Top > Search of Japanese Patents > REINFORCING METHOD OF MASONRY WALL

REINFORCING METHOD OF MASONRY WALL

Patent code P07A011326
File No. /NO33376
Posted date Nov 6, 2007
Application number P2003-175798
Publication number P2005-009207A
Patent number P4316939
Date of filing Jun 20, 2003
Date of publication of application Jan 13, 2005
Date of registration May 29, 2009
Inventor
  • (In Japanese)杉山 友康
  • (In Japanese)太田 直之
  • (In Japanese)村石 尚
  • (In Japanese)岡田 勝也
  • (In Japanese)山本 彰
  • (In Japanese)鳥井原 誠
  • (In Japanese)山田 祐樹
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社大林組
Title REINFORCING METHOD OF MASONRY WALL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a reinforcing method capable of securing the stability of a masonry wall at a low cost.
SOLUTION: The reinforcing method is applied to the masonry wall 16 piling up a wedge stone 14 by making a backing cobble stone layer 12 intervene in the front of an inclined bedrock 10, a reinforcing material 18 reaching the backing cobble stone layer 12 is placed in a joint section of the wedge stone 14, and the reinforcing material 18 is anchored to the backing cobble stone layer 12 by filling the circumference of the reinforcing material 18 with grout 20. The reinforcing material 18 is formed in a bar-shaped body with a predetermined length, and when it is placed, it comes into contact with a plurality of wedge stones 14 adjacent to the joint part to constrain them so as to push the wedge stones 14 outward. The circumference of the reinforcing material 18 is filled with the grout 20, and when a certain time passes, the grout 20 is solidified to complete the reinforcing method when the reinforcing material 18 is thereby anchored to the backing cobble stone layer 12.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


重力式擁壁の一種として、間知石を積み重ねた石積壁が知られており、この種の石積壁の耐震補強対策としては、例えば、非特許文献1に記載されているように以下に示す6つの方法が、従来採用されていた。
▲1▼.間知石の目地部分にモルタルを充填する方法
▲2▼.石積壁の前面にコンクリート擁壁を施工する方法
▲3▼.石積壁の前面に格子枠工を設置する方法
▲4▼.石積壁の前面から地山補強土工を打設する方法、この方法では、補強材を背面地山に深く打設するため、補強材の長さは、2m以上とする必要がある。
▲5▼.石積壁の前面からグラウンドアンカーを打設する方法
▲6▼.石積壁の背面に抑止杭を打設する方法
しかしながら、このような従来の石積壁の補強方法には、以下に説明する課題があった。



【非特許文献1】
宅地擁壁の耐震補強・補修の技術について、「基礎工」Vol.29、No.4、pp21-27、2001.

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、複数の間知石を相互に隣接するようにして積み重ねた石積壁の補強方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
傾斜地山の前面に、複数の間知石を相互に隣接するようにして積み上げた石積壁の補強方法において、
複数の前記間知石同士が当接する目地部の複数箇所に、それぞれ補強材を打設し、前記補強材の周囲にグラウト材を充填することにより、前記補強材を前記傾斜地山に定着し、
前記補強材の打設により、前記目地部の外周に隣接配置された複数の前記間知石を外方に押しやることで、前記間知石同士を相互に拘束することを特徴とする石積壁の補強方法。

【請求項2】
 
傾斜地山の前面に、裏込め栗石層を介在させて、複数の間知石を相互に隣接するようにして積み上げた石積壁の補強方法において、
複数の前記間知石同士が当接する目地部の複数箇所に、それぞれ補強材を打設し、前記補強材の周囲にグラウト材を充填することにより、前記補強材を前記傾斜地山に定着し、
前記補強材の打設により、前記目地部の外周に隣接配置された複数の前記間知石を外方に押しやることで、前記間知石同士を相互に拘束することを特徴とする石積壁の補強方法。

【請求項3】
 
前記補強材は、打設ないしは定着後に、その頭部に幅広プレートを固設して、目地部の外周に隣接配置された複数の前記間知石を、前記幅広プレートで支圧,拘束することを特徴とする請求項1または2記載の石積壁の補強方法。

【請求項4】
 
前記補強材は、その頭部に予め固設される幅広プレートを備え、
目地部の外周に隣接配置された複数の前記間知石を、前記幅広プレートで支圧,拘束することを特徴とする請求項1または2記載の石積壁の補強方法。

【請求項5】
 
前記補強材は、先端が前記裏込め栗石層を貫通して、前記地山に所定長さが貫入するように打設することを特徴とする請求項2記載の石積壁の補強方法。

【請求項6】
 
前記補強材は、所定の間隔を隔てて、前記目地部に千鳥状に配置することを特徴とする請求項1から5のいずれか1項記載の石積壁の補強方法。

【請求項7】
 
前記間知石の前面側には、前記補強材の打設前、または、打設後に網材やシートなどの被覆材を覆設し、前記幅広プレートで前記被覆材を前記間知石の前面に係止固定することを特徴とする請求項1から6のいずれか1項記載の石積壁の補強方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003175798thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close