Top > Search of Japanese Patents > REPAIRING MATERIAL FOR CONTROLLING SALT DAMAGE AND REPAIRING METHOD FOR STRUCTURE

REPAIRING MATERIAL FOR CONTROLLING SALT DAMAGE AND REPAIRING METHOD FOR STRUCTURE

Patent code P07A011344
File No. /NO33396
Posted date Nov 6, 2007
Application number P2003-208181
Publication number P2005-067903A
Patent number P4433490
Date of filing Aug 21, 2003
Date of publication of application Mar 17, 2005
Date of registration Jan 8, 2010
Inventor
  • (In Japanese)佐々木 孝彦
  • (In Japanese)立松 英信
  • (In Japanese)水野 清
  • (In Japanese)神谷 清志
  • (In Japanese)地頭薗 博
  • (In Japanese)井上 敏克
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社ジェイアール総研エンジニアリング
  • (In Japanese)三菱マテリアル株式会社
Title REPAIRING MATERIAL FOR CONTROLLING SALT DAMAGE AND REPAIRING METHOD FOR STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a repairing material for controlling salt damage which is economical, excellent in applicability and sufficiently effective in controlling salt damage, even by using a small amount of chloride ion adsorbent.
SOLUTION: The repairing material for controlling salt damage contains 1-9 pts.wt. chloride ion adsorbent comprising calcium-aluminum mixed hydroxide etc. against 100 pts.wt. cement. The repairing material may further contain 1-10 wt.% zeolite mineral as an alkali ion adsorbent. Portland cement, mixed cement or super-hardening cement is used as a binding material, and a cement expanding material, a resin organic fiber, an inorganic fiber, etc. may be added as additives. Concrete which has been subjected to salt damage is chipped until its reinforcement part is exposed, an anticorrosive paste is subsequently applied to the reinforcement, and the repairing material is filled through a spraying or pouring method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、海岸又はその付近にある鉄筋コンクリート構造物が海塩粒子によって塩害を受けたり、また細骨材として海砂等を使用したり、海水と接触する鉄筋コンクリート構造物等に塩分が侵入したりして、鉄筋腐食が起こり、これらの構造物の劣化が大きな問題となっている。このような構造物の修復方法としては、セメントと塩化物イオン吸着剤とを主成分とした鉄筋腐蝕抑制剤やこの鉄筋腐蝕抑制剤の上に塗る防錆モルタルを使用する方法がある。例えば、特開平9-86997号公報には、塩害による鉄筋腐食により劣化したコンクリート部分を鉄筋部分が現れるまではつり取り、錆を除去した後の前記現れた鉄筋表面に、ポルトランド系セメントと塩化物イオン吸着剤とを主成分とする防錆ペーストを塗布し、さらにポルトランド系セメントと塩化物イオン吸着剤を主成分とする防錆モルタルを塗り付けて修復し、仕上げる塩害の補修工法が開示されている。また特開平11-217942号公報には、防錆ペースト及び/又はモルタルを塩害により腐食を生じた鉄筋の周囲に施工し、緻密の耐久性の高いモルタル又はコンクリートで修復して仕上げる既設のコンクリート構造物の塩害による鉄筋腐食の補修方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、塩害対策用補修材料(以下、本願明細書全般にわたって、塩害対策用補修材料は、塩害対策用補修モルタル組成物の意味で使用しているが、この塩害対策用補修モルタル組成物は大断面に用いることを必須の要件として用いる意味で使用している。したがって、差し支えない限り塩害対策用補修材料ともいう。)及び鉄筋コンクリート構造物の補修方法に関するもので、更に詳しくは塩害コンクリート部分を容易にかつ作業効率よく修復し得る塩害対策用補修材料及び鉄筋コンクリート構造物の補修方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
塩害を受けたコンクリートの欠損面積0.1m2以上または修復厚さ25mm以上の大断面修復用のモルタル組成物であって、
セメント100重量部に対してハイドロカルマイト1~9重量部を添加した補修材料100重量部に対して、
アルカリイオン吸着剤1~10重量部、セメント系膨張材0.5~100重量部、樹脂を固形分換算で0.1~50重量部、有機繊維又は無機繊維のいずれか0.05~5重量部、細骨材20~500重量部及び水がそれぞれ混合されており、
この物性が7日圧縮強度43N/mm2以上、14日後の付着強度4.5 N/mm2以上、過飽和食塩水に浸漬3ヶ月経過後における塩化物イオン浸透深さが7mm以下であることを特徴とする塩害対策大断面補修用モルタル組成物

【請求項2】
 
塩害を受けたコンクリートの欠損面積0.1m2以上または修復厚さ25mm以上の大断面の修復方法であって、塩害を受けたコンクリートを鉄筋部分が露出するまではつり、ついで鉄筋にセメント防錆ペーストを塗り、その後前記はつり欠損部分に、請求項1に記載の塩害対策大断面補修用モルタル組成物を吹き付け法又は流し込み法のいずれか又はこれら両方によって充填する鉄筋コンクリート構造物の修復方法。

【請求項3】
 
塩害を受けたコンクリートの欠損面積0.1m2以上または修復厚さ25mm以上の大断面の修復方法であって、コンクリート構造物の表面をサンドブラストにより目荒らしを行い、鉄筋コンクリート構造物の表面に、
請求項1に記載の塩害対策大断面補修用モルタル組成物
を吹き付け法又は流し込み法のいずれか又はこれら両方によって被覆することを特徴とする鉄筋コンクリート構造物の修復方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close