Top > Search of Japanese Patents > MICRO ANALYSIS CHIP AND CUTTING METHOD OF HARD BRITTLE MATERIAL

MICRO ANALYSIS CHIP AND CUTTING METHOD OF HARD BRITTLE MATERIAL

Patent code P07P005038
File No. TDU-111
Posted date Nov 2, 2007
Application number P2006-069428
Publication number P2007-248138A
Patent number P4928808
Date of filing Mar 14, 2006
Date of publication of application Sep 27, 2007
Date of registration Feb 17, 2012
Inventor
  • (In Japanese)松村 隆
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京電機大学
Title MICRO ANALYSIS CHIP AND CUTTING METHOD OF HARD BRITTLE MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a micro analysis chip having a degree of freedom in channel form higher than the conventional art, and to provide a cutting method of forming a groove in a curved surface of the hard brittle material by performing cutting using an end mill.
SOLUTION: A channel where a sample flows is extended in the three-dimensional direction inside a body section. In the cutting method, the intersection of the rotation center axis of the end mil and the surface formed by the nose of the cutting edge of the end mil formed during rotation exists at a position separated from the surface of the hard brittle material outside the hard brittle material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


マイクロ分析チップ(マイクロチップ)は、半導体分野等の微細加工技術を利用して所定の機能を小型のチップに集積したものをいい、たとえば、化学反応等の複雑な化学システムを集積したものである。マイクロチップを使用することによって、化学反応等の試験を行う場合における試薬、試料の少量化をはかる等することができる。



図5は、従来のマイクロ分析チップ200の概略構成を示す斜視図である。



従来のマイクロ分析チップ200は、平板状の基材202に、長手方向の一端部側から他端部側に向かう微細な流路204やプール206A、Bを形成した構成になっており、流路204やプール206A、Bに試料等を流すことにより化学反応等を行わせるようになっている(たとえば、非特許文献1参照)。
【非特許文献1】
[平成18年1月20日検索]、インターネット<URL:http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/bunseki/chip/chip.htm>

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、医薬や創薬の検査機器等として使用されるマイクロ分析チップを構成するガラス等の硬脆性材料の切削加工方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
円柱状もしくは円筒状に形成されている硬脆性材料側面にエンドミルを用いて切削加工を行うことによって、前記表面に溝を形成する硬脆性材料の切削加工方法であって、
前記硬脆性材料の軸を中心にして前記硬脆性材料を回動し、前記硬脆性材料の軸の延伸方向であるX軸方向に前記硬脆性材料を移動し、前記硬脆性材料の軸の延伸方向と直交する1方向であるY軸方向に前記硬脆性材料を移動し、前記エンドミルの回転中心軸が前記X軸方向および前記Y軸方向と直交する方向であるZ軸方向に延伸ししかも前記回転中心軸の延長線が前記硬脆性材料の回動中心軸と非交差になるように前記エンドミルを存在させ、
前記エンドミルを高速回転し、前記エンドミルをこの回転中心軸の延伸方向で移動位置決めし、前記エンドミルの回転中心軸と、回転しているときに形成される前記エンドミルの切刃の刃先で形成される面との交点が、前記硬脆性材料の外側で前記表面から離反した位置に存在しているようにして、前記エンドミルの切れ刃の一部を前記硬脆性材料に食い込ませ、
前記溝の表面が形成される部位における前記エンドミルの1刃あたりの切り込み量が、前記硬脆性材料を延性的に切削することが可能な値になるようにしつつ切削を行う
ことを特徴とする硬脆性材料の切削加工方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006069428thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close