Top > Search of Japanese Patents > ELECTRIC WIRE INSPECTION DEVICE

ELECTRIC WIRE INSPECTION DEVICE

Patent code P07A011368
File No. /NO33409
Posted date Nov 9, 2007
Application number P2003-325462
Publication number P2005-094935A
Patent number P4225481
Date of filing Sep 18, 2003
Date of publication of application Apr 7, 2005
Date of registration Dec 5, 2008
Inventor
  • (In Japanese)島田 健夫三
  • (In Japanese)佐藤 勇輔
  • (In Japanese)西 健太郎
  • (In Japanese)飯国 元久
Applicant
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)三和テッキ(株)
Title ELECTRIC WIRE INSPECTION DEVICE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electric wire inspection device capable of picking up the 360°-image of an electric wire with cameras and inspecting electric wires for anomalies with ease.

SOLUTION: The electric wire inspection device 1 is constituted by installing rollers 3 that can roll on a feeder L on a frame body 2 secured at the upper end of an insulated operating rod P, and installing CCD cameras 4 through a rocking mechanism 5. The rocking mechanism 5 is constituted by erecting a plurality of guide pins 7 from a guide plate 6, secured on the frame body 2c, in an arc shape with the feeder L positioned in the center. A rocking plate 8 provided with an long arc-shaped hole 8a through which the guide pins 7 are passed is supported on the guide pins 7. The rocking plate 8 is provided with an arc-shaped engaging tooth string 8b concentric with the long hole 8a. A gear 9 driven by a motor 10, supported on the frame body 2, is engaged with the engaging tooth string 8b. The rocking plate 8 is provided with an arm bar 12 with a pair of the CCD cameras 4, 4 fixed at both its ends which CCD cameras pick up the image of the feeder L from both sides. While the rocking plate 8 is reciprocated through a predetermined rotational angle by the gear 9, the image of the outer circumferential surface of the feeder L is picked up with the CCD cameras 4, 4.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)【背景技術】一般に、電線の点検は、地上から直接又は双眼鏡を使って目視により行っている。また、き電線の異常はその接続部分に集中して発生することが多く、接続部分に温度表示ラベルを貼り付けて異常時の高温状態を確認することが行われている。さらに従来、腐食診断装置を搭載した自走機を電線上に移動させて点検する電線検査装置が知られている(特許文献1参照)。この電線検査装置は、電線上をモータ駆動により走行する車輪付きのケースと、ケースに搭載した電線撮影用のカメラと、モータ及びカメラを無線制御するコントローラと、電源とを備えている。カメラは、ケース内に上向きに一台固定されており、ケースの上部に二つのミラーを電線を異なる角度から映し込むように設け、一台のカメラで電線を異なる三方の位置から撮影できるようにしている。
【特許文献1】特開平10-191517号公報
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、き電線、吊架線などの電線の素線切れ等の異常を見つけ出すための電線検査装置に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  電線近傍の高さ位置に支持するための支持体上に固定される枠体と、この枠体に対してモータ駆動で電線周りに所定の回転角度往復揺動する揺動機構と、この揺動機構に取り付けられて前記電線の外周を撮影するカメラとを具備し、 前記揺動機構は、前記枠体に設けられる複数のガイドピンと、このガイドピンに回動自在に係合して枠体に支持され前記カメラが固定される揺動板とを具備し、 前記ガイドピンは、前記電線を中心とする円弧上に並んで電線の延線方向に突出するように、前記枠体に複数固定され、 前記揺動板は、前記ガイドピンを相対移動自在に貫通させるように円弧状に延びる長孔を有し、モータ駆動でガイドピンに沿って長孔の範囲で所定の回転角度往復移動自在に前記枠体に支持されることを特徴とする電線検査装置。
【請求項2】
  前記カメラは、相互間に電線を配置するように相対向して一対設けられ、電線外周を両側から撮影可能であることを特徴とする請求項1に記載の電線検査装置。
【請求項3】
  前記枠体は電線上を転動可能な前後一対のローラで支持され、電線上を前記支持体と共に移動できることを特徴とする請求項1又は2に記載の電線検査装置。
【請求項4】
  前記揺動板は、前記電線を中心とする円弧上に配置された咬合歯列を外周に有し、 前記枠体には、前記揺動板の咬合歯列に咬み合い、モータ駆動により所定の回転角度往復駆動される歯車が設けられることを特徴とする請求項1から3の何れかに記載の電線検査装置。
Industrial division
  • Electric wire, cable
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close