Top > Search of Japanese Patents > JOINING MATERIAL, PRODUCTION METHOD THEREFOR, STRUCTURE OF TRAFFIC TRANSPORTATION MEANS, AND STRUCTURE OF RAILWAY VEHICLE

JOINING MATERIAL, PRODUCTION METHOD THEREFOR, STRUCTURE OF TRAFFIC TRANSPORTATION MEANS, AND STRUCTURE OF RAILWAY VEHICLE

Patent code P07A011584
File No. /NO33318
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-365377
Publication number P2004-195493A
Patent number P4256152
Date of filing Dec 17, 2002
Date of publication of application Jul 15, 2004
Date of registration Feb 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)森 久史
  • (In Japanese)辻村 太郎
  • (In Japanese)坂本 義雄
  • (In Japanese)喜多川 眞好
  • (In Japanese)道浦 吉貞
  • (In Japanese)前川 恵一
  • (In Japanese)東 健司
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社栗本鐵工所
  • (In Japanese)東 健司
Title JOINING MATERIAL, PRODUCTION METHOD THEREFOR, STRUCTURE OF TRAFFIC TRANSPORTATION MEANS, AND STRUCTURE OF RAILWAY VEHICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a joining material whose lightening can be attained while maintaining its strength and rigidity, to provide a production method therefor, to provide a structure of a traffic transportation means, and to provide a structure of a railway vehicle.
SOLUTION: The joining material 3 is used for a structure of a traffic transportation means such as a railway vehicle. The joining material 3 is a clad plate with a sandwich structure obtained by joining a metal 3a and a metal 3b with an adhesive agent layer 3c. The metal 3a is an alloy bulk material such as an aluminum alloy, a titanium alloy and stainless steel. As the aluminum alloy, the one for elongation is preferable, and a heat treatment type alloy such as a 6,000 series aluminum alloy which has excellent strength and corrosion resistance and can obtain prescribed strength by age hardening is particularly preferable. The metal 3b is a magnesium alloy, and is a magnesium alloy extruded material subjected to extrusion working. As the adhesive agent layer 3c, a powerful adhesive such as an epoxy adhesive is preferable in the case heating treatment is performed after coating.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の鉄道車両では、軽量化を図るために高強度鋼、ステンレス鋼、アルミニウム合金及び繊維強化プラスティック(FRP)が使用されており、特にアルミニウム合金やFRPは、新幹線などの高速車両に使用されている。アルミニウム合金(A6061,AN01)は、押し出し性、中強度、溶接性に優れた軽量金属材料である。FRPは、炭素繊維と高分子とが複合した複合材料であり優れた強度特性を示す。FRPは、強度と剛性が優れているが、アルミニウム合金は中空押し出し材を使用したダブルスキン構体工法(トラス状の構体)によって作成すると優れた剛性を示す。このため、現在の高速車両の構体は、FRPを一体成形して製造するか、中空押し出し材を使用したダブルスキン工法によって製造されている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、第1及び第2の金属を接合した接合材とその製造方法及び交通輸送手段の構体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の金属と第2の金属とを重ね合わせて接合した接合材であって、
前記第1の金属は、アルミニウム合金、チタン合金又はステンレス鋼であり、
前記第2の金属は、マグネシウム合金であり、
前記第1又は前記第2の金属の少なくとも一方は、一対の板状部の間に空隙部を有する軽量構造体であること、
を特徴とする接合材。

【請求項2】
 
請求項1に記載の接合材において、
前記軽量構造体は、発泡構造体又はハニカム構造体であること、
を特徴とする接合材。

【請求項3】
 
請求項1又は請求項2に記載の接合材において、
前記第1の金属と前記第2の金属とが接着されていること、
を特徴とする接合材。

【請求項4】
 
請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載の接合材の製造方法であって、
前記第1の金属と前記第2の金属とを接着する接着工程を含むこと、
を特徴とする接合材の製造方法。

【請求項5】
 
請求項4に記載の接合材の製造方法において、
前記接着工程後に温度40°Cで2時間又は温度60°Cで1時間熱処理する熱処理工程を含むこと、
を特徴とする接合材の製造方法。

【請求項6】
 
請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載の接合材を備える交通輸送手段の構体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002365377thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close