Top > Search of Japanese Patents > DIAGRAM DATA EDITING INFORMATION ON EXECUTION TRAIN DIAGRAM MAKING, STORAGE MEDIUM AND DIAGRAM DATA EDITOR

DIAGRAM DATA EDITING INFORMATION ON EXECUTION TRAIN DIAGRAM MAKING, STORAGE MEDIUM AND DIAGRAM DATA EDITOR

Patent code P07A011660
File No. /NO33179
Posted date Nov 22, 2007
Application number P2001-194822
Publication number P2003-002203A
Patent number P4585150
Date of filing Jun 27, 2001
Date of publication of application Jan 8, 2003
Date of registration Sep 10, 2010
Inventor
  • (In Japanese)大川 水澄
  • (In Japanese)池田 宏
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社ニューメディア総研
Title DIAGRAM DATA EDITING INFORMATION ON EXECUTION TRAIN DIAGRAM MAKING, STORAGE MEDIUM AND DIAGRAM DATA EDITOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently edit diagram data by collecting up the diagram data on plural enforcement days in a common time base.
SOLUTION: The diagram data on the designated plural enforcement days are acquired to determine whether or not the same train exists in the whole train information registered in the diagram data. When the same train exists in the whole train information, the train is collectively regarded as one train, train stripes are integrated, and an editing diagram chart is displayed on a display device 400. Addition of a new train and a change in train information on an existing train are edited according to editing operation to the editing diagram chart, the whole train information for constituting the changed train stripes are collectively changed, and train information on an added train stripe is collectively added to the train information on the whole enforcement days.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


列車ダイヤには、基本ダイヤと実施ダイヤの2種類がある。基本ダイヤは、平日ダイヤ及び休日ダイヤから成り、ダイヤ改正の際などにおいて計画されて作成される運転・運休ダイヤである。また、基本ダイヤには、季節列車等の予め計画可能な臨時列車が、施行日を未定にして計画される。これに対して、実施ダイヤは、実際に運行されるダイヤであり、臨時列車や、試験列車等が含まれる。実際に、鉄道のダイヤは日々変更されるため、日毎に列車ダイヤを作成するとともに、変更ダイヤを列車の運行に関連する全ての駅などに伝達しなければならない。また、基本ダイヤを基にして実施ダイヤを作成するにあたっては、例えば、臨時列車を走らせるために生じる他の列車の発着時刻等の変更作業や、乗務員の手配等、様々な工程が必要になる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ダイヤデータに対する列車情報の追加或いはダイヤデータを構成する列車情報の変更等を行うダイヤデータ編集装置等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンピュータが、ダイヤデータ群を記憶する外部システムとデータ通信を行ってダイヤデータ群を取得するとともに、表示装置にダイヤデータをグラフ表示するように当該コンピュータを機能させるためのダイヤデータ編集プログラムであって、
前記コンピュータを、
所望の複数施行日を入力する入力手段、
前記入力手段により入力された複数施行日に係るダイヤデータ群を前記外部システムから取得する取得手段、
前記取得手段により取得された複数施行日のダイヤデータ群に含まれる複数の列車情報それぞれについて、同一列車が存在するか否かを判定する判定手段、
前記複数施行日のダイヤデータ群に含まれる複数の列車情報を共通の時間軸上に重畳的にグラフ表示するとともに、少なくとも、前記判定手段により同一列車が存在すると判定された列車情報を、他の列車情報と識別可能に前記表示装置に表示させる表示手段、
として機能させるためのダイヤデータ編集プログラム

【請求項2】
 
請求項1記載のダイヤデータ編集プログラムであって、
前記表示手段、少なくとも運休列車に係る列車情報の表示/非表示を切り替え可能なことを特徴とするダイヤデータ編集プログラム

【請求項3】
 
請求項1または2に記載のダイヤデータ編集プログラムであって、
更に前記コンピュータを、
前記複数の列車情報の中から選択された列車情報を、運転列車或いは運休列車に変更する変更手段として機能させることを特徴とするダイヤデータ編集プログラム

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか記載のダイヤデータ編集プログラムであって、
更に前記コンピュータを、
前記判定手段により同一列車であると判定された列車情報複数を、仮想的な1つの列車情報として取り扱う取扱手段として機能させることを特徴とするダイヤデータ編集プログラム

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか記載のダイヤデータ編集プログラムであって、
更に前記コンピュータを、
前記複数施行日全てに係る列車情報ではあるが、仮想的な1つの列車情報として取り扱われる新規列車情報を追加する追加手段として機能させることを特徴とするダイヤデータ編集プログラム

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか記載のダイヤデータ編集プログラムであって、
更に前記コンピュータを、
前記複数の列車情報の中から選択された列車情報を、関連づける関連付け手段として機能させることを特徴とするダイヤデータ編集プログラム

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか記載のダイヤデータ編集プログラムを記憶する記憶媒体。

【請求項8】
 
ダイヤデータ群を記憶する外部システムとデータ通信を行ってダイヤデータ群を取得するとともに、表示装置にダイヤデータをグラフ表示するダイヤデータ編集装置であって、
所望の複数施行日を入力する入力手段と、
前記入力手段により入力された複数施行日に係るダイヤデータ群を前記外部システムから取得する取得手段と、
前記取得手段により取得された複数施行日のダイヤデータ群に含まれる複数の列車情報それぞれについて、同一列車が存在するか否かを判定する判定手段と、
前記複数施行日のダイヤデータ群に含まれる複数の列車情報を共通の時間軸上に重畳的にグラフ表示するとともに、少なくとも、前記判定手段により同一列車が存在すると判定された列車情報を、他の列車情報と識別可能に前記表示装置に表示させる表示手段と、
を備えるダイヤデータ編集装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001194822thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close