Top > Search of Japanese Patents > COLLISION OVERTURNING PREVENTION DEVICE FOR VEHICLE

COLLISION OVERTURNING PREVENTION DEVICE FOR VEHICLE

Patent code P07A011187
File No. /NO31093
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2004-379765
Publication number P2006-182261A
Patent number P4464267
Date of filing Dec 28, 2004
Date of publication of application Jul 13, 2006
Date of registration Feb 26, 2010
Inventor
  • (In Japanese)石田 弘明
  • (In Japanese)前橋 栄一
Applicant
  • (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所
Title COLLISION OVERTURNING PREVENTION DEVICE FOR VEHICLE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a collision overturning prevention device for vehicle, capable of preventing collision or overturning of a vehicle even if derailment occurs.

SOLUTION: The device supports a vehicle body by a truck equipped with wheels, and prevents collision or overturning of a vehicle when the vehicle traveling on a rail deviates from the rail. A guiding member contacting with the rail only when the wheels deviate from the rail, preventing the vehicle from deviating in a vehicular width direction from the rail by a not less than a fixed distance, and accepting traveling of the vehicle while minimizing displacement in a height direction to the rail of the wheels is provided at a lower end of the truck. Therefore, even if the derailment occurs, further derailment of another sound vehicle, or collision and overturning of the derailed vehicle itself can be prevented.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


レール上を走行する車両の代表的なものとして、例えば鉄道車両があげられる。鉄道車両は、車輪付きの台車を備え、平行な2本のレールからなるレール上を走行するものである。
ここで、この種の鉄道車両には、他の鉄道車両との衝突を防止する手段が設けられている。例えば、先頭車両の先端に突出部を有する鉄道車両では、突出部に流体バックを装備させたものがある(例えば、特許文献1参照)。この場合、衝突時には、流体バックによって衝撃エネルギが吸収される。また、図5に示すように車体を支える台車の下部、例えば車軸カバー1に片爪状のストッパ2を設け、脱線時に車両が車幅方向に一定距離以上変位しないように構成したものがある(例えば、特許文献2等)。この場合には、ストッパ片2が脱線時にレール3に接触して、車両の走行を許容しつつ車両の転倒を防止する。

【特許文献1】特開2003-285739号公報

【特許文献2】特開平10-250576号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、レール上を走行する車両が脱輪することにより衝突や転倒するのを防止する衝突転倒防止装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
車輪を備える台車で車体を支持し、レール上を走行する車両の前記車輪がレールから逸脱した際に、前記車両の衝突や転倒を防止する装置であって、
前記台車に、車輪がレールから逸脱した時に前記レールに接触して、前記車両が前記レールから車幅方向に一定距離以上逸脱することを防止するとともに、前記車輪の踏面より上方の位置でレールに接して車両の走行を許容する案内部材を設けてなり、
該案内部材の前記レールとの接触面は前記車輪の踏面より上方に位置し、
前記案内部材は、前記車輪がレールから逸脱した時に前記レールに接触して、前記車両が車幅の左右いずれの方向へ移動するのも規制する凹部を有し、
前記案内部材は、前記レールと当接する凹部に摩擦係数の大きなレジン材料を配設してなり、
前記案内部材は、前記台車に備えられた軸箱の下端、および、前記台車に備えられたギアケースの下端に設けられたことを特徴とする車両の衝突転倒防止装置。
Industrial division
  • Railway
  • High polymer
  • Automobile
  • Traffic, transportation
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004379765thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close