Top > Search of Japanese Patents > PIER / ABUTMENT BASE JOINT TYPE REINFORCING STRUCTURE

PIER / ABUTMENT BASE JOINT TYPE REINFORCING STRUCTURE

Patent code P07A011305
File No. /NO33355
Posted date Nov 6, 2007
Application number P2003-096321
Publication number P2004-300822A
Patent number P4117209
Date of filing Mar 31, 2003
Date of publication of application Oct 28, 2004
Date of registration Apr 25, 2008
Inventor
  • (In Japanese)神田 政幸
  • (In Japanese)西岡 英俊
  • (In Japanese)村田 修
  • (In Japanese)細谷 芳巳
  • (In Japanese)平尾 淳一
  • (In Japanese)樋口 俊一
  • (In Japanese)東野 光男
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社大林組
Title PIER / ABUTMENT BASE JOINT TYPE REINFORCING STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pier/abutment base joint type reinforcing structure capable of easily carrying out construction work of a reinforcing structure of a footing.
SOLUTION: The reinforcing structure is so constituted that a sheet pile 1 is only connected to a pier base section P provided at an interval from the footing F. The upper part of the sheet pile is connected to the pier base section P with reinforced concrete 2. The reinforced concrete 2 is placed to a dowel anchor 5 fixed to the inside of the sheet pile 1 and the pier base section P to form. Since the side of the footing F is not thereby connected to the sheet pile 1, connection work with the footing F can be eliminated. Since there is no need for the connection work to make, excavation around the footing F is not required. The reinforcement of the footing F reported on destruction resulting from an earthquake can be simultaneously carried out.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、矢板を用いた補強構造としては種々のものが開発提供されている(例えば、特許文献1乃至4参照)。
【特許文献1】
特開平11―200395号公報(図1参照)



【特許文献2】
特開平9-158212号公報(図1参照)



【特許文献3】
特開2001-214465号公報(図1参照)



【特許文献4】
特開2000-273881号公報(図1参照)
いずれの補強構造においても、フーチング側面と矢板とを剛結合している。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、特に既設の橋梁基礎の補強に好適な橋脚基部結合型補強構造に係る技術に属する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
矢板を用いて橋梁基礎を補強する橋脚基部結合型補強構造であって、前記矢板は、フーチングと間隔を空けて設けられており、橋脚基部のみに結合されていることを特徴とする橋脚・橋台基部結合型補強構造。

【請求項2】
 
前記矢板の上部と前記橋脚基部とが補強コンクリートにより結合されていることを特徴とする請求項1記載の橋脚・橋台基部結合型補強構造。

【請求項3】
 
前記補強コンクリートは、前記矢板の内面及び前記橋脚基部に設けられた、前記矢板と前記橋脚基部とを結合する為の、ジベルアンカー、鉄筋等に打設されて形成されていることを特徴とする請求項2記載の橋脚・橋台基部結合型補強構造。

【請求項4】
 
矢板を用いて橋梁基礎を補強する橋脚基部結合型補強構造の施工方法であって、所定間隔を介してフーチングを囲繞するように前記矢板を打設する矢板打設工程と、
前記橋脚基部の結合する部分まで掘削する掘削工程と、
前記矢板の内側面と、前記橋脚基部とに、前記矢板と前記橋脚基部とを結合する為の、ジベルアンカー、鉄筋等を設ける設置工程と、
前記ジベルアンカー等に補強コンクリートを打設する打設工程と、
前記掘削工程により掘削した部分を埋め戻す工程と
を備えたことを特徴とする、橋脚・橋台基部結合型補強構造の施工方法。

【請求項5】
 
矢板を用いて橋梁基礎を補強する橋脚基部結合型補強構造の施工方法であって、所定間 隔を介してフーチングを囲繞するように前記矢板を打設する矢板打設工程と、
前記フーチングの上面まで掘削する掘削工程と、
前記矢板の内側面と、前記橋脚基部と、並びに前記フーチングに前記矢板と、前記橋脚基部及び前記フーチングとを結合する為の、ジベルアンカー、鉄筋等を設ける設置工程と、
前記ジベルアンカー等に補強コンクリートを打設する打設工程と、
前記補強コンクリートの上方に位置する前記矢板を切断する切断工程と、
前記掘削工程により掘削した部分を埋め戻す工程と
を備えたことを特徴とする、橋脚・橋台基部結合型補強構造の施工方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003096321thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close