Top > Search of Japanese Patents > IMAGE PROCESSING TYPE MEASUREMENT DEVICE FOR GROUND COIL OF MAGNETIC LEVITATION TYPE RAILWAY

IMAGE PROCESSING TYPE MEASUREMENT DEVICE FOR GROUND COIL OF MAGNETIC LEVITATION TYPE RAILWAY

Patent code P07A011222
File No. /NO33340
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2003-064268
Publication number P2004-274921A
Patent number P4056910
Date of filing Mar 11, 2003
Date of publication of application Sep 30, 2004
Date of registration Dec 21, 2007
Inventor
  • (In Japanese)上野 眞
  • (In Japanese)浦部 正男
  • (In Japanese)宮本 雅章
  • (In Japanese)峰 之久
  • (In Japanese)竹下 邦夫
  • (In Japanese)吉田 信幸
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東海旅客鉄道株式会社
  • (In Japanese)株式会社日立ハイテク
Title IMAGE PROCESSING TYPE MEASUREMENT DEVICE FOR GROUND COIL OF MAGNETIC LEVITATION TYPE RAILWAY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image processing type measurement device capable of being easily installed on a magnetic levitation vehicle and of realizing exact measurement without being affected by the magnetism of a ground coil or weather conditions.
SOLUTION: This image processing type measurement device for a ground coil of a magnetic levitation type railway comprises: a light projector 3 which is disposed on a measurement vehicle 1 side and illuminates a measurement portion of the ground coil 14; an image pickup device 4 which is disposed on the measurement vehicle 1 side and picks up an image of the illuminated measurement portion of the ground coil 14; a coil center detection sensor 5 for detecting the central position of the ground coil 14 in the traveling direction; and a processor connected with the image pickup device 4 and the coil center detection sensor 5.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

磁気浮上式鉄道の地上コイルの位置は、正規の位置から狂うと車両の乗り心地に大きく影響する。そのため、その地上コイルの位置の検測は不可欠である。

従来、磁気浮上式鉄道の地上コイルの位置の検測には、地上コイル検測専用の自走車両に電磁式検測装置あるいは光式検測装置を搭載して地上コイル位置を検測する方式がある。

図6はかかる従来の検測車の側面図である。

この図において、101は検測車、102は運転室、103はガイドウェイ狂い演算装置、104はエンジンルーム、105は地点検出器、106は走行車輪、107は案内車輪、108は電磁式検測装置あるいは光式検測装置、110はガイドウェイ、111は地上コイルである。なお、ここでは図示されていないが、電磁式検測装置あるいは光式検測装置108が正確な位置データを測定するためには3軸移動機構を設ける必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、磁気浮上式鉄道の地上コイルの画像処理式検測装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)検測車両側に配置され、地上コイルの検測部位を照射する投光器と、
(b)前記検測車両側に配置され、前記照射された、ガイドウェイの地上コイル取付用凹部のエッジと該地上コイルの上端部の検測部位を撮像する撮像装置と、
(c)前記地上コイルの進行方向の中央位置を検出するコイルセンタ検出センサと、
(d)前記撮像装置及びコイルセンタ検出センサに接続される処理装置とを具備し、
(e)前記撮像装置による撮像データのうち、前記コイルセンタ検出センサによって得られる地上コイルの進行方向の中央位置データに対応する撮像データのみを抽出し、前記処理装置によって地上コイルの上下位置狂いを検測することを特徴とする磁気浮上式鉄道の地上コイルの画像処理式検測装置。

【請求項2】
 
(a)検測車両側に配置され、地上コイルの検測部位を照射する投光器と、
(b)前記検測車両側に配置され、前記照射された、ガイドウェイの地上コイル取付用凹部のエッジと該地上コイルの上端部及び該地上コイルの左右端の検測部位を撮像する撮像装置と、
(c)前記地上コイルの進行方向の中央位置を検出するコイルセンタ検出センサと、
(d)前記撮像装置及びコイルセンタ検出センサに接続される処理装置とを具備し、
(e)前記撮像装置による撮像データのうち、前記コイルセンタ検出センサによって得られる地上コイルの進行方向の中央位置データに対応する撮像データのみを抽出し、前記処理装置によって地上コイルの上下位置狂いを検測し、
(f)前記地上コイルの左右端の撮像データを用いて地上コイルの左右位置狂いを検測することを特徴とする磁気浮上式鉄道の地上コイルの画像処理式検測装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003064268thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close