecting fitting 12, so that the connecting fitting 12 can be fixed to the longitudinal beam 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、鉄道車両の軌道は、敷設面に敷設したマクラギに、一対のレールを締結金具によって固定することにより構成されている。
この鉄道車両の軌道を構成するマクラギとしては、レールの長手方向に沿って並列に配置される一対の縦梁と、これら一対の縦梁を互いに連結する継材とを有する梯子構造のコンクリート製のラダー型マクラギが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2003-278101号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、レールを支持するラダー型マクラギ同士を長手方向へ連結するマクラギ連結具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
レールの長手方向に沿って並列に配置される一対の縦梁と、これら一対の縦梁を互いに連結する継材とを有するラダー型マクラギ同士の長手方向への継ぎ目に装着され、これらラダー型マクラギ同士を連結するマクラギ連結具であって、
前記縦梁に側方から嵌め込み可能な取付凹部を有する一対の連結金具と、該連結金具を前記縦梁に固定するクランプ部とを備えたことを特徴とするマクラギ連結具。

【請求項2】
 
前記連結金具は、ウエブの上下にフランジを有するH鋼からなり、これらウエブとフランジとから形成される一対の凹部の一方が前記取付凹部とされていることを特徴とする請求項1に記載のマクラギ連結具。

【請求項3】
 
前記凹部の少なくとも一方には、前記ウエブと前記フランジとを固定する補強リブが設けられたことを特徴とする請求項2に記載のマクラギ連結具。

【請求項4】
 
前記クランプ部は、前記連結金具の上部に設けられた雌ネジにねじ込み可能な押さえボルトを備えていることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載のマクラギ連結具。

【請求項5】
 
前記クランプ部は、前記押さえボルトと前記縦梁との間に配置される押さえプレートを備えていることを特徴とする請求項4に記載のマクラギ連結具。

【請求項6】
 
前記押さえプレートは、前記押さえボルトの先端部が係合可能なザグリ穴を有することを特徴とする請求項5に記載のマクラギ連結具。

【請求項7】
 
互いに対向する前記連結金具同士を連結する幅止めボルトを備えていることを特徴とする請求項1~6のいずれか1項に記載のマクラギ連結具。

【請求項8】
 
前記幅止めボルトと前記連結金具との間は、絶縁材によって電気的に絶縁されていることを特徴とする請求項7に記載のマクラギ連結具。

IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004223987thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close