Top > Search of Japanese Patents > MOTION CAPTURE DEVICE FOR FINGER USING MAGNETIC POSITION/POSTURE SENSOR

MOTION CAPTURE DEVICE FOR FINGER USING MAGNETIC POSITION/POSTURE SENSOR

Patent code P07A011258
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2006-062659
Publication number P2007-236602A
Patent number P4465476
Date of filing Mar 8, 2006
Date of publication of application Sep 20, 2007
Date of registration Mar 5, 2010
Inventor
  • (In Japanese)吉村 昇
  • (In Japanese)水戸部 一孝
  • (In Japanese)玉本 英夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
Title MOTION CAPTURE DEVICE FOR FINGER USING MAGNETIC POSITION/POSTURE SENSOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a motion capture device for fingers using a magnetic position/posture sensor for recording/reproducing delicate movement of the fingers.
SOLUTION: The magnetic 3-dimensional position/posture system (Liberty 16 system) is composed of one transmitter and 16 sensors, and can measure the relative position (X, Y, Z) and angle (Az, El, Ro) of the sensors with respect to the transmitter. Each of the sensors is molded so as to be mounted easily in the fingers, and three sensors can be mounted on one finger. 16 sensors including one sensor on the palm per a single hand constitute a motion capture (MoCap) of the fingers, so that every movement of the hand can be measured. A glove for fixing the transmitter and the sensor on the palm is mounted by winding an extensible hook-and-loop fastener, and the other sensors are mounted using a very extensible tape.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、動体に装着された光学マーカの位置情報により動体の動きを検出・捕捉する光学式モーションキャプチャ装置と、前記動体に装着された磁気センサの動きを検出・捕捉する磁気式モーションキャプチャ装置と、前記光学式モーションキャプチャ装置にて検出・捕捉した光学データ及び前記磁気式モーションキャプチャ装置にて検出・捕捉した磁気データをキャリブレートするためのキャリブレーション手段と、キャリブレートされた動体の光学データ及び磁気データを用いて、前記動体スケルトンの動作データを生成し、生成された動体スケルトンの動作データを動体キャラクタスケルトンに変換する制御手段とを備えた画像情報処理システムが知られている(特許文献1を参照)。
また、ピアノなどのように手指によって演奏される楽器については、その演奏教習時に実際の手指の運指状態を目視で確認させることは重要な教習方法であり、楽器演奏時の運指を表示してその演奏教習を支援する運指データ作成装置及び運指表示装置が知られている(特許文献2を参照)。
現在、手指のモーションキャプチャ(MoCap)としては、グローブに埋め込まれた光ファイバーが曲がる時に光伝送率が減衰することを機序として手指の動きを測定する製品が主流であるが、手の動きの85%程度しか測定できないし、手の大きさに合わせて買い揃えなければならないなど、精度と汎用性の点で問題が残っていた。



【特許文献1】
特開2003-106812号公報
【特許文献2】
特開2000-3171号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、手指の繊細な動きを記録・再現するための磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
手首に小型軽量のトランスミッタ1個と1本の指骨に1個ずつ1本の指に合計3個、手の甲部1個の合計片手16個のセンサを用いた磁気式3次元位置姿勢センサを用いて手指の動きを計測することを特徴とする磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法

【請求項2】
 
大きさの異なる手指でもトランスミッタおよび16個のセンサを装着するため、トランスミッタと手の甲部のセンサは伸縮性のある面ファスナーを巻きつけて装着するグローブに固定し、その他のセンサは伸縮性に富むテーピングを用いて装着する構造であることを特徴とする請求項1記載の磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法

【請求項3】
 
前記請求項1又は請求項2記載の磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法において、16個のセンサ装着時の位置及び角度のズレを補正するため、トランスミッタの位置と姿勢を固定し、それよりy0離れた位置に座標軸Xに平行な直線Lを描き、指を直線Lの左右に揃えることで装着者の手指の形状を測定することを特徴とするキャリブレーション手法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006062659thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close