Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE

METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE

Patent code P07A011652
File No. /NO33173
Posted date Nov 22, 2007
Application number P2001-175423
Publication number P2002-364296A
Patent number P3854098
Date of filing Jun 11, 2001
Date of publication of application Dec 18, 2002
Date of registration Sep 15, 2006
Inventor
  • (In Japanese)矢口 直幸
  • (In Japanese)舘山 勝
  • (In Japanese)小山 幸則
  • (In Japanese)清水 満
  • (In Japanese)藤本 英己
  • (In Japanese)西澤 政晃
  • (In Japanese)花森 一郎
  • (In Japanese)出水 俊介
  • (In Japanese)田村 幸彦
  • (In Japanese)池田 幸雄
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東日本旅客鉄道株式会社
  • (In Japanese)株式会社クラレ
  • (In Japanese)株式会社複合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社大阪防水建設社
Title METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for jointing between sheets for pre-waterproofing of an underground structure, which can be applied to natural ground and a wall, having great unevenness, even in a case of the waterproof sheet which is relatively small in elongation thereof and excellent in resistance to damage caused by a protrusion.
SOLUTION: This method, wherein the waterproof sheets 1 are joined together in such a manner that a waterproof material 2 is applied and infilled between the waterproof sheets 1, satisfies the following conditions: an overlap width of the waterproof sheet 1 is in a range of 5-40 cm; strength of an overlapped part between the waterproof sheets 1, which is coated and filled with the waterproof material 2, is in a range of 5-70% of strength of a waterproof sheet body; and a flow starting temperature of the waterproof material 2 is 30°C or less.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


開削トンネルなどの先防水用シート等の施工時における問題点の1つは、シートを敷設する地山、壁が必ずしも凹凸のない均一な鏡面ではなく、凹凸すなわち不陸大の部位に施工するのがごく一般的であるということである。



図5及び図6はかかる従来の開削トンネルなどの先付防水シートの施工状態を示す図であり、図5はコンクリート打設前の施工状態を示し、図6はそのコンクリート打設後の施工状態を示している。



これらの図において、101は地盤、102は空隙、103は端部が重ね合わされた不織布、104はその不織布103の表面に設けられる塗膜防水層であり、このシート上にコンクリート105が打設されると、図6に示すように、不織布103の端部がずれて、塗膜防水層104がなくなる部位が生じて、そこから地盤101からの水108が通水することになる。107はコンクリート打設後に生じたクラックを示すが、不織布103の端部がずれた箇所106とクラック107の箇所が一致した場合には、そのクラック107が水108の通水路となる。



このように、凹凸のある地山、壁等にシートを敷設した後、コンクリート打設すると、その流体圧でシートに応力が伝播する。一方、敷設シートは、製品幅、長さに制約があるため複数枚のシート同士を重ね合わせ接合(以下、単に接合部と記載)する必要がある。このため、シートへの応力負荷により接合部に目開き、あるいはシート自体の損傷が生じ、目的とする遮水性確保に不都合をきたす。この対応手段としては、防水シート自体の伸びにより受ける応力を回避する方法が考えられ、ごくまれに採用されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、地下構造物先防水用シート間の接合方法に係り、特に、敷設された防水シートに大きな外部応力が加わっても、遮水性の低下を伴うことなく、その応力を吸収する開削トンネルなどの地下構造物先防水用シート間の接合方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
防水シート間に防水材料を塗工、充填して接合し、かつ、前記防水シートの重ね合わせ幅が5乃至40cmの範囲であり、前記防水材料を塗工、充填した防水シート重ね合わせ部強度が防水シート本体強度の5乃至70%であり、前記防水材料の流動開始温度が30℃以下の条件を満足してなることを特徴とする地下構造物先防水用シート間の接合方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の地下構造物先防水用シート間の接合方法において、前記防水シートの少なくとも片面の表層樹脂が、酢酸ビニル含有率50質量%以上、70質量%以下のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂と酢酸ビニル含有率が80質量%以上のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂を、1/5乃至5/1の比率で混合、形成してなることを特徴とする地下構造物先防水用シート間の接合方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001175423thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close