Top > Search of Japanese Patents > CARBON BASED SINTERED CONTACT STRIP MATERIAL HAVING WEAR RESISTANCE

CARBON BASED SINTERED CONTACT STRIP MATERIAL HAVING WEAR RESISTANCE

Patent code P07A011533
File No. /NO33293
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-237895
Publication number P2004-076098A
Patent number P4198419
Date of filing Aug 19, 2002
Date of publication of application Mar 11, 2004
Date of registration Oct 10, 2008
Inventor
  • (In Japanese)久保 俊一
  • (In Japanese)土屋 広志
  • (In Japanese)池内 実治
  • (In Japanese)半田 和行
  • (In Japanese)野崎 秀彦
  • (In Japanese)寺岡 利雄
  • (In Japanese)大西 吉久
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東洋炭素株式会社
Title CARBON BASED SINTERED CONTACT STRIP MATERIAL HAVING WEAR RESISTANCE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a carbon based sintered contact strip material which has wear resistance, and is fitted to the pantograph of an electric vehicle.
SOLUTION: The carbon based sintered contact strip material having wear resistance is formed of a carbon-copper composite material obtained by mixing carbon powder and copper powder, and compacting and firing the mixture. The d (002) face spacing in carbon by an X-ray diffraction method is 0.35 to 0.345 nm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電気車のパンタグラフに用いられるすり板は金属系材料が使用されていたが、架線の摩耗が著しいことなどにより、より摺動性に優れた炭素系材料に移行しつつある。



これらの炭素系材料は、主に銅などの金属と複合化させることにより、架線の摩耗を低減することの他、すり板自身も摩耗量の少ないものが望まれている。



焼結タイプのすり板は、銅を溶融、黒鉛内に含浸させるいわゆる含浸タイプのすり板に比べ、摩耗量が多くなるといわれており、焼結タイプでのすり板の使用は一部の電車路線に限定されるものであった。



これらを改善するために、例えば、特開平5-287318号公報には、金属粉末、窒化ホウ素粉末、炭素粉末らを混合、成形、焼成してなる炭素系集電摺動材で、窒化ホウ素を0.2~8%混合することにより耐摩耗性が向上するものが開示されている。しかしながら、窒化ホウ素は絶縁材料であり、添加率増加とともに、電気比抵抗値が増加する傾向が見られ、集電性能の低下につながるという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、電気車のパンタグラフに取り付けられる耐摩耗性を有する集電用炭素系焼結すり板材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭素粉末35~50重量部と、銅粉末65~50重量部とを混合、成形後、前記成形したものを1000℃で焼成することにより得られた炭素-銅複合材料によって形成され、
前記炭素-銅複合材料は、X線回折法による炭素のd(002)面間隔が0.35~0.345nmのものであり、
嵩密度が2.7~3.5g/cm3で、曲げ強さが100MPa以上で、電気比抵抗が1.5μΩ・m以下である耐摩耗性を有する炭素系焼結すり板材料。

【請求項2】
 
前記銅粉末が平均粒径1~25μmである請求項1に記載の耐摩耗性を有する炭素系焼結すり板材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close