Top > Search of Japanese Patents > POSITION ADJUSTING DEVICE AND METHOD FOR HEAVY LOAD

POSITION ADJUSTING DEVICE AND METHOD FOR HEAVY LOAD meetings

Patent code P07A011520
File No. /NO33372
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-202080
Publication number P2004-043092A
Patent number P4020716
Date of filing Jul 11, 2002
Date of publication of application Feb 12, 2004
Date of registration Oct 5, 2007
Inventor
  • (In Japanese)斎藤 正樹
  • (In Japanese)宮本 雅章
  • (In Japanese)浦部 正男
  • (In Japanese)上野 眞
  • (In Japanese)吉松 慎哉
  • (In Japanese)阿部 好則
Applicant
  • (In Japanese)東海旅客鉄道(株)
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)(株)ピーエス三菱
Title POSITION ADJUSTING DEVICE AND METHOD FOR HEAVY LOAD meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To easily execute fine adjustment of three-axial direction positions of a heavy load such as a linear type self-supported guideway in a narrow place.

SOLUTION: This position adjusting device is provided with a Z-direction expansion jack 10, a frame 50 to be coupled with an attachment 60 fixed to a guide block 100 embedded in the heavy load, and X-direction and Y-direction expansion jacks 40 and 30 fixed to the frame 50 close to an upper end of the Z-direction expansion jack 10 to take reaction to the Z-direction expansion jack. The heavy load 100 is temporarily supported on a base through the Z-direction expansion jack 10, so that fine adjustment of X-, Y-, and Z-direction positions of the heavy load are executed.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)設置位置を高精度で設置することを要する重量物であって、その周囲に障害物があったり、または設置される重量物と設置基礎との間の空間が極めて狭く、重量物の設置位置を調整するジャッキ等を外部又は周囲に設置することできない場合、このような重量物を高精度の設置位置寸法を確保して設置することは非常に困難な作業を要するものであった。例えばリニアモータ高速軌道に設置する自立式リニアガイドウエイは、大重量のコンクリートからなり、基台上に設けたガイド溝内にX、Y、Z方向位置を高精度に微調整して正確に設置する必要がある。しかも、自立式リニアガイドは、その外側や周囲にジャッキ等を取付けることが著しく困難である。
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、重量物の位置調整装置及び方法に関する。さらに詳しくは、狭隘な取付位置に重量物を設置する場合に、X、Y、Z三軸方向の据付位置を微調整する装置及び微調整を実施する方法に係るものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  重量物に埋設され、内周に雌ねじを設けたガイドブロックと、該雌ねじに螺合する雄ねじを備え上端にフランジを設けた中空のアタッチメントと、該フランジに固定した取付フレームと、該アタッチメントの内部を通り基台上に載置され前記取付フレームに反力をとるZ方向伸縮ジャッキと、前記取付フレームに取付けられ重量物以外の固定壁に反力をとるX方向及びY方向伸縮ジャッキとを備え、前記アタッチメント、取付フレーム、X,Y,Z方向伸縮ジャッキは前記重量物から取外し自在であることを特徴とする位置調整装置。
【請求項2】
  前記各X、Y、Z方向伸縮ジャッキは油圧ジャッキ、空気圧ジャッキ又はねじジャッキからなる群から選ばれた何れかのジャッキであることを特徴とする請求項1記載の重量物の位置調整装置。
【請求項3】
  位置調整すべき重量物の水平投影面内の3以上の位置に、ガイドブロックを埋込んだ上下貫通孔にアタッチメントをとり付け、請求項1又は2記載の位置調整装置を用い、前記位置調整装置を前記アタッチメントに結合し、位置調整装置のZ方向伸縮ジャッキの下端を貫通孔を通って下方に延出させ、重量物をZ方向伸縮ジャッキを介して基台上に仮支持し、前記位置調整装置を連係させてX、Y、Z方向に作動させ、重量物のX、Y、Z方向位置の微調整を行うことを特徴とする重量物の位置調整方法。
【請求項4】
  前記重量物は自立式リニアガイドウエイであることを特徴とする請求項3記載の重量物の位置調整方法。
Industrial division
  • Miscellaneous in the transportation category
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close