Top > Search of Japanese Patents > SLIP PREVENTIVE MATERIAL SPRAYING DEVICE

SLIP PREVENTIVE MATERIAL SPRAYING DEVICE

Patent code P07A011561
File No. /NO33309
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-298598
Publication number P2004-130967A
Patent number P4051258
Date of filing Oct 11, 2002
Date of publication of application Apr 30, 2004
Date of registration Dec 7, 2007
Inventor
  • (In Japanese)大野 薫
  • (In Japanese)具嶋 和也
  • (In Japanese)本多 康祐
Applicant
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)(株)テス
Title SLIP PREVENTIVE MATERIAL SPRAYING DEVICE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a slip preventive material spraying device capable of spraying a slip preventive material regardless of pressure in a storage container.

SOLUTION: This slip preventive material spraying device is provided with a slip preventive material storage container 12 storing the slip preventive material, an air introduction pipe 13 provided in the slip preventive material storage container, a compressed air supply pipe 14 supplying compressed air to the air introduction pipe, a blowout hole 15 formed in the air introduction pipe and spraying the compressed air in the slip preventive material storage container, a nozzle part 16 disposed in the air introduction pipe, a mixing tube 17 connected with the air introduction pipe and mixing the slip preventive material and air, a slip preventive material suction hole 18 formed in the mixing tube, a communicating pipe 19 with its one end communicated with the mixing tube and the other end opened in the slip preventive material storage container, a spraying pipe connected with the mixing tube and spraying the slip preventive material with the compressed air, and sprays the slip preventive material.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)例えば、レール上を高速で走行する鉄道車両には、車輪とレールとの間のスリップを防止し、あるいは必要な摩擦力を確保すべく砂等を撒くための装置が種々提案されている。例えば、砂を蓄えた砂箱に砂撒き用の砂撒き管を取付け、この砂撒き管に空気を送る空気管と、砂箱に空気を送る空気管を設け、砂撒き管に圧縮空気を送ることによって砂を押し出して空気とともに砂を砂撒き管に導くとともに、車輪とレールの間に砂を撒く装置(先行特許文献1)が提案されている。
【特許文献1】特開平4-310464号公報(段落0015~0017 図1)
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、鉄道車両の車輪とレールとの間の摩擦係数を確保するために、これらの間へスリップ防止材を散布するスリップ防止材噴射装置に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  スリップ防止材を収納したスリップ防止材収納容器と、前記スリップ防止材収納容器内に設けられた空気導入管と、前記空気導入管に圧縮空気を供給する圧縮空気供給管と、前記空気導入管内に配設されたノズル部と、前記空気導入管と接続され、前記スリップ防止材と空気が混合される混合管と、前記混合管に形成されたスリップ防止材の吸い込み穴と、前記混合管に接続され、スリップ防止材を圧縮空気と共に噴射する噴射管とを備え、前記ノズル部を前記スリップ防止材の吸い込み穴との距離を調整可能に設けてなり、 前記ノズル部は、空気導入管に形成されたねじに螺合しており、前記空気導入管の前記ノズル部を見通せる位置に配設された蓋体を外した開口部から回転させることにより軸線方向への位置が調節可能であることを特徴とするスリップ防止材噴射装置。
【請求項2】
  前記混合管に一端が連通し、他端がスリップ防止材収容容器内に開口した連通管を設けたことを特徴とする請求項1記載のスリップ防止材噴射装置。
【請求項3】
  前記ノズル部は、ロックナットにより軸方向の移動が固定されることを特徴とする請求項1または2に記載のスリップ防止材噴射装置。
【請求項4】
  前記空気導入管は、前記ノズル部と同一軸線上に解放可能な蓋体を有することを特徴とする請求項1~3の何れか1に記載のスリップ防止材噴射装置。
【請求項5】
  前記空気導入管に、前記スリップ防止材収容容器内に圧縮空気を噴出する吹き出し穴が設けられたことを特徴とする請求項1~4の何れか1に記載のスリップ防止材噴射装置。
【請求項6】
  前記スリップ防止材吸い込み穴は、下向きに形成されたことを特徴とする請求項1~5の何れか1に記載のスリップ防止材噴射装置。
【請求項7】
  前記スリップ防止材収納容器は、空気導入管と、空気導入管に形成された吹き出し穴と、空気導入管内に配設されたノズル部と、スリップ防止材と空気が混合される混合管と、混合管に形成されたスリップ防止材吸い込み穴と、前記混合管に一端が連通し、他端がスリップ防止材収容容器内に開口した連通管と、前記混合管に接続され、スリップ防止材を圧縮空気と共に噴射する噴射管とからなるスリップ防止材噴射機構を複数個備え、 それぞれ任意の噴射量に設定可能であることを特徴とする請求項1~6の何れか1に記載のスリップ防止材噴射装置。
Industrial division
  • Railway
  • Miscellaneous in the transportation category
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close