Top > Search of Japanese Patents > VIBRATION CONTROL BED FOR LADDER TRACK

VIBRATION CONTROL BED FOR LADDER TRACK

Patent code P07A011789
File No. /NO33035
Posted date Nov 30, 2007
Application number P2000-032747
Publication number P2001-220702A
Patent number P3818490
Date of filing Feb 4, 2000
Date of publication of application Aug 17, 2001
Date of registration Jun 23, 2006
Inventor
  • (In Japanese)涌井 一
  • (In Japanese)松本 信之
  • (In Japanese)奥田 広之
  • (In Japanese)浅沼 潔
  • (In Japanese)玉川 輝久
  • (In Japanese)島崎 俊也
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)昭和電線ケーブルシステム株式会社
Title VIBRATION CONTROL BED FOR LADDER TRACK
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To flexibly deform in the direction (an arrow X) of applying expansion force of a roadway to follow displacement due to thermal expansion and shrinkage of rails, to lessen load on a vibration control bed itself and a sleeper longitudinal beam, and to apply designated elastic force of a rubber-like elastic body in the direction (an arrow Y) intersecting perpendicularly to the advancing direction of a vehicle.
SOLUTION: A lower block 10 has a groove parallel to the longitudinal direction (X) of rails of the roadway. An upper block 11 is accommodated in the groove of the lower block 10. The rubber-like elastic body 12 fills a void between the inner wall of the groove of the lower block 10 and the outer wall of the upper block 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


コンクリート路盤の上にラダー軌道用防振台を敷設する場合には、従来、次のような工法が採用されている。
図2は従来の工法を説明する図で、(a)はコンクリート路盤上のフローティング・ラダー軌道の分解斜視図、(b)は防振台のゴムパッド部分の変形時の平面図、(c)は(a)や(b)とは別の構造の防振台の断面図である。
図2(a)に示すように、マクラギ1は、レール2の長手方向に平行な板状のマクラギ本体3を鋼管製継材4で連結した梯子状をしている。このマクラギ1は、図示しないコンクリート路盤の上に防振台5で浮かせて据えつけられる。多数の防振台5が、コンクリート路盤上でこのマクラギ1を支える。



防振台5は、図2(b)の円柱状のゴムパッドを備え、ゴム弾性により水平方向の応力に対して容易に変形するようになっている。車両の加減速動作によって進行方向即ちX方向に応力が加わると、ゴムパッドが図のように変形する。また、車両が横揺れすると図のY方向に同様に変形する。このため、X方向およびY方向の変位を量を制限するのに、別途ストッパーが必要になる。
図2(c)の構造の防振台の場合は、車両の加減速動作によって進行方向即ち図の(a)のX方向に応力が加わると、防振台5のゴム部分6が変形して振動を吸収する。ゴム部分6以外は金属から成り、適度に変位量を制限する。車両が横揺れした場合も同様に機能する。これにより、マクラギ1上を車両が通過するときの振動や衝撃を緩和して騒音を防止することができる。これらの工法は、高架や地下鉄等において、バラストを必要としない工法として広く採用されている。



ところで、本発明者等がフローティング・ラダー軌道の線路方向拘束解析を行った結果、フローティング・ラダー軌道においては、防振装置の線路方向ばね定数を小さくすることによって防振装置およびマクラギ(縦梁)に対する負荷を軽減できることを見い出した。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、コンクリート路盤や鋼桁上を走行する鉄道の騒音防止等のために利用されるラダー軌道用防振台に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 コンクリート路盤とラダー軌道との間に介設されるラダー軌道用防振台において、前記ラダー軌道の長手方向に平行な溝を持つ下ブロックと、上面に取り付け孔を有し、前記下ブロックの溝に全部または一部を収容した上ブロックと、少なくとも前記下ブロックの溝内壁と前記上ブロックの外壁との間に存在する空隙を満たすように配置されたゴム状弾性体から成る防振本体と、
前記下ブロックの側板内壁であって、前記上ブロックの側板外壁と対向しない部分に、ゴム状弾性体が所定の厚さだけ覆うようにして設けられたゴム壁とを備えたことを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項2】
 請求項1に記載のラダー軌道用防振台において、
下ブロックは、下板とこの下板の側縁から上方に立ち上がる側板とを有する断面コの字形の部材から成り、
上ブロックは、上板とこの上板の側縁から下方に下がる側板とを有する断面コの字形の部材から成り、
ゴム状弾性体は、少なくとも前記上ブロックの側板外壁と前記下ブロックの側板内壁の間を満たすことを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項3】
 請求項2に記載のラダー軌道用防振台において、
ゴム状弾性体は、前記上ブロックの上板下壁と前記下ブロックの下板上壁の間を満たすことを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項4】
 請求項2に記載のラダー軌道用防振台において、
前記下ブロックの側板内壁であって、前記上ブロックの側板外壁と対向しない部分を所定の厚さだけ覆うように、ゴム壁が形成されていることを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項5】
 請求項1に記載のラダー軌道用防振台において、
下ブロックは、ラダー軌道のレールの長手方向に平行な複数の溝を持ち、
上ブロックは、前記下ブロックの溝に収容した脚部を備え、
前記下ブロックの溝内壁と前記上ブロックの脚部外壁との間に存在する空隙を満たすようにゴム状弾性体が配置されていることを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項6】
 請求項1に記載のラダー軌道用防振台において、
下ブロックの溝内壁と上ブロックの外壁との間に存在する空隙を満たすように配置されたゴム状弾性体の下ブロックの溝内壁に接する面のうち、垂直面に平行な面は、下ブロックの溝内壁と非接着とされ、他の面は下ブロックの溝内壁に接着されていることを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項7】
 請求項6に記載のラダー軌道用防振台において、
ゴム状弾性体の下ブロックの溝内壁と非接着とされた部分には、下ブロックの溝内壁との間に滑材が挟み込まれていることを特徴とするラダー軌道用防振台。
【請求項8】
 請求項1または6に記載のラダー軌道用防振台において、
下ブロックの溝内壁と上ブロックの外壁との間に存在する空隙を満たすように配置されたゴム状弾性体中に、ラダー軌道の長手方向に平行な面を持つスペーサ板を埋設したことを特徴とするラダー軌道用防振台。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000032747thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close