Top > Search of Japanese Patents > TRACTION CONTROLLER FOR VEHICLE

TRACTION CONTROLLER FOR VEHICLE

Patent code P07A011577
File No. /NO30842
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-341248
Publication number P2004-176574A
Patent number P4112955
Date of filing Nov 25, 2002
Date of publication of application Jun 24, 2004
Date of registration Apr 18, 2008
Inventor
  • (In Japanese)村上 浩一
  • (In Japanese)中村 英男
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title TRACTION CONTROLLER FOR VEHICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a traction controller for vehicle capable of easily and securely obtaining a certain driving force (traction force) with respect to vehicle speed.
SOLUTION: The controller is provided with an adhesion coefficient calculating means for obtaining a target adhesion coefficient for a notch demand, and an acceleration calculating means for obtaining an acceleration opening to the target adhesion coefficient based on an acceleration map setting the acceleration opening necessary to obtain the target traction force which is converted into the adhesion coefficient corresponding to the adhesion coefficient and the vehicle speed. The traction force identical to the adhesion coefficient corresponding to the notch demand or a notch signal set at the adhesion coefficient map can be obtained. Therefore, the driver operates the notch demand or the notch signal so that the certain driving force (traction force) can be easily and surely obtained with respect to the vehicle speed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ディーゼル車両における駆動系の一般的なシステム構成として、次のようなものが知られている(例えば、特許文献1参照。)。
この駆動系のシステムは、変速機内のクラッチの接続や開放を行う変速機制御装置、機関の燃料供給量を調節して機関出力の制御を行う燃料制御装置、駆動輪及び非駆動輪の速度検出を行うための速度発電機などから構成される。
ドライバが主幹制御器で操作(入力)したノッチ指令情報は、変速機制御装置に入力され、同制御装置はノッチ指令情報に対応したノッチ信号を燃料制御装置に出力する。燃料制御装置はノッチ信号に対応した燃料供給量を確保するためのアクチュエータ駆動信号を、噴射ポンプに付属するアクチュエータに出力し、機関出力の調節を行う。機関出力は、変速機内のトルクコンバータやギヤトレインによりトルク変換(動力変換)された後、推進軸、減速機を経て駆動軸に伝達される。



このような、駆動系のシステムにおける駆動力の制御では、図10に示すように、主幹制御器からのノッチ指令は変速機制御装置に入力され、同装置はノッチ指令に対応したノッチ信号(例えば、ノッチ指令5Nでノッチ信号のIN1~IN3をHi、IN4をLoの組合せ)を燃料制御装置に出力する。燃料制御装置は、ノッチ信号に対応するアクセル、例えばノッチ指令4Nでアクセル80%に読み替え、このアクセルに対応するアクチュエータ駆動信号を噴射ポンプに出力することによって、ほぼフラットな特性の機関出力が得られる。機関出力は変速機内にあるトルクコンバータに伝達され、トルク変換される。右肩下がりであるトルクコンバータ出力特性が、そのまま引張力特性として表れる。このように、燃料制御装置は、ノッチ指令に対応する固定された5段階のアクセルで機関出力を制御する。このため引張力特性、すなわち駆動力は、機関出力特性とトルクコンバータ出力特性によって決まる。



【特許文献1】
特開平9-324667号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鉄道車両等の車両トラクション制御装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ドライバが操作するノッチ指令またはノッチ指令に対応したノッチ信号および車両速度に基いてアクセル開度を算出して駆動力を制御する車両用トラクション制御装置において、
ノッチ指令またはノッチ信号と車両速度に応じて発揮しようとする駆動力を粘着係数に換算して設定した粘着係数マップに基いて、操作したノッチ指令またはノッチ信号に対する目標の粘着係数を求める粘着係数算出手段と、
着係数に換算した引張力を得るに必要なアクセル開度を粘着係数と車両速度に応じて設定したアクセルマップに基いて、前記求められた目標の粘着係数に対するアクセル開度を求めるアクセル算出手段とを備えたことを特徴とする車両用トラクション制御装置。

【請求項2】
 
スリップ再粘着制御において、駆動輪速度と非駆動輪速度の速度差、並びに駆動輪速度の加減速度の少なくとも一方に基いてスリップ収束と判断した以降、スリップ中に予測した粘着係数からノッチ指令またはノッチ信号に相当する粘着係数まで目標の粘着係数を増加する目標値増加手段により駆動力を制御することを特徴とする請求項1に記載の車両用トラクション制御装置。

【請求項3】
 
前記目標値増加手段は、ドライバが操作するノッチ指令またはノッチ信号と車両速度に応じて設定した粘着係数の増加量および増加時間に基いて目標の粘着係数を増加することを特徴とする請求項2に記載の車両用トラクション制御装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002341248thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close