Top > Search of Japanese Patents > WHEEL SET HAVING GAUGE VARIABLE MECHANISM AND BOGIE

WHEEL SET HAVING GAUGE VARIABLE MECHANISM AND BOGIE UPDATE_EN

Patent code P07A011502
File No. /NO33279
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-140181
Publication number P2003-327121A
Patent number P4216000
Date of filing May 15, 2002
Date of publication of application Nov 19, 2003
Date of registration Nov 14, 2008
Inventor
  • (In Japanese)岡本 勲
  • (In Japanese)藤田 豊志
  • (In Japanese)徳田 憲暁
  • (In Japanese)豊岡 友裕
  • (In Japanese)伊藤 智広
  • (In Japanese)山村 佳成
  • (In Japanese)和田 篤行
  • (In Japanese)角富 幸博
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)日本車輌製造株式会社
  • (In Japanese)日本製鉄株式会社
Title WHEEL SET HAVING GAUGE VARIABLE MECHANISM AND BOGIE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable continuous running at a high speed.
SOLUTION: This wheel set having a gauge variable mechanism has a structure where a running torque of a main electric motor is transmitted via a roll spline 1 disposed between an axle 2 and a wheel 3 to the wheel 3 that is mounted to the axle 2 via a slide bearing 7 and is moved with respect to the gauge in the axial direction of the axle 2 and fixed in position to integrally rotate the axle 2 and the wheel 3. A bearing device 21 is disposed at the center position of the axle 2 and the roller spline 1 is disposed between the wheel 3 and the bearing device 21, thereby miniaturizing axle bearings 8 disposed at both ends of the axle 2 and reducing the unsprung mass. A position fixing device 11 of the wheel 3 is disposed in a shaft end of the axle 2 having the axle bearings 8. The axle bearings having a size equal to that of a normal wheel set can be used, so that temperature increase of the bearings or sealing property of lubrication that are caused by increase of circumferential speed can be solved and continuous running at the high speed is possible.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えばJR在来線の狭軌と新幹線の標準軌のように軌間寸法が異なるレール上の連続走行を可能とするために、軌間可変台車の開発が進んでいる。このうち、平行カルダン構造を用いた左右車輪一体回転式の台車は、図4に示したように、回転トルク伝達機構にころスプライン1を用い、車軸2からの動力を車輪3に伝達する構造が採用されている。

すなわち、上記の構造の軌間可変台車は、車軸2に外嵌された外スリーブ4に車輪3、軸箱5が取り付けられており、これらが一体となって車軸2の軸方向に移動するようになっている。

そして、前記外スリーブ4の軸端側と車軸2の端部に嵌められた内スリーブ6間にころスプライン1を配設することで、歯車装置を介して車軸2に伝えた主電動機の回転トルクを、内スリーブ6-ころスプライン1-外スリーブ4-車輪3へと伝え、軌間変換中は前記外スリーブ4の内側に圧入されたすべり軸受7の作用で車輪3が前記軸方向に移動するようになっている。

また、前記した移動後における車輪3の位置固定は、軸箱5と軸箱はり10間で行い、それぞれに相対するように設けられた縦溝にロック用のスライドストッパを挿入する車輪位置固定装置11によって行なうようになっている。

なお、図4中の8は外スリーブ4と軸箱5間に介設され、車軸2の負担荷重を受ける車軸軸受(ジャーナル軸受)、9は車軸2の端部に介設されたスラスト軸受である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、車軸上に滑り軸受を介して設置された車輪が、異なる軌間に対しても対応が可能なように、車軸上を軌間に合わせて移動した後位置を固定される軌間可変機構付輪軸及びこの輪軸を備えた台車に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
すべり軸受を介して車軸に取り付けられ、軌間に合わせて車軸の軸方向に移動した後、位置を固定される車輪に、車軸と車輪との間に設けられた回転トルク伝達機構により主電動機の回転トルクを伝達して車軸と車輪とを一体に回転させる構造とした軌間可変機構付輪軸において、
車軸の中央位置に歯車装置を嵌合配置し、車輪と歯車装置との間に回転トルク伝達機構を配置すると共に、車輪の位置固定装置を、車軸軸受を配置した車軸の軸端に設け、
かつ前記回転トルク伝達機構が、
前記歯車装置の大歯車のボスを両端に延出して形成したスリーブと、車輪を外嵌し内側にすべり軸受を圧入した外スリーブとの間に配置したころスプライン
または前記スリーブと内側にすべり軸受を圧入した車輪に取り付けたスリーブとの間に配置したころスプラインであることを特徴とする軌間可変機構付輪軸。

【請求項2】
 
すべり軸受を介して車軸に取り付けられ、軌間に合わせて車軸の軸方向に移動した後、位置を固定される車輪に、車軸と車輪との間に設けられた回転トルク伝達機構により主電動機の回転トルクを伝達して車軸と車輪とを一体に回転させる構造とした軌間可変機構付輪軸において、
車軸の中央位置に歯車装置を嵌合配置し、車輪と歯車装置との間に回転トルク伝達機構を配置すると共に、車輪の位置固定装置を、前記回転トルク伝達機構の外周位置に設け
かつ前記回転トルク伝達機構が、
前記歯車装置の大歯車のボスを両端に延出して形成したスリーブと、車輪を外嵌し内側にすべり軸受を圧入した外スリーブとの間に配置したころスプライン、
または、前記スリーブと、内側にすべり軸受を圧入した車輪に取り付けたスリーブとの間に配置したころスプラインであることを特徴とする軌間可変機構付輪軸。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の軌間可変機構付輪軸を備えたことを特徴とする台車。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002140181thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close