Top > Search of Japanese Patents > DIVING APPARATUS FOR POLLUTED WATER AREA

DIVING APPARATUS FOR POLLUTED WATER AREA

Patent code P07A011739
File No. 2035
Posted date Nov 16, 2007
Application number P2002-239553
Publication number P2004-074956A
Patent number P3716306
Date of filing Aug 20, 2002
Date of publication of application Mar 11, 2004
Date of registration Sep 9, 2005
Inventor
  • (In Japanese)橋本 昭夫
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title DIVING APPARATUS FOR POLLUTED WATER AREA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a self-contained underwater breathing apparatus for a polluted water area for lowering an operation cost and ensuring mobility in the water and to shut off a shift of environmental water to a gas phase side in a contact face part between the gas phase and liquid phase of the underwater breathing apparatus.
SOLUTION: A watertight diving suit 12 watertightly covering a skin surface of a diver for shutting off contact between the environmental water and the diver and a self-contained underwater breathing apparatus 15 carried by the diver in the water for allowing the diver to move independently and breathe in a closed respiration circuit of are used, and in at least one of the diving suit 12 and the underwater breathing apparatus 15 or a continuous part spatially continuing to a hood or a face mask, exhaust valves 14 and 17 discharging air to the environmental water are arranged. In exhaust valves 14 and 17, air is discharged to the environmental water via a span bond non-woven fabric 18 having air permeability and no water permeability.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


図1は、従来の汚染水域用潜水具の使用状態の全体を示す図である。
これまでに知られている汚染水域用潜水具としては、図1に示すように水中で作業するダイバーへの呼吸ガスが、水上に設置したガスカードル9やあるいはコンプレッサーから供給される他給気式のものしか存在しない。



ガスカードル9に貯蔵されている高圧ガスは、給気コントロールパネル1で調圧され、アンビリカル3の給気ホース4を介してダイバーに供給される。
ここで、アンビリカル3とは、給気ホース4、排気ホース5、通信ケーブル6及び深度計ホース7をひとまとめにしたものである。また、ガスカードル9とは、ダイバーの呼吸ガスを高圧状態で貯蔵しておく高圧容器の集合体である。参照符号2は排気コントロールパネルである。



このような汚染水域用潜水具では、装備が大がかりになり、価格も高価で、運用要員も多数を必要とするので運用コストもかかるという欠点がある。更に、他給気式潜水具では、ダイバーが水面からのアンビリカル3と接続されているため、水中での機動性に制限がある。



このため、他給気式汚染水域用潜水具を運用する場合は、費用がかさむと共に、ダイバーの水中での行動範囲が制限されることとなる。



また、水中での急激な環境圧の変化に伴う容積の膨張収縮という気体の性質のため、潜水具には必ず排気弁が取り付けられているが、従来の排気弁では、気相と液相の接触面となる弁からの環境水の潜水具内への漏水を完全に遮断することが不可能である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、汚染水域で安全に潜水作業を行うための汚染水域用潜水具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 環境水とダイバーとの接触を遮断するためにダイバーの皮膚表面を水密的に覆う水密性潜水服と、ダイバーが水中において身につけて独立して移動でき、ダイバーに対し閉鎖呼吸回路内での呼吸を許容する自給式潜水器を用い、前記潜水服又は潜水器の少なくともいずれか一方若しくはそれらの連続部分に、環境水への排気を行なう排気弁を設け、該排気弁は、環境水への排気を通気性はあるが通水性のないスパンボンド不織布を通して行う構造としたことを特徴とする汚染水域用潜水具。
【請求項2】
 前記排気弁は、排気口内に挿入保持された厚手のスパンボンド不織布と、排気口の内周螺子部に排気口の外部から螺回操作自在として螺挿され、該螺回操作により多孔板面によってスパンボンド不織布を圧縮自在とした開圧調整ネジ具とを有していることを特徴とする請求項1に記載の汚染水域用潜水具。
【請求項3】
 前記呼吸回路内には、不測の事態により呼吸回路内に浸入した環境水を遮断するように、スパンボンド不織布が設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載の汚染水域用潜水具。
【請求項4】
 前記呼吸回路内には炭酸ガス吸収装置が設けられ、該炭酸ガス吸収装置は、炭酸ガス吸収剤が付着され、円筒形に成形されたスパンボンド不織布をフィルターとして用い、その外周側から呼気側ガスが導入され、内周側から吸気側にガスが移動する構成になることを特徴とする請求項1、2又は3に記載の汚染水域用潜水具。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002239553thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close