Top > Search of Japanese Patents > JUDGING METHOD AND JUDGING DEVICE FOR STABILITY OF UNDERGROUND STRUCTURE

JUDGING METHOD AND JUDGING DEVICE FOR STABILITY OF UNDERGROUND STRUCTURE

Patent code P07A011640
File No. /NO30669
Posted date Nov 22, 2007
Application number P2001-101472
Publication number P2002-294681A
Patent number P3880327
Date of filing Mar 30, 2001
Date of publication of application Oct 9, 2002
Date of registration Nov 17, 2006
Inventor
  • (In Japanese)坂井 宏行
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title JUDGING METHOD AND JUDGING DEVICE FOR STABILITY OF UNDERGROUND STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To easily judge stability to the infiltration of seawater in an under ground structure such as a submarine tunnel where leak of water including seawater exists.
SOLUTION: Flow of leaking water and concentration of sodium ions are measured through the year to be taken as basic data. When the flow of leaking water is within a range of the basic data, with the concentration of sodium ions deviated from a range of the basic data, it is judged that stability of the under ground structure is deteriorated.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


こんにち、地下水面や海面より低い位置にトンネルやボックスカルバート等の地下構造物を築造することが頻繁に行われ、このような地下構造物では、漏出した水の自然排水ができない場合が多く、このときには地下構造物の水没を避けるため漏出した水を動力を使って地上に人工的に排出することが要求される。この様な地下構造物において、海水による浸食を受けて地下構造物自体の劣化が進行する等して地下構造物の安定度が低下することが想定され、このような安定度の低下をそのまま放置しておくと、大量の海水による浸水につながる惧れがあり、早期の補修が必要となる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、海底トンネル等の地下構造物のように海底や海岸近傍にあって、地下水に海水を含む漏水があるところに築造された地下構造物の安定度の判定方法および判定装置の技術分野に属するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
地下水に海水を含んだ漏水のある地下構造物の安定度を判定するにあたり、漏水中の海水成分の正常時の濃度を測定してこの変化状態を基礎データとして予め求めておき、該基礎データから逸脱した海水成分の濃度が測定された場合に、これを地下構造物の安定度が低下したものと判定するようにしたことを特徴とする地下構造物の安定度の判定方法。

【請求項2】
 
地下水に海水を含んだ漏水のある地下構造物の安定度を判定するにあたり、漏水中の海水成分の正常時の濃度の測定値を基礎データとして記憶するデータ記憶手段、海水成分の濃度を測定する濃度測定手段、該濃度測定手段で測定された海水成分の濃度が前記記憶された基礎データから逸脱したものである場合に、これを地下構造物の安定度が低下したものと判定する安定度判定手段を備えて構成したことを特徴とする地下構造物の安定度の判定装置。

【請求項3】
 
請求項2において、基礎データは、1年を通して測定されたデータであることを特徴とする地下構造物の安定度の判定装置。

【請求項4】
 
請求項2または3において、濃度測定される海水成分は、ナトリウムイオンであることを特徴とする地下構造物の安定度の判定装置。

【請求項5】
 
請求項2、3または4において、基礎データを測定するにあたり、漏水の流量も合わせて測定するものとし、該測定された漏水流量が正常時の漏水流量から逸脱していると判断される場合には、そのとき測定された海水成分の濃度測定値を基礎データには用いないようにしたことを特徴とする地下構造物の安定度の判定装置。

【請求項6】
 
請求項2、3、4または5において、地下構造物の安定度の判定をするにあたり、漏水の流量も合わせて測定するものとし、該測定された漏水流量が正常時の漏水流量から逸脱していると判断される場合には、そのとき測定された海水成分の濃度測定値を地下構造物の安定度の判定をするための測定値には用いないようにしたことを特徴とする地下構造物の安定度の判定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001101472thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close