Top > Search of Japanese Patents > WATERPROOFING METHOD FOR BATHOLITHIC PART OF UNDERGROUND STRUCTURE AND STRUCTURE OF BATHOLITHIC PART

WATERPROOFING METHOD FOR BATHOLITHIC PART OF UNDERGROUND STRUCTURE AND STRUCTURE OF BATHOLITHIC PART meetings

Patent code P07A011655
File No. /NO33176
Posted date Nov 22, 2007
Application number P2001-175426
Publication number P2002-364299A
Patent number P3916890
Date of filing Jun 11, 2001
Date of publication of application Dec 18, 2002
Date of registration Feb 16, 2007
Inventor
  • (In Japanese)矢口 直幸
  • (In Japanese)舘山 勝
  • (In Japanese)小山 幸則
  • (In Japanese)清水 満
  • (In Japanese)藤本 英己
  • (In Japanese)西澤 政晃
  • (In Japanese)花森 一郎
  • (In Japanese)出水 俊介
  • (In Japanese)田村 幸彦
  • (In Japanese)池田 幸雄
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東日本旅客鉄道株式会社
  • (In Japanese)株式会社クラレ
  • (In Japanese)株式会社複合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社大阪防水建設社
Title WATERPROOFING METHOD FOR BATHOLITHIC PART OF UNDERGROUND STRUCTURE AND STRUCTURE OF BATHOLITHIC PART meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a waterproofing method for a batholithic part of an underground structure and a structure of the batholithic part, which make a waterproof sheet resistant to damage even in a disorderly working process and allow the waterproof sheet to be laid on a batholithic layer composed of cobblestones, etc., so as to enable direct placing of leveling concrete, by using the waterproof sheet reinforced with a fabric composed of synthetic fibers.
SOLUTION: The waterproof sheet satisfies the following conditions: at least one layer is composed of the synthetic fiber fabric; (a) tensile strength is in a range of 10-50 kN/m; (b) a synthetic fiber yarn constituting the synthetic fiber fabric has a fineness of 200-1,100 dtex; and (c) the number of the picked synthetic fiber yarns per inch is in a range of 10-30 per inch. The waterproof sheet is laid on the batholithic part of the underground structure, and the leveling concrete is placed directly on the laid waterproof sheet.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


本来、例えば開削トンネル底盤部の防水処理方法としては、栗石、砂等からなる底部地盤層に、直接防水シートを敷設し、均しコンクリートを打設施工することが施工工程面、施工コスト面から好ましい。



しかし、従来は、開削トンネル先防水工法等による地下構造物・底盤部の防水処理方法は、以下に示すような工法により行われていた。



図2はかかる従来の開削トンネル底盤部防水処理方法の説明図である。



この図において、101はソイルセメント壁、102は栗石(砕石)、103はその目潰し(砂)、104は約10cmの均しコンクリート、105は底部防水シート、106は約3cmの保護モルタル、107はシーリング部、108は側壁シートである。



図2に示すように、従来の底盤部防水処理方法では、約10cm厚さの均しコンクリート104を打設した後に、底部防水シート105を敷設し、その上に約3cmの保護モルタル106を打設し、ソイルセメント壁101には側壁シート108を配置してシーリングした後、さらにその上部に鉄筋を組んで、コンクリート躯体を打設するという、複雑な工程による施工方法が採用されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、開削トンネル等、地下構造物の底盤部位に対する簡略な防水施工処理方法に係り、特に、防水シートを栗石等からなる底部に敷設し、その上に均しコンクリートを直接打設する地下構造物底盤部防水処理方法及び地下構造物底盤部構造物に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくとも一層が合成繊維製布帛からなり、かつ、
(a)引張り強さが10kN乃至50kN/mであり、
(b)前記合成繊維製布帛を構成する合成繊維糸の繊度が200乃至1100dtexであり、
(c)前記合成繊維製布帛を構成する合成繊維糸の打ち込み密度が、10乃至30本/インチである条件を満足してなる防水シートを地下構造物底盤部に敷設し、
(d)更に、前記地下構造物底盤部に敷設した、前記防水シート上に直接打設される均しコンクリートを有する防水シートを均しコンクリートの上面より出るように採寸、敷設し、壁側とシーリングするように、前記防水シート上に直接均しコンクリートを打設することを特徴とする地下構造物底盤部防水処理方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の地下構造物底盤部防水処理方法において、前記防水シートの少なくとも片面の表層樹脂が、酢酸ビニル80乃至99質量%のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂(A)および酢酸ビニル含有量50乃至75質量%のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂(B)からなり、その配合比(質量比)A/Bが0.2乃至5であることを特徴とする地下構造物底盤部防水処理方法。

【請求項3】
 
栗石の表面部に目潰し砂を敷いた地下構造物底盤部に、少なくとも一層が合成繊維製布帛からなり、かつ、引張り強さが10kN乃至50kN/mであり、前記合成繊維製布帛を構成する合成繊維糸の繊度が200乃至1100dtexであり、前記合成繊維製布帛を構成する合成繊維糸の打ち込み密度が、10乃至30本/インチである条件を満足してなる防水シートを敷設し、更に、前記防水シート上に直接打設される均しコンクリートを有することを特徴とする地下構造物底盤部構造物。

【請求項4】
 
請求項3記載の地下構造物底盤部構造物において、側壁上には防水側壁シートを配置し、該防水側壁シートの先端と前記防水シートの先端とをシーリングすることを特徴とする地下構造物底盤部構造物。

【請求項5】
 
請求項3記載の地下構造物底盤部構造物において、前記防水シートの少なくとも片面の表層樹脂が、酢酸ビニル80乃至99質量%のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂(A)および酢酸ビニル含有量50乃至75質量%のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂(B)からなり、その配合比(質量比)A/Bが0.2乃至5であることを特徴とする地下構造物底盤部構造物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001175426thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close