Top > Search of Japanese Patents > COMPOUND TRANSPORTATION SYSTEM MAINTAINING ENVIRONMENT OF COMMUTER BELT

COMPOUND TRANSPORTATION SYSTEM MAINTAINING ENVIRONMENT OF COMMUTER BELT

Patent code P07A011141
File No. /NO31069
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2004-274875
Publication number P2006-089970A
Patent number P4522804
Date of filing Sep 22, 2004
Date of publication of application Apr 6, 2006
Date of registration Jun 4, 2010
Inventor
  • (In Japanese)垂水 尚志
  • (In Japanese)鳥取 誠一
  • (In Japanese)前橋 栄一
  • (In Japanese)岡本 大
  • (In Japanese)川村 力
  • (In Japanese)鬼頭 誠
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title COMPOUND TRANSPORTATION SYSTEM MAINTAINING ENVIRONMENT OF COMMUTER BELT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compound transportation system capable of being constructed and maintained with a limited fund, applying low load, and maintaining the environment of a commuter belt.
SOLUTION: In this compound transportation system maintaining the environment of the commuter belt, a semi-elevated type shared running road on which a rubber tire type vehicle and a rolling stock can sharingly travel is laid down so as to surround the commuter belt 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、個々の交通システム、例えば、ガイドウェイバス、LRT(軽量軌道運行システム:Light Rail Transit)、都市鉄道、郊外非電化鉄道などは各地で展開されており、それなりの成果を果たしている。
【特許文献1】
特許第3545316号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、自然と人間の社会生活の調和を図り、しかも限られた財源で建設、維持管理ができる、特に、ベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムの構築に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ゴムタイヤ方式の車両と鉄道車両が共用して走行可能な半高架式の共用走行路をベッドタウン地域を囲むように敷設するベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムであって、前記共用走行路は、走行方向に並行して配置される大径の管路および該大径の管路間にかけ渡されるように連結される小径の管路からなるラダー方式の組立体と、前記大径の管路が埋設されるとともにタイヤ走行路面を形成するコンクリート基礎部と、該コンクリート基礎部の側部から立ち上げられる遮音側壁と、前記タイヤ走行路面の端部に形成される段部に敷設されるレールと、前記大径の管路から分岐され、先端に細管口が配置されて、前記タイヤ走行路面に流水できる流水装置とを具備することを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項2】
 
請求項1記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記ベッドタウン地域は、外回りを周回する環状の共用走行路と、該環状の共用走行路に接続される網目状の道路または鉄道から構築されることを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項3】
 
請求項1記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記半高架式の共用走行路の下部には、矩形筒状の空間を有するプレキャスト構造のブロックを等間隔に敷設することを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項4】
 
請求項3記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記プレキャスト構造のブロックの前記矩形筒状の空間を、低負荷の車である自転車、二輪車、および軽自動車の置場として用いることを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項5】
 
請求項3記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記プレキャスト構造のブロック間の空間を歩行者や低負荷の車の通路として用いることを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項6】
 
請求項1記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記レールに案内される走行ガイド輪をゴムタイヤシステムの車両に具備することを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項7】
 
請求項6記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記ゴムタイヤシステムの車両の下部の両側に前記遮音側壁の下部に接触する走行ガイド輪を具備することを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。

【請求項8】
 
請求項1記載のベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システムにおいて、前記小径の管路上にレーンマーカーを配置し、走行車両に磁気センサと制御装置とを搭載し、前記走行車両の走行方向の制御や間隔制御を行うことを特徴とするベッドタウン地域の環境を保全する複合交通システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004274875thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close