Top > Search of Japanese Patents > CONNECTING HANGER EAR FOR ELECTRIC OVERHEAD WIRE

CONNECTING HANGER EAR FOR ELECTRIC OVERHEAD WIRE meetings

Patent code P07A011359
File No. /NO33403
Posted date Nov 9, 2007
Application number P2003-304170
Publication number P2005-067568A
Patent number P3917118
Date of filing Aug 28, 2003
Date of publication of application Mar 17, 2005
Date of registration Feb 16, 2007
Inventor
  • (In Japanese)澤畑 務
  • (In Japanese)萬代 毅
  • (In Japanese)清水 政利
  • (In Japanese)島田 健夫三
  • (In Japanese)林 博之
  • (In Japanese)中村 登
  • (In Japanese)岩間 祐一
Applicant
  • (In Japanese)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)三和テッキ(株)
Title CONNECTING HANGER EAR FOR ELECTRIC OVERHEAD WIRE meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a connecting hanger ear for electric overhead wire having a function for electrically connecting a hanging wire and a trolley wire, capable of reducing a number of components, and capable of facilitating handling such as mounting.

SOLUTION: The connecting hanger ear 1 equipped with a hanger bar 2 having a hook 2c for hooking the hanging wire M and an ear 3 for grasping the trolley wire T is provided with a clamp 4 for grasping the hanging wire M, a conductor 5 extending from the clamp 4, and a sleeve 6 for fixing the conductor 5 on the hanger bar 2. The trolley wire T is supported by the hanging wire M, and the trolley wire T is electrically connected to the hanging wire M through the conductor 5 and the hanger bar 2. By fixing the clamp 4 on the hanging wire M while play is maintained without stretching the conductor 5, the conductor 5 flexibly follows the hanger bar 2 even when the trolley wire T is pushed up by passing of a pantograph. Thus, the electric current can be supplied from the hanging wire M to the trolley wire T through the conductor 5 regardless of the quality of the electric connection state of the hook 2c to the hanging wire M.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)【背景技術】従来の電車線ハンガイヤーは、特許文献1に記載のものがある。これは、金属の棒材を屈曲させて成るハンガバーとトロリ線を把持するイヤー片とを備えている。ハンガバーは、上部に、吊架線に掛け止めるためのループ状のフック部を有する。対向一対のイヤー片は、ハンガバーの下端に固着されており、イヤー片を貫通するボルトを締め付けることで、イヤー片間にトロリ線を把持することができる。吊架線のハンガイヤー掛け止め部位には、吊架線をハンガイヤーから電気的に絶縁すると共に、ハンガイヤーとの接触による機械的損傷から吊架線を保護するための保護カバーが装着される。 一方、特許文献2に記載のコネクタ金具がある。これは、吊架線からトロリ線に給電するために、吊架線を把持するクランプと、トロリ線を把持するクランプとの間を、複数の銅線を平編状に構成した導体で接続するものである。
【特許文献1】実開平6-47030号公報
【特許文献2】実開平6-47029号公報
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、吊架線からトロリ線を吊り下げるための電車線用ハンガイヤーに関し、特に吊架線とトロリ線とを電気的に接続する機能を兼備するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  上部に吊架線に掛け止めるためのループ状のフック部を有するハンガバーと、 このハンガバーの下端部に結合してトロリ線を把持するイヤーと、 前記吊架線とハンガバーとの間に介在し、ハンガバーの変位を許容しつつ電気的に接続する導体とを備え、 トロリ線を吊架線に支持すると共に、両者を電気的に導通させるものであって、 前記導体は、前記ハンガバーにスリーブで圧着されることを特徴とする電車線用コネクティングハンガイヤー。
【請求項2】
  前記フック部を含むハンガバーの上部は疲労特性の良好な金属材で構成され、 前記導体との接続部を含むハンガバーの下部は導電性の良好な金属材で構成され、 これら上下両部が前記スリーブで圧着されることを特徴とする請求項1に記載の電車線用コネクティングハンガイヤー。
【請求項3】
  前記導体には、弦巻ばね状に巻かれて上下方向に伸縮可能な伸縮部を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の電車線用コネクティングハンガイヤー。
【請求項4】
  前記導体が前記ハンガバーの下端部に接続されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の電車線用コネクティングハンガイヤー。
【請求項5】
  前記導体は、前記ハンガバーのフック部の折返し先端部に結合していることを特徴とする請求項1に記載の電車線用コネクティングハンガイヤー。
Industrial division
  • Electric power application
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close