Top > Search of Japanese Patents > SURFACE PREPARATION MATERIAL FOR STEEL AND METHOD OF SURFACE- PREPARATION

SURFACE PREPARATION MATERIAL FOR STEEL AND METHOD OF SURFACE- PREPARATION

Patent code P07A011298
File No. /NO33348
Posted date Nov 6, 2007
Application number P2003-095853
Publication number P2004-299979A
Patent number P4343570
Date of filing Mar 31, 2003
Date of publication of application Oct 28, 2004
Date of registration Jul 17, 2009
Inventor
  • (In Japanese)佐々木 孝彦
  • (In Japanese)立松 英信
  • (In Japanese)半谷 公明
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社ジェイアール総研エンジニアリング
  • (In Japanese)アサヒボンド工業株式会社
Title SURFACE PREPARATION MATERIAL FOR STEEL AND METHOD OF SURFACE- PREPARATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a surface preparation material for actively removing harmful anion such as chloride ion which can not be removed physically such as by blast treatment in repainting a corroded steel surface.
SOLUTION: An anion adsorbent such as calcium-aluminum combined hydroxide which is not consumed by the reaction with cement is incorporated in a cement-based surface preparation material using a water-based epoxy resin as a liquid admixture and the surface preparation in repainting is performed using the surface preparation material to suppress the occurrence of steel corrosion.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、橋梁等の鋼構造物は、長期間の使用を前提とするため、鋼の防食および外観確保を目的として表面が塗装されている。この場合に、塗装塗膜の耐久性が鋼構造物の期待耐用年数より短いため、複数回の塗り替え塗装が必要となる。一般環境用塗装系の塗膜劣化状態の調査結果では、新設塗装塗膜に比べて塗替え塗装塗膜の劣化進展は早いことが確認されている。これは、適用している塗装材に違いがない場合にも一般的に発生していることを考慮すれば、下地調整時残存したさび面上の塗膜が早期に劣化するためと考えられる。
これは、大気中で腐食した鋼は、例えば図1に示すように、鋼とさび層の界面近くに環境中の腐食を促進する因子(塩分等)である陰イオンが濃縮してネストとなる。ネストは、鋼の腐食で鋼表面に形成された腐食セルにより、陰イオンがアノード部に電気化学的に補足され濃縮したものであり、塗替え塗装塗膜下のネストが存在する部分では鋼材の腐食反応は抑制されない。このために、新設塗装塗膜にに比べて耐久性が劣ることになる。従って、塗装などの防食を施す場合に、さび層の除去のみならず、鋼とさび層界面に濃縮する腐食促進性の陰イオンの効果的な除去が必要となる。
ところで、塗替え塗装における腐食箇所の下地調整(素地調整)は、新設塗装時のように短期問で発生したさびの除去とは異なり、複数年をかけて生成したさび層の除去作業となる。このようなさび層およびネストの除去にはブラスト装置を用いる、あるいはディスクサンダーやエアーハンマー等の動力工具とハンマー、スクレーパーなどの手工具を併用して劣化個所を除去作業するなどの物理的な除去方法が一般に採用されている。しかし、鋼とさび層の界面に生成したネスト中の陰イオンは、前記のような物理的な除去作業では完全に除去できないといわれている。
そこで従来、塗替え塗装系の下地材として亜鉛等の防錆顔料を含有した塗料を塗布し、防錆する方法が実施されているが、このものは前記陰イオンを積極的に除去するものでないため、鋼表面でのさび発生の抑制効果に乏しく、塗替え塗装した場合、新規塗装の場合より短期間のうちにさびが発生するケースがある。そこで、下塗り材としてアルキルメタアクリレートの共重合体を含有する塗料を塗布し、これによって防錆効果を高めようとするものが提唱されている(特許文献1)。



【特許文献1】
特開2000-42485号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、橋梁、タンク、橋脚、鉄骨、屋根等の鋼構造物を構成する鋼材表面に下地調整材として塗布される防錆効果の優れた下地調整材の技術分野に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
塗替え塗装がなされる鋼材の表面に塗布される下地調整材であって、該下地調整材は、セメントと炭酸カルシウムが1:1の重量比の割合で混入された水硬性粉体と、エポキシ樹脂およびポリアミドアミンを混和する混和材とを主成分とするセメント系下地調整材に陰イオン吸着剤を含有することを特徴とする鋼材の下地調整材。

【請求項2】
 
請求項1において、陰イオン吸着剤はセメントと反応して消費されることがないカルシウム・アルミニウム複合水酸化物であることを特徴とする鋼材の下地調整材。

【請求項3】
 
請求項1または2において、陰イオン吸着剤の含有量は、1.0重量%以上であることを特徴とする鋼材の下地調整材。

【請求項4】
 
セメントと炭酸カルシウムが1:1の重量比の割合で混入された水硬性粉体と、エポキシ樹脂およびポリアミドアミンを混和する混和材とを主成分とするセメント系下地調整材に陰イオン吸着剤を含有する下地調整材を、塗替え塗装がなされる鋼材の表面に塗布するようにしたことを特徴とする鋼材の下地調整方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003095853thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close