Top > Search of Japanese Patents > CONSTRUCTION METHOD FOR POWER TRANSMISSION MECHANISM, AND POWER TRANSMISSION MECHANISM

CONSTRUCTION METHOD FOR POWER TRANSMISSION MECHANISM, AND POWER TRANSMISSION MECHANISM

Patent code P07A011119
File No. /NO33473
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2004-237660
Publication number P2006-057251A
Patent number P4393946
Date of filing Aug 17, 2004
Date of publication of application Mar 2, 2006
Date of registration Oct 23, 2009
Inventor
  • (In Japanese)神田 政幸
  • (In Japanese)村田 修
  • (In Japanese)西岡 英俊
  • (In Japanese)田中 浩一
  • (In Japanese)武田 篤史
  • (In Japanese)崎本 純治
  • (In Japanese)平尾 淳一
  • (In Japanese)東野 光男
  • (In Japanese)喜多 直之
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社大林組
Title CONSTRUCTION METHOD FOR POWER TRANSMISSION MECHANISM, AND POWER TRANSMISSION MECHANISM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To improve workability, for example, of a construction method for a steel sheet pile-combined spread foundation.
SOLUTION: A plurality of U-shaped steel sheet piles 51, to which perforated steel plates 6 are prewelded, are driven into ground 2 in order, so as to form a rectangular-cross-section steel sheet pile structure 5. An almost rectangular anchor reinforcement 8 is latched to a hole of the steel plate 6, and horizontally held in the state of being directed to this side. The cast-in-place concrete is placed to form a footing 3. Thus, the anchor reinforcement 8 does not have to be stud-welded to the steel sheet pile 51, and the risk of weld dripping is eliminated. This makes the use of the thick anchor reinforcement 8 reduce the required number of the anchor reinforcements 8. Workability particularly for the steel sheet pile 51 on the back side is enhanced. The anchor reinforcement 8 can easily reach an inside with respect to a footing reinforcement.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


鋼矢板併用式直接基礎1を施工する際には、図6および図7に示すように、複数枚のU形鋼矢板51を順に地盤2内に打ち込んで矩形断面状の鋼矢板構造体5を形成し、この鋼矢板構造体5に包囲された地盤2を掘り下げる。そして、その空間にフーチング鉄筋(図示せず)を配筋した後、場所打ちコンクリートを打設してフーチング3を形成する。さらに、フーチング3の上側に橋脚4を立設していた(例えば、特許文献1参照)。



このとき、せん断力をフーチング3から各U形鋼矢板51へ円滑に伝えるべく、U形鋼矢板51の打設前に、孔あき鋼板7を各U形鋼矢板51の内面(フーチング3側の面)に縦向きに溶接していた。また、曲げによる引張力をフーチング3から各U形鋼矢板51へ円滑に伝えるべく、鋼矢板構造体5に包囲された地盤2を掘削した後に、孔あき鋼板7の上下両側において、所定本数(図6では、3本ずつ)のアンカー鉄筋9を各U形鋼矢板51の内面に横向きにスタッド溶接していた。
【特許文献1】
特開2003-138577号公報(段落〔0041〕〔0042〕〔0044〕の欄、図3)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鋼矢板併用式直接基礎の施工方法などに適用するに好適な伝力機構構築方法と、その伝力機構構築方法によって構築された伝力機構に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鋼材とコンクリートとの間でせん断力および引張力が伝達される伝力機構を構築する伝
力機構構築方法であって、
前記鋼材に有孔板が固着される鋼板固着工程と、
前記有孔板の孔にアンカー鉄筋が掛着される鉄筋掛着工程と、
前記有孔板および前記アンカー鉄筋の周囲に前記コンクリートが打設されて硬化するコ
ンクリート硬化工程とを有する伝力機構構築方法において、
前記有孔板の上端部及び下端部には、その周辺と孔とをつなぐ鉄筋通路が形成されており、前記鉄筋通路を通して前記有孔板の上端部及び下端部の前記孔に前記アンカー鉄筋が掛着されることを特徴とする伝力機構構築方法。

【請求項2】
 
前記有孔板は、孔あき鋼板であることを特徴とする請求項1に記載の伝力機構構築方法


【請求項3】
 
前記鉄筋通路は、前記孔あき鋼鈑の一部が切断されて形成されたものであることを特徴
とする請求項2に記載の伝力機構構築方法。

【請求項4】
 
前記鋼材は、U形鋼矢板であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の伝
力機構構築方法。

【請求項5】
 
前記コンクリートは、フーチングであることを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに
記載の伝力機構構築方法。

【請求項6】
 
請求項1乃至5のいずれかに記載の伝力機構構築方法によって構築されたことを特徴と
する伝力機構。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004237660thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close