Top > Search of Japanese Patents > IRON BASED SINTERED ALLOY FOR CURRENT COLLECTING-SLIDING

IRON BASED SINTERED ALLOY FOR CURRENT COLLECTING-SLIDING

Patent code P07A011334
File No. /NO33381
Posted date Nov 6, 2007
Application number P2003-180151
Publication number P2005-015828A
Patent number P4083633
Date of filing Jun 24, 2003
Date of publication of application Jan 20, 2005
Date of registration Feb 22, 2008
Inventor
  • (In Japanese)久保 俊一
  • (In Japanese)土屋 広志
  • (In Japanese)池内 実治
  • (In Japanese)畔津 巌
  • (In Japanese)畔津 秀明
  • (In Japanese)畔津 健太郎
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)帝国カーボン工業株式会社
Title IRON BASED SINTERED ALLOY FOR CURRENT COLLECTING-SLIDING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an iron based sintered alloy which can exhibit higher lubricating performance than that of a Pb-containing material as a pantograph contact strip for a high speed electric motor vehicle without cotaining Pb giving an adverse effect to the environment.
SOLUTION: The iron based sintered alloy is obtained in such a manner that powder raw materials consisting of 8 to 28 wt.% single Cr as a wear resistant and arc resistant component, 2 to 8 wt.% MoS2 or WS2 as a lubricating component; 0.3 to 5 wt.% Bi as a lubricity strengthening component, and the balance Fe are mixed, thereafter, the powdery mixture is subjected to compression molding, and the same is heated in a nonoxidizing or reducing atmosphere so as to obtain a sintered compact.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現行速度220~300km/hで使用されている新幹線電車用パンタグラフすり板は、Feを母材とした焼結組織中に、耐摩耗、耐アーク性保持のためCrなどの硬質、耐熱成分を点在させる一方、相手方トロリー線の損耗を軽減するための潤滑成分としてMoS2などを添加するほか、各種すり板銘柄とも共通して2~15%のPbを含有している。本発明者の一部は高速度用パンタグラフすり板として特許1519154号、1756787号を得ており、現在、新幹線電車のパンタグラフすり板用に供されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、集電摺動部分に使用される耐摩耗性と潤滑性に優れた鉄系焼結合金、特に速度220~400km/hで走行する高速電気車のパンタグラフすり板として好適な集電摺動用鉄系焼結合金に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
耐摩耗、耐アーク成分として単体Cr8~28重量%、潤滑成分としてMoS2(またはWS2)2~8重量%、潤滑強化成分としてBi0.3~5重量%、残部Feからなる粉末原料を混合後、圧縮成形し、これを非酸化性ないしは還元性雰囲気中で加熱して焼結体を得ることを特徴とする集電摺動用鉄系焼結合金。

【請求項2】
 
耐摩耗,耐アーク成分として単体Cr8~28重量%、潤滑成分としてMoS2(またはWS2)2~8重量%、潤滑強化成分としてBi0.3~5重量%、ならびにBN0.1~3重量%、残部Feからなる粉末原料を混合後、圧縮成形し、これを非酸化性ないしは還元性雰囲気中で加熱して焼結体を得ることを特徴とする集電摺動用鉄系焼結合金。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close