Top > Search of Japanese Patents > SWITCH

SWITCH

Patent code P07A011211
File No. /NO33332
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2003-055852
Publication number P2004-262371A
Patent number P4093881
Date of filing Mar 3, 2003
Date of publication of application Sep 24, 2004
Date of registration Mar 14, 2008
Inventor
  • (In Japanese)櫻井 育雄
  • (In Japanese)五十嵐 義信
  • (In Japanese)乙川 勝嘉
  • (In Japanese)山口 雅弘
  • (In Japanese)今井 英明
Applicant
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)(株)京三製作所
Title SWITCH
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a switch allowing the miniaturization of a pair of interlocking mechanisms in a height direction and the longitudinal direction of an operating rod.

SOLUTION: This switch is provided with the pair of interlocking mechanisms capable of engaging/disengaging a pair of lock pieces 61 and 62 with/from locked parts 53 and 54 of locking rods 51 and 52 by interlocking with the operating rod 40. Each of energizing means 80 of the pair of interlocking mechanisms is arranged to one side of both side directions of the operating rod 40 and the other side of the both side directions.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来、線路の分岐器の近傍でトングレールを定位と反位とに転換させる転てつ機のうち、図13のように、動作かんと鎖錠かんとが直角方向に交わり、動作かんの動作方向がレールと並行方向であるような転てつ機としては、例えば、一対の鎖錠かんが両側方向で重なるように配され、動作かんに連動して一対のロックピースを各鎖錠かんの被鎖錠部に係脱可能にする一対の連動機構を備え、一対の連動機構を動作かんの両側に配するようにしたものがある(例えば、特許文献1参照。)。
【特許文献1】特開2002-212902号公報
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、線路の分岐器の近傍でトングレールを定位と反位とに転換させる転てつ機に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  線路の分岐器の近傍でトングレールを定位と反位とに転換させる転てつ機において、 前記トングレールを定位と反位とに転換可能な動作かんと、前記トングレールに連動する鎖錠かんと、該鎖錠かんに係脱可能な一対のロックピースと、前記動作かんに連動して前記一対のロックピースをそれぞれ駆動する一対の連動機構とを備え、 前記鎖錠かんは、両側方向で重なるように一対配され、 前記一対の鎖錠かんの一方は、両側方向の一方へ開口する被鎖錠部を有し、 前記一対の鎖錠かんの他方は、両側方向の他方へ開口する被鎖錠部を有し、 前記一対のロックピースの一方は、前記一方の鎖錠かんの被鎖錠部に両側方向の一方から係合する鎖錠位置と前記一方の鎖錠かんの被鎖錠部から両側方向の一方へ離脱する解錠位置とに変位し、 前記一対のロックピースの他方は、前記他方の鎖錠かんの被鎖錠部に両側方向の他方から係合する鎖錠位置と前記他方の鎖錠かんの被鎖錠部から両側方向の他方へ離脱する解錠位置とに変位し、 前記一対の連動機構は、互いに独立して、前記動作かんの両側にそれぞれ配され、 前記一対の連動機構は、それぞれカム溝と、アームと、カムフォロアと、付勢手段とを有し、 前記一対の連動機構の一方のカム溝は、前記動作かんの両側縁部の一方に凹設され、 前記一対の連動機構の一方のアームは、前記カムフォロアと前記ロックピースとを連接し、 前記一対の連動機構の一方のカムフォロアは、前記カム溝に入り込むことで、前記アームを介して前記ロックピースを解錠位置から鎖錠位置に駆動する一方、前記カム溝から乗り上がることで、前記アームを介して前記ロックピースを鎖錠位置から解錠位置に駆動し、 前記一対の連動機構の一方の付勢手段は、前記動作かんの両側縁部の一方側に配されていて、前記アームを介して前記カムフォロアを前記カム溝に入り込む方向へ付勢し、 前記一対の連動機構の他方のカム溝は、前記動作かんの両側縁部の他方に凹設され、 前記一対の連動機構の他方のアームは、前記カムフォロアと前記ロックピースとを連接し、 前記一対の連動機構の他方のカムフォロアは、前記カム溝に入り込むことで、前記アームを介して前記ロックピースを解錠位置から鎖錠位置に駆動する一方、前記カム溝から乗り上がることで、前記アームを介して前記ロックピースを鎖錠位置から解錠位置に駆動し、 前記一対の連動機構の他方の付勢手段は、前記動作かんの両側縁部の他方側に配されていて、前記アームを介して前記カムフォロアを前記カム溝に入り込む方向へ付勢し、 前記一対の連動機構の各カムフォロアは、前記トングレールの転換中の中立時に前記動作かんに直交する同一線上に存在するよう配置した ことを特徴とする転てつ機。
Industrial division
  • Miscellaneous in the communication category
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close