Top > Search of Japanese Patents > VEHICULAR VENTILATOR

VEHICULAR VENTILATOR

Patent code P07A011795
File No. /NO33041
Posted date Nov 30, 2007
Application number P2000-044732
Publication number P2001-233207A
Patent number P4316764
Date of filing Feb 22, 2000
Date of publication of application Aug 28, 2001
Date of registration May 29, 2009
Inventor
  • (In Japanese)山城 秀夫
  • (In Japanese)坂中 哲
  • (In Japanese)杉本 直
  • (In Japanese)山口 修利
  • (In Japanese)吉村 正文
  • (In Japanese)田川 直人
Applicant
  • (In Japanese)川崎重工業(株)
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)東海旅客鉄道(株)
Title VEHICULAR VENTILATOR
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To adjust air supply-exhaust quantity by the flow rate difference by measuring an air supply flow rate and an air exhaust flow rate having smaller fluctuation compared to a change in a car inside pressure measured value and to reduce an excessive load to a car inside air conditioner by maintaining a car inside environment in a comfortable state by restraining a car inside pressure change while securing a required ventilating quantity by restraining the excessive introduction of outside air.

SOLUTION: This ventilator of a high speed vehicle is provided with means 2b, 3b and a controller 4a for measuring the air supply flow rate and the air exhaust flow rate to estimate an air supply-exhaust flow rate difference to control opening of an air supply flow regulating valve 2a and an air exhaust flow regulating valve 3a so that the air supply-exhaust flow rate difference becomes within a preset air supply-exhaust flow rate difference. When controlling both the air supply flow regulating valve and the air exhaust flow regulating valve on condition of being closed, a means or a timer is arranged for detecting car inside-outside pressure difference. When the car inside-outside pressure difference become within a preset value capable of air supply and exhaust or after a preset time passes from air supply-exhaust valve closing time, the air supply flow regulating valve and the air exhaust flow regulating valve are controlled so as to open.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)列車が高速でトンネルに突入する時やトンネルから脱出する時、あるいは対向車両とすれ違う時には急激な外気圧力の変動が生じ、これに応答して車内圧力も変動することになる。このような場合を考慮し、積極的な車内圧力制御手段を有していない場合には、耳つんと呼ばれる生理的不快感を生じることになる。従来の鉄道車両用換気装置は、図7に示すように、車内と車外を連通する給気通風管と排気通風管及び給気取り込みのための手段(一般には送風機または走行風圧等を利用)と排気取り込みの手段(一般には送風機または車内外差圧等を利用)で構成されているが、車内圧力を積極的に制御する手段を有しないか、もしくは図8に示すように、給気流量及び排気流量を調整する流量調整弁2a,3aを給気通風管、排気通風管にそれぞれ備えるとともに、車内圧力計測器で計測した車内圧力または車内圧変化率に比例して給気流量調整弁2a、排気流量調整弁3aを作動させ、車内圧力または車内圧力変化率を制御するものであった。その一例が特開平6-144221号公報に記載されている。
Field of industrial application (In Japanese)本発明は高速鉄道車両用換気装置に適用される車両用換気制御装置に関するものであり、比較的単純な制御手段により、必要な換気量を確保しつつ給排気量を適度に調整して、急激な内外圧力差の変動に関わらず車内圧力変化を許容範囲に抑制し、車内環境を快適な状態に維持し、かつ給気過剰による車内空調装置への過剰負荷を回避することができるものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  車内と車外を連通する給気通風管と給気流量調整弁、及び排気通風管と排気流量調整弁を備えた換気装置において、 給気流量と排気流量を計測する手段と、給排気流量差を推定し、それが設定した給排気流量差以内になるように給気流量調整弁、排気流量調整弁の開度を制御する制御器を設けており、 車内外圧力差を検知する手段を設けており、上記制御器が、上記給気流量調整弁と上記排気流量調整弁がともに閉鎖した場合には、上記車内外圧力差が給排気の可能な設定値以内になれば給気流量調整弁と排気流量調整弁を開制御する機能を有し、 給気流量が設定値以上に過剰に流れないように給気流量調整弁を制御する機能を上記制御器が有することを特徴とする車両用換気制御装置。
【請求項2】
  車内と車外を連通する給気通風管と給気流量調整弁、及び排気通風管と排気流量調整弁を備えた換気装置において、 給気流量と排気流量を計測する手段と、給排気流量差を推定し、それが設定した給排気流量差以内になるように給気流量調整弁、排気流量調整弁の開度を制御する制御器を設けており、 上記給気流量調整弁と上記排気流量調整弁がともに閉鎖した場合には、給気流量調整弁と排気流量調整弁がともに閉鎖した状態から設定時間経過後に給気流量調整弁と排気流量調整弁を開制御するタイマーを上記制御器に設けており、 給気流量が設定値以上に過剰に流れないように給気流量調整弁を制御する機能を上記制御器が有することを特徴とする車両用換気制御装置。
Industrial division
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close