Top > Search of Japanese Patents > DISC BRAKE DEVICE

DISC BRAKE DEVICE

Patent code P07A011709
File No. /NO33210
Posted date Nov 22, 2007
Application number P2001-325934
Publication number P2003-130102A
Patent number P3875062
Date of filing Oct 24, 2001
Date of publication of application May 8, 2003
Date of registration Nov 2, 2006
Inventor
  • (In Japanese)松岡 孝一
  • (In Japanese)佐藤 潔
  • (In Japanese)奥 保政
  • (In Japanese)井上 浩樹
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)川崎重工業株式会社
  • (In Japanese)川重車両エンジニアリング株式会社
Title DISC BRAKE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a disc brake device equipped with a divided type brake disc, which is simple in structure, capable of reducing the weight, high in alignment precision, capable of absorbing the thermal expansion of a disc, and saving on the cooling structure.
SOLUTION: Each divided disc 3a is formed so as to be connected integrally by butt jointing via a knock pin 4 at the divided face, and a ring-shaped flange 5 is protruded integrally at the outside circumference of a boss 2. At the side of the boss 2, a circular hole 7 is set, and a centering pin 6 is fitted with clearance. The brake disc is brought into contact with the flange 5, and at this time, a rectangular pin part 6b of the centering pin 6 at the flange 5 side is fitted into a plurality of engaging grooves 9 which extend in the radial direction.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


この種の分割式ブレーキディスクは、図6に示す構造のものが一般的である。すなわち、同図のように、円周方向で等間隔に二分割された一対の半円形状ブレーキディスク51・51が分割面で突き合わせられ連結ピン52を介して接続可能に構成され、車軸等と一体回転するボス55の周囲にリング状フランジ56が一体に突設され、このフランジ56とこれに当接されるブレーキディスク51の内周部側とに一連に貫通する複数の取付孔53・57が穿設され、これらの取付孔53・57にリーマボルト58を嵌挿してナット59により締め付けることによって結合する構造からなっている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、主として鉄道車両用ディスクブレーキ装置に最適なブレーキディスクに関するもので、詳しくは車輪や車軸などと一体回転するボス部に装着される分割式ブレーキディスクに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
円周方向で二分割され、車輪や車軸などと一体回転するボス部に装着される分割式ブレーキディスクを備えたディスクブレーキ装置において、 前記ボス部の周囲に半径方向外方に突出するリング状のフランジを一体に突設し、前記各分割式ブレーキディスクを分割面で突き合わせて接続可能な半円形状の単板構造とし、
前記各ブレーキディスク内周部側の前記フランジとの当接位置に、一定の溝幅で半径方向に延びる係合溝および下記貫通孔および下記開口より口径のやや大きな円形の取付孔をそれぞれ円周方向に間隔をあけて設け、直径方向に延びる角形突起部を円盤部上に一体に備えたセンタリング部材を前記フランジの側面に円形凹部を設けて遊嵌し、前記センタリング部材の角形突起部を前記ディスクの係合溝に長手方向に沿って摺動可能に嵌挿することにより、前記フランジに対し各ブレーキディスクを円周方向で位置決めするとともに、
前記フランジを挟んで前記ブレーキディスクと反対側に、円周方向に二分割した一対の半円環状バックアッププレートを当接し、前記フランジに前記取付孔と一連に貫通孔を設け、さらに前記バックアッププレートの、前記貫通孔の対応位置に開口を設け、前記取付孔に遊嵌されるボルトを前記貫通孔および前記開口に一連に挿通し皿ばね座金や弾性座金等の弾性部材を介在させてナットを螺合して緊締することにより、前記各ブレーキディスクを半径方向への移動を許容して前記フランジに固定することを特徴とするディスクブレーキ装置。

【請求項2】
 
前記各ブレーキディスクに設けた前記各係合溝の内周端側をそれぞれ開放した請求項1に記載のディスクブレーキ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001325934thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close