Top > Search of Japanese Patents > SUSPENSION DEVICE FOR TROLLEY WIRE

SUSPENSION DEVICE FOR TROLLEY WIRE

Patent code P07A011678
File No. /NO33201
Posted date Nov 22, 2007
Application number P2001-256674
Publication number P2003-080976A
Patent number P4333939
Date of filing Aug 27, 2001
Date of publication of application Mar 19, 2003
Date of registration Jul 3, 2009
Inventor
  • (In Japanese)リチャード・ウィルダ
  • (In Japanese)ジェイ・デビッド・カールソン
  • (In Japanese)山川 盛実
  • (In Japanese)清水 政利
  • (In Japanese)島田 健夫三
  • (In Japanese)岩間 祐一
  • (In Japanese)飯国 元久
Applicant
  • (In Japanese)ロード・コーポレーション
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)三和テッキ(株)
Title SUSPENSION DEVICE FOR TROLLEY WIRE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a suspension device for a trolley wire with a damper function free from frequent maintenance, inspection and member replacement, easily manufacturable and relatively inexpensively obtainable.

SOLUTION: The suspension device 1 for a trolley wire T has a cylindrical nonmagnetic casing 5 with one end coupled to a catenary line M and the other end provided with an opening 5d. A cylindrical housing 6 is disposed in the casing 5. The housing 6 consists of a magnetic substance and has longitudinal slots 6a, which enable it to contract radially. A piston 7 is relatively axially movably inserted in the housing 6 and urged upward by a spring 8. A rod part 7b is extended outward through the opening 5d and then coupled to the trolley wire T. The piston 7 has a magnetically attractive part 7a excited by permanent magnets 7c to magnetically attract an inner circumference of the housing 6. The magnetically attractive part 7a contracts the housing 6 to hold the piston 7 and thus damp a relative movement between the piston 7 and the housing 6.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)電車線における吊架方式架線構造では、吊架線から垂下したハンガイヤと称される吊架装置により、電車のパンタグラフが摺動するトロリ線を吊り持ちする。吊架装置は、所定の間隔、例えば4.5mおきに設けられ、これにより、トロリ線をレールにほぼ平行になるように吊っている。このような架線システムにおいては、パンタグラフ通過時のトロリ線の振動がトロリ線とパンタグラフとの間の離線発生の原因となる。トロリ線の振動を抑制することは、トロリ線とパンタグラフ間の離線の低減、電車の集電性能向上に寄与し、またトロリ線の波状摩耗の発生防止にも効果があることが知られている。特に高速運転の場合、トロリ線の振動を抑制することは重要である。従来、摩擦抵抗力とばね圧によるダンパ機能を持つ防振型のトロリ線吊架装置が知られている(特開平6-171402号公報)。この架線構造では、補助吊架線に吊ったシリンダ内に、ピストンとばねとを挿入し、ピストンがばね圧を受けるようにする。ピストンには、シリンダとの摩擦抵抗力による振動吸収機能を持つピストンリングを設ける。そして、このピストンのピストンロッドの下端にトロリ線を結合し、補助吊架線の下方にトロリ線を吊り持つ。
Field of industrial application (In Japanese)電車線の吊架方式架線構造において、吊架線又は補助吊架線の下に、電車のパンタグラフが摺動するトロリ線を吊り持ちするための吊架装置に関し、特にパンタグラフ通過時のトロリ線の振動を吸収するダンパーの機能を持ったトロリ線の吊架装置に係るものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  一端側がトロリ線又はこのトロリ線の上方の吊架線の何れかに連結され、他端側に開口を有する非磁性の筒状ケーシングと、 このケーシング内に、それの縦軸をケーシングの縦軸に一致させて配置され、少なくとも1つの縦方向のスロットを有し、それにより半径方向に収縮可能に構成された磁性体から成る筒状ハウジングと、 このハウジング内に軸線方向に相対移動自在に挿入され、前記ケーシングの他端側の開口を貫通してケーシングの外方へ伸び、外方端が前記吊架線又はトロリ線のうちの前記ケーシングの一端側が連結されない何れかに連結されるロッド部を一端側に備えたピストンと、 前記ハウジング内に配置され、一端が前記ケーシングの一端側に係止され、他端が前記ピストンに係止された圧縮ばねとを具備し、 前記ピストンが、永久磁石によって励磁されて前記ハウジングの内周を磁気吸着させる磁気吸着部を含み、それによってハウジングを収縮させて、ピストンを抱持させ、ピストンとハウジングとの相対移動を制動することを特徴とするトロリ線の吊架装置。
【請求項2】
  前記筒状ケーシングの一端側がハンガを介して前記吊架線に連結され、前記ピストンのロッド部の一端が把持部材を介して前記トロリ線に連結されることを特徴とする請求項1に記載のトロリ線の吊架装置。
【請求項3】
  前記ハウジングが、複数の前記縦方向のスロットによって区画された複数の弾性帯状体を具備し、これら複数の帯状体が、一端側において一体に連繋していることを特徴とする請求項1に記載のトロリ線の吊架装置。
【請求項4】
  前記ピストンが、複数の永久磁石ディスクと、これらの永久磁石ディスクをピストンの軸線方向両側から挟む複数の磁気吸着ディスクとを含むことを特徴とする請求項1に記載のトロリ線の吊架装置。
【請求項5】
  一端側に引手付きのふたを有し、他端側に開口を備えたふたを有する非磁性の筒状ケーシングと、 このケーシング内に、それの縦軸をケーシングの縦軸に一致させて配置され、複数の縦方向のスロットによって区画された複数の帯状体を具備し、それにより半径方向に収縮可能に構成された磁性体から成る筒状ハウジングと、 このハウジング内に軸線方向に相対移動自在に挿入され、前記ケーシングのふたの開口を貫通してケーシングの外方へ伸びるロッド部を一端側に備えたピストンと、 前記ハウジング内に配置され、一端が前記ケーシングの他端側の前記ふたに係止され、他端が前記ピストンに係止された圧縮ばねと、 前記ケーシングの一端側の引手に両端が結合され、中間においてU字状に湾曲し、湾曲部において前記吊架線に掛け止められる帯板状ハンガと、 前記ピストンのロッド部の外方端に一端側が連結され、他端側において前記トロリ線を把持する把持部材と、 を具備し、前記ピストンが、複数の永久磁石ディスクと、これらの永久磁石ディスクをピストンの軸線方向両側から挟む複数の磁気吸着ディスクとを含み、永久磁石ディスクによって励磁された磁気吸着ディスクが、前記ハウジングを収縮させ、前記帯状体でピストンを抱持して、ピストンとハウジングとの相対移動を制動することを特徴とするトロリ線の吊架装置。
【請求項6】
  一端側がトロリ線又はこのトロリ線の上方の吊架線の何れかに連結され、他端側に開口を有する非磁性の筒状ケーシングと、 このケーシングの内側に、それの縦軸をケーシングの縦軸に一致させて配置され、ケーシングの半径方向に収縮可能に構成された磁性体から成るハウジングと、 このハウジング内に軸線方向に相対移動自在に挿入され、前記ケーシングの他端側の開口を貫通してケーシングの外方へ伸び、外方端が前記吊架線又はトロリ線のうちの前記ケーシングの一端側が連結されない何れかに連結されるロッド部を一端側に備えたピストンと、 前記ハウジングの内側に配置され、一端が前記ケーシングの一端側に係止され、他端が前記ピストンに係止された圧縮ばねとを具備し、 前記ハウジングが、前記ピストンを囲むように相互間隔を置いて配置された複数の独立した帯状体から成り、 前記ピストンが、永久磁石によって励磁されて前記帯状体の内側面を磁気吸着させる磁気吸着部を含み、それによって帯状体にピストンを抱持させ、ピストンと前記ハウジングとの相対移動を制動することを特徴とするトロリ線の吊架装置。
【請求項7】
  前記帯状体が、前記ケーシングの内側においてケーシングの半径方向に移動自在に設けられることを特徴とする請求項6に記載のトロリ線の吊架装置。
Industrial division
  • Electric power application
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close