Top > Search of Japanese Patents > RAIL TESTING APPARATUS

RAIL TESTING APPARATUS

Patent code P07A011144
File No. /NO33481
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2004-280046
Publication number P2006-090972A
Patent number P4255901
Date of filing Sep 27, 2004
Date of publication of application Apr 6, 2006
Date of registration Feb 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)伴 巧
  • (In Japanese)柿嶋 秀史
  • (In Japanese)前橋 栄一
  • (In Japanese)吉満 信彦
  • (In Japanese)川上 哲也
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)日鉄住金レールウェイテクノス株式会社
Title RAIL TESTING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a vehicle traveling test to be carried out more similarly to an actual operation.
SOLUTION: A rail testing apparatus 1 is provided, which has a portal frame 2 and a rail side moving section 3 being attached to the portal frame 2 movably up and down. The rail side moving section 3 is made up so that a rail 7 can be attached to its undersurface, and has a hydraulic cylinder for reciprocating the rail 7 in the length direction. Furthermore, a wheel 32 is supported rotatably under the rail 7, and when the rail 7 is reciprocated, the wheel 32 rotates.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、車両の運行時の安全性を図るため、車両が備える車輪を回転させることで車両の走行状態を擬似的に再現し、レールと車輪との疲労や、滑りなどを調べる試験が行われている。
このような試験に用いられる試験装置としては、実物のレールと同一の断面形状を有する試験輪を回転自在に設け、実物の車輪と同一の断面形状を有し、同一の材質から製造された車輪を、試験輪に接触させるように回転自在に支持させたものがある(例えば、特許文献1参照)。
また、一対の軌条輪を設け、これら軌条輪のそれぞれに車両用の車輪を上方から接触させつつ、回転させるように構成したものがある(例えば、特許文献2参照)。試験時には、車輪の車軸を回転させ、挙動を把握する。
【特許文献1】
特開昭63-198848号公報
【特許文献2】
特開2001-141616号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、車両を走行させるレールの試験を行うレール試験装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
車輪を回転自在に支持する車輪支持部と、前記車輪に接触させるレールを保持するレール保持部と、前記レール保持部を相対的に前記車輪に向かって移動させる移動部と、前記レール保持部を前記レールの長手方向に往復運動させる駆動手段とを備え、
前記移動部は、前記レールが前記車輪の上側から接触するように、前記レール保持部を昇降させる昇降機構を備えるとともに、
前記レール保持部は前記昇降機構に対して前記レールと平行な平面内で回転可能に支持されたことを特徴とするレール試験装置。

【請求項2】
 
前記レール保持部は、前記レールを電気的に絶縁した状態で保持するベース部と、前記ベース部を回動自在に支持するスライド部とを有し、前記スライド部が前記駆動部により往復移動させられるように構成されていることを特徴とする請求項1に記載のレール試験装置。

【請求項3】
 
前記レールから前記車輪に作用させる荷重を、前記レールを往復移動させる方向と略直交する方向に発生させる荷重発生部を有することを特徴とする請求項1または請求項2のいずれか一項に記載のレール試験装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004280046thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close