Top > Search of Japanese Patents > STOMACH PACEMAKER NAVIGATION SYSTEM

STOMACH PACEMAKER NAVIGATION SYSTEM

Patent code P07A011261
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2006-070108
Publication number P2007-244537A
Patent number P4348439
Date of filing Mar 15, 2006
Date of publication of application Sep 27, 2007
Date of registration Jul 31, 2009
Inventor
  • (In Japanese)伊藤 正直
  • (In Japanese)水戸部 一孝
  • (In Japanese)吉村 昇
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
Title STOMACH PACEMAKER NAVIGATION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a stomach pacemaker navigation system which can indicate location of a stomach pacemaker during a surgery.
SOLUTION: The system is composed: an electrode unit (A) and an electrode unit (B) for obtaining potential by bringing them into contact with the stomach wall; a connection cable; a 3Ch electrogastrogram sampling apparatus; an A-D conversion board; a data recorder for storing waveform data; and a PC including a program for analysis in a propagating direction. In the electrode unit (A), three pair of bipolar electrodes are arranged respectively in the same direction, that is in parallel, at respective apexes of a regular triangle of edges each as long as 2 cm. In the electrode unit (B), three pair of bipolar electrodes are arranged so as to face a center respectively from the apexes of the triangle.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、体表に貼付した電極で胃のペースメーカーから発生していると推定される電位変化を測定する経皮的胃電図は国内外で既に製品化されており、国内では胃電計EG(ニプロ社)、国外ではDigitrapperEGG(Synectics medical社、Sweden)がある。
しかし、実際に胃のどこから電位変化が発生しているか、すなわち、胃ペースメーカーがどこに存在するのかを同定することは不可能である。
現在までの胃切除術は胃の生理的機能であるペースメーカーを全く考慮せずに行われてきた。
それは、胃ペースメーカーの局在を決定する方法がなかったからである。
【特許文献1】
特開平08-000585
【特許文献2】
特開2000-126143
【特許文献3】
特開2001-276003
【特許文献4】
特開2001-276004

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、手術中に胃ペースメーカーの局在を明らかにすることが可能となる胃ペースメーカーナビゲーションシステムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
胃壁に接触させて各電極から誘導された電位変化を測定するための3組の双極電極をその中心が正三角形の各頂点に一致するように配置した電極ユニットと、該電極ユニットに接続された3Ch胃電図サンプリング装置と、該3Ch胃電図サンプリング装置からの電位信号から位相差を計算し、信号源の推定方向を指し示すパソコンとから構成されることを特徴とする胃ペースメーカーナビゲーションシステム。

【請求項2】
 
前記電極ユニットは、双極を平行に配置した3組の双極電極と、双極の延長線が正三角形の中心で交わるように配置した3組の双極電極との異なる2種類の電極ユニットから構成されることを特徴とする請求項1記載の胃ペースメーカーナビゲーションシステム。

【請求項3】
 
前記電極ユニットは、正三角形の各頂点に双極を平行に配置した3組の双極電極による少なくとも任意の2箇所における胃電図測定と双極の延長線が正三角形の中心で交わるように配置した3組の双極電極による1箇所における胃電図測定の少なくとも計3箇所の位置に設けることを特徴とする請求項2記載の胃ペースメーカーナビゲーションシステム。

【請求項4】
 
前記パソコンは、3組の双極電極で測定された胃電図波形の位相差から解析プログラムにより波の伝播方向および伝播速度を決定できることを特徴とする請求項1記載の胃ペースメーカーナビゲーションシステム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006070108thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close