Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MANUFACTURING FIBER-REINFORCED MORTAR OR CONCRETE AND MANUFACTURING DEVICE

METHOD FOR MANUFACTURING FIBER-REINFORCED MORTAR OR CONCRETE AND MANUFACTURING DEVICE

Patent code P07A011504
File No. /NO33281
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-166209
Publication number P2004-009547A
Patent number P4078124
Date of filing Jun 6, 2002
Date of publication of application Jan 15, 2004
Date of registration Feb 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)鳥取 誠一
  • (In Japanese)楠本 秀樹
  • (In Japanese)青木 茂
  • (In Japanese)久保 征則
  • (In Japanese)伊藤 正憲
  • (In Japanese)早川 健司
  • (In Japanese)瀬野 康弘
  • (In Japanese)長野 央照
  • (In Japanese)山代 育民
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社大林組
  • (In Japanese)東急建設株式会社
  • (In Japanese)昭栄薬品株式会社
Title METHOD FOR MANUFACTURING FIBER-REINFORCED MORTAR OR CONCRETE AND MANUFACTURING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method which mixes and disperses reinforcing fibers uniformly in a mortar or a concrete at a kneading site without generating a fiber ball and a best-suited manufacturing device for this method.
SOLUTION: The cut organic or inorganic reinforcing fibers 4 are mixed and dispersed in the mortar or the concrete by kneading the mortar or the concrete with the help of a mixer l while continuously charging the cut fibers 4 into the mixer l filled with a specified amount of the charged mortar or concrete.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、モルタル・コンクリートのひび割れの分散、せん断及び曲げ強度と、タフネス、耐衝撃性などをの改善することを目的として、モルタル・コンクリートに所定長の補強繊維を混合することがおこなわれている。補強繊維は、例えばガラス繊維などの無機繊維、またはナイロン、ビニロンなどの有機繊維あるいはこれら無機または有機繊維の混合品であり、モルタルに添加する場合には、長さが10mm以下の短繊維か、15~25mmの比較的長い繊維の二通りが用いられる。また、繊維補強コンクリートの場合には25~50mmの長繊維が用いられる。いずれの場合も長さが15mm以上の長い繊維ほど補強効果が高いとされる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、繊維補強モルタル・コンクリートの製造装置に関するものである。なお、本発明において、モルタル・コンクリートは、モルタルまたはコンクリートを呼称するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
モルタルまたはコンクリートを混練するためのミキサーと、該ミキサーの近傍に配置された補強繊維切断装置を備え、
前記切断装置は、受けローラと、この受けローラに隣接配置されて該受けローラに刃先先端を接する複数のカッター刃を外周に設けた切断用ローラと、この切断用ローラの回転駆動用モータと、前記切断用ローラの長手方向に移動可能なガイド手段と、このガイド手段に設けられ、補強繊維を前記受けローラと前記切断用ローラとの間に向けて導くピンチローラとを備え
前記切断用ローラはテーパコーン状をなし、その外周に周方向に均等に設けられた軸方向に長い複数のカッター刃を備えたことを特徴とする繊維補強モルタル・コンクリートの製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002166209thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close