Top > Search of Japanese Patents > TUNNEL BUFFER WORK

TUNNEL BUFFER WORK

Patent code P07A011798
File No. /NO33043
Posted date Nov 30, 2007
Application number P2000-055520
Publication number P2001-248390A
Patent number P4243746
Date of filing Mar 1, 2000
Date of publication of application Sep 14, 2001
Date of registration Jan 16, 2009
Inventor
  • (In Japanese)中西 正利
  • (In Japanese)高橋 亮一
  • (In Japanese)菊地 勝浩
  • (In Japanese)田中 靖幸
Applicant
  • (In Japanese)西日本旅客鉄道(株)
  • (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所
Title TUNNEL BUFFER WORK
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce the both pressure fluctuations of a tunnel retreating wave and a tunnel microbarometric wave by specifying the shape of an opening 6 part of tunnel buffer works 5.

SOLUTION: In the tunnel buffer works 5 comprising a tunnel-shaped lining body 2 and the rectangular opening 6 provided in the lining body 2, one side of the opening 6 is faced to the opening side end face 5a of the buffer works 5. This constitution eliminates the vertical one side of the opening part 6 so as to eliminate the generation of the pressure fluctuation. Though one vertical side of the opening 6 remains in the other side, the frequency of the pressure fluctuation can be reduced. This reduction of the pressure fluctuation can reduce the frequencies of oscillating the fittings of adjacent houses, reduce the vibration amplitude of the fittings, and mitigate the rattling of the fittings. The rectangular opening can also reduce the tunnel microbarometric wave.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)列車がトンネルへ突入すると、トンネル内の空気が圧縮され、その圧力が圧縮波としてトンネル入口から出口側へと伝播し、トンネル出口から微気圧波と呼ばれる空気圧が放出される。トンネル微気圧波の大きさは、列車がトンネルに突入する速度が高いほど大きく、トンネル出口におけるトンネル内の圧縮波の圧力勾配による。トンネル微気圧波が大きいとトンネル出口で衝撃音が発生したり、トンネル出口近くの家屋の建具が振動するなどの環境問題が生じうる。そこで、トンネル微気圧波を低減するために、特公昭55-31274号公報に開示された技術のように、トンネル入口にトンネル緩衝工が設置される。トンネル緩衝工は、列車が突入する時にトンネル内に発生する圧縮波の圧力勾配を緩和してトンネル微気圧波を低減するものである。図3は、従来のトンネル緩衝工1の一例を示すものである。このトンネル緩衝工1は、トンネル本坑よりも大きい断面積を有するトンネル状の覆体2を有し、覆体2の下り側の側面に開口部3が設けられている。トンネル緩衝工1は、覆体2の長さが長いほどトンネル微気圧波の低減効果が高くなることが明らかになっている。尚、開口部3の面積、数、位置によってもトンネル緩衝工の効果が異なり、従来はトンネル微気圧波のピークの圧力値が最小になるように開口部3を設けていた。開口部3の位置は、覆体2の側面の前後方向のほぼ中央に設けるのが通常であった。また最近では、列車の高速化に伴ってトンネル緩衝工1を長くすることが行われ、開口部3の数も多くなる傾向があった。例えば、山陽新幹線の一つのトンネル(全長11747m)の場合、トンネルの西口(博多駅)側に設けた緩衝工1の長さを35.76mから48.16mに延長し、開口部3の数を四つにして列車の高速化に対応するようにしていた。
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、鉄道のトンネルの坑口に設置されるトンネル緩衝工に関するものであり、更に詳しくは、列車がトンネル緩衝工へ突入する時又は緩衝工から退出する時に発生する空気圧によって周辺家屋の建具が振動するのを緩和し、沿線環境の維持や列車の高速化に寄与するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 トンネル状の覆体と該覆体に設けられた矩形状の開口部とからなるトンネル緩衝工において、前記開口部の一辺を緩衝工の開放側端面に面して設けたことを特徴とするトンネル緩衝工。
Industrial division
  • Miscellaneous in the construction category
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close