Top > Search of Japanese Patents > ACOUSTIC INSULATION MATERIAL AND ACOUSTIC INSULATION STRUCTURE USING THE MATERIAL

ACOUSTIC INSULATION MATERIAL AND ACOUSTIC INSULATION STRUCTURE USING THE MATERIAL

Patent code P07A011366
File No. /NO33408
Posted date Nov 9, 2007
Application number P2003-320334
Publication number P2005-091381A
Patent number P4662114
Date of filing Sep 11, 2003
Date of publication of application Apr 7, 2005
Date of registration Jan 14, 2011
Inventor
  • (In Japanese)半坂 征則
  • (In Japanese)西村 充史
  • (In Japanese)崎畑 康典
  • (In Japanese)西本 安志
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)シバタ工業株式会社
Title ACOUSTIC INSULATION MATERIAL AND ACOUSTIC INSULATION STRUCTURE USING THE MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve such a problem that a conventional acoustic insulation structure used along a railroad line and at a steel bridge in which sound absorbing materials can not be used by themselves to constitute of an acoustic insulation wall, the materials are required to be mounted on a concrete wall surface requiring the necessity of the concrete wall, thus, resulting in a large scale and long duration project because wiring and cables for the railroad line must be taken care of.
SOLUTION: Self-erecting capability and bending capability are provided for the acoustic insulation material by embedding reinforcing materials into a plate shaped and bendable high polymer material. The above acoustic insulation materials are fitted into the frames provided along the railroad line to constitute of an acoustic insulation structure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


鉄道においては、近年高速化や高密度ダイヤ化が進む一方、沿線住民の静寂な住環境に対する志向性が高まっており、騒音対策の必要性が求められている。
そこで、騒音対策として、沿線に防音壁が設置されてきた。これら防音壁の鉄道線路側には、より高い防音効果を得るために、ガラス繊維やロックウール等の吸音材を、コンクリート壁に取り付けて防音壁を構成している(例えば、特許文献1、特許文献2参照)。さらに、現在使用されている防音壁の主構造物は、石膏やモルタル材が主流であり、これらの材料にはアスベストが多く組み込まれて使用されている。



また、鋼鉄道橋においては、橋桁部材自体の振動に伴い発生する構造物騒音が大きく、この対策も重要であるが、構造物騒音に対しては防音壁ではその防音効果は小さい。
構造物騒音対策としては、主に、(1)レールやまくらぎ等の橋上構造と桁の下部構造の間に防振材を介在させる。(2)桁に制振材を適用する。(3)桁全体を桁カバーで覆う。(4)上記(3)の桁カバー内に吸音材を設ける。等の対策が講じられてきたが、(1)や(2)は効果が限定的であり、10dB以下にするような抜本的な効果を期待するには(3)や(4)の対策が必要となる。
【特許文献1】
特開2000ー336621号公報 (0019)
【特許文献2】
特開2002ー250014号公報 (0010~0013)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鉄道の沿線や鋼鉄道橋に敷設等して騒音を低減させる防音材およびそれを用いた防音構造に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
3mm以上の厚さで、弾性率1~8MPa、比重0.5~5程度の高分子製の可撓性板材内に厚さ方向の一側に片寄らせて0.3mm以上の厚さを有する補強材を埋設させて自立性と可撓性とを合わせもたせたことを特徴とする鉄道における防音材

【請求項2】
 
請求項1において、高分子材内に金属粉体を配合したことを特徴とする鉄道における防音材

【請求項3】
 
鋼鉄道橋の両側外面および底部下面を請求項1に示した防音材で覆ったことを特徴とする鉄道における防音構造。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003320334thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close