Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL SWEATING DEVICE

ARTIFICIAL SWEATING DEVICE

Patent code P07A011738
File No. 2050
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-232867
Publication number P2004-068230A
Patent number P3780513
Date of filing Aug 9, 2002
Date of publication of application Mar 4, 2004
Date of registration Mar 17, 2006
Inventor
  • (In Japanese)清水 勝嘉
  • (In Japanese)山田 晃也
  • (In Japanese)加納 喜代継
  • (In Japanese)松岡 武志
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title ARTIFICIAL SWEATING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an artificial sweating device having a simple structure, easily controlling the sweating amount of a pseudo human body.
SOLUTION: This artificial sweating device is constituted by a heating layer installed at an inner layer of the surface of the pseudo human body, a water-holding material arranged at the surface of the pseudo human body, a moisture permeating membrane arranged at further surface over the water-holding material and a water supply-controlling means measuring an evaporating amount from the moisture-permeating membrane based on the amount of water supply to the water-holding material in a state that the water-holding rate and evaporating rate of the water-holding member held in a prescribed temperature is kept in an equilibrium, and controlling the amount of water supply to the water-holding material based on the evaporating amount.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


発汗機能を持つ擬似人体が、衣料分野あるいは空調分野で注目されている。当該擬似人体は、例えば衣料分野では、衣料の断熱性・発汗作用の評価用に使用されており、空調分野では、自動車の室内空調制御の評価用に使用されている。さらに、火災時に着用する防護服の快適性の評価用にも発汗機能を持つ擬似人体は使用されている。



従来の擬似人体には、擬似人体の外部の温度や湿度等を計測する温度センサや湿度センサが備えられている。そして、これらのセンサが計測した温度や湿度から推定される人体の発汗量と同量の汗を擬似人体から発生させるように擬似人体の発汗量が制御されている。



発汗量の制御は、例えば擬似人体内部の温度と湿度を調節して、擬似人体内部の水蒸気の分圧を制御し、擬似人体内部と外部の水蒸気の分圧に差異を持たせることで行われている。例えば擬似人体内部の水蒸気の分圧を外部よりも高くすればするほど、擬似人体内部から水蒸気が汗として擬似人体の表面に放散する量が多くなる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は人工発汗装置に関し、特に、簡単に発汗量を計量制御することができる人工発汗装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
擬似人体表面内層に備えた加熱層と、上記擬似人体の表面に配置した保水材と、
上記保水材の更に表面に配設した透湿膜とを備えた人工発汗装置において、
所定温度に保持された保水材の保水率と蒸発率とが平衡に保たれた状態において、上記保水材への給水量が、上記透湿膜からの蒸発量と同じ量となる給水制御手段を備えたことを特徴とする人工発汗装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002232867thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close