Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SCREENING MICROORGANISM, METHOD FOR CLEANING ENVIRONMENT USING THE MICROORGANISM AND METHOD FOR PRODUCING USEFUL SUBSTANCE

METHOD FOR SCREENING MICROORGANISM, METHOD FOR CLEANING ENVIRONMENT USING THE MICROORGANISM AND METHOD FOR PRODUCING USEFUL SUBSTANCE meetings

Patent code P07A011413
Posted date Nov 6, 2007
Application number P2006-078789
Publication number P2007-252244A
Patent number P4686721
Date of filing Mar 22, 2006
Date of publication of application Oct 4, 2007
Date of registration Feb 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)田中 秀夫
  • (In Japanese)青柳 秀紀
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title METHOD FOR SCREENING MICROORGANISM, METHOD FOR CLEANING ENVIRONMENT USING THE MICROORGANISM AND METHOD FOR PRODUCING USEFUL SUBSTANCE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for screening a microorganism, which easily and efficiently acquires an objective microorganism.
SOLUTION: The method for screening a microorganism so as to acquire an objective microorganism comprises at least carrying out a first step P1 for feeding an artificial feed containing a fixed component to organisms, a second step P2 for acquiring only living organisms, a third step P3 for extracting the intestines of the living organisms and preparing an intestine suspension, a fourth stage P4 for inoculating the intestine suspension to a medium containing the fixed component as a nutrient and a fifth step P5 for evaluating the biodegradation ability of the fixed component of the microorganism.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、様々な分野で、微生物を利用した試みが注目されている。例えば、バイオメディエーションのように微生物を利用した環境汚染物質の浄化や、農薬、医薬品、又は工業薬品等に利用される物質を、微生物を利用して生産する方法などが挙げられる。



例えば、特許文献1では、土壌や地下水等に存在する環境汚染物質を微生物で分解除去する方法が開示されている。また、特許文献2では、各種工業薬品、農薬及び医薬品の製造中間体である光学活性2-アルキル-D-システインエステルを、微生物を利用して製造する方法が開示されている。



このような背景の下、特定の機能を有する微生物をより簡単にスクリーニングする方法が求められている。一般に、微生物のスクリーニング方法は、自然界の微生物を含む土壌や水中、または生物の臓器等から得られるサンプルを、そのまま寒天培地等を用いて単離培養を行う方法や、人工的な培地を用いて試験管やフラスコなどの装置内で集積培養を行った後に、寒天培地を用いて微生物の単離を行う方法などが挙げられる。



例えば、特許文献3では、写真感光材料生産工場の排水中の細菌を銀含有培地上で培養することで、銀担持菌をスクリーニングする方法が開示されている。また、特許文献4では、シロアリの腸を摘出してすりつぶし、フェノール性化合物を有する培地に加えて培養することで、フェノール性化合物分解能を有する微生物をスクリーニングする方法が開示されている。
【特許文献1】
特開平09-150139号公報。
【特許文献2】
特開2006-6号公報。
【特許文献3】
特開2004-180582号公報。
【特許文献4】
特開平06-22769号公報。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、微生物スクリーニング方法に関する。より詳しくは、生物に人餌を摂取させることにより、生物の腸内微生物叢が変化することを利用した微生物スクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
環境汚染物質を含む人工餌をイエシロアリに摂食させて飼育する第1段階と、
前記第1段階の飼育期間後に生き残っている生存イエシロアリのみを収得する第2段階と、
前記生存生物の腸を摘出し、腸懸濁液を調整する第3段階と、
前記腸懸濁液を、炭素源として前記人工餌に用いたものと同じ前記環境汚染物質のみを含有する培地に接種して培養する第4段階と、
前記培地から収得した単一コロニーを、前記人工餌に用いたものと同じ前記環境汚染物質を含有する培養液に接種し、該培養液中の前記所定成分の濃度を定量することによって、当該単一コロニーを形成する微生物の前記所定成分の分解能力を評価する第5段階と、からなる微生物スクリーニング方法。

【請求項2】
 
前記環境汚染物質はフェノールであり、
前記微生物はフェノール分解菌である請求項1記載の微生物スクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006078789thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close