Top > Search of Japanese Patents > MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE

MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE

Patent code P07A011898
File No. /NO30641
Posted date Nov 30, 2007
Application number P2000-375657
Publication number P2002-178796A
Patent number P4523719
Date of filing Dec 11, 2000
Date of publication of application Jun 26, 2002
Date of registration Jun 4, 2010
Inventor
  • (In Japanese)臼田 隆之
  • (In Japanese)池田 充
  • (In Japanese)網干 光雄
Applicant
  • (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所
Title MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of capable of measuring mechanical impedance of a trolley wire on a running car body based on a contact force of a pantograph and vertical vibration of the car body.

SOLUTION: A frequency responding function H(ω) between the pantograph contact force of a running vehicle and a car body vertical acceleration of the vehicle having the pantograph is determined by H(ω)=Wc/Wp, based on the contact force and the acceleration. In this equation, Wc is a cross spectrum between the pantograph contact force and the car body vertical acceleration, and Wp is a power spectrum of the pantograph contact force. A mechanical impedance of the trolley wire is estimated for minimizing the error between a calculation result of a frequency responding function H'(ω) of the contact force to a previously determined vertical acceleration and a calculation result of the frequency responding function H(ω) between the car body vertical acceleration using measured data of the running vehicle and the pantograph contact force.

Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、電気鉄道におけるトロリ線の機械インピーダンスを測定する方法に関する。特には、走行中の車両上でトロリ線の機械インピーダンスを求めることができる方法に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  トロリ線からパンタグラフを介して電車に給電する電気鉄道におけるトロリ線の機械インピーダンスの測定方法であって;
前記パンタグラフの動作性を予め測定しておき、
前記電車を走らせながら、前記トロリ線と前記パンタグラフとの接触力を、前記電車の車体上で測定するとともに、該電車の車体加速度を測定し、
それらの測定データから前記トロリ線の機械インピーダンスを求めることを特徴とするトロリ線の機械インピーダンスの測定方法。
【請求項2】
  トロリ線からパンタグラフを介して電車に給電する電気鉄道におけるトロリ線の機械インピーダンスの測定方法であって;
前記パンタグラフを下側から加振した際の、該パンタグラフの動特性を同定しておき、架線の機械インピーダンスを与えれば、車体上下加速度と接触力との周波数応答関数H´(ω)が求まるようにしておき、
前記電車を走らせながら、前記トロリ線と前記パンタグラフとの接触力を、前記電車の車体上で測定するとともに、該電車の車体上下加速度を測定し、これら接触力と車体上下加速度とのクロススペクトルを、該接触力のパワースペクトルで割ることにより周波数応答関数H(ω)を求め、
この周波数応答関数H(ω)と前記周波数応答関数H´(ω)との誤差が最小となるように前記トロリ線の機械インピーダンスを求めることを特徴とするトロリ線の機械インピーダンスの測定方法。
【請求項3】
  前記周波数応答関数H(ω)を、トロリ線1単位(1ドラム区間)内で平均化することを特徴とする請求項2記載のトロリ線の機械インピーダンスの測定方法。
Industrial division
  • Electric power application
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

18844_01SUM.gif
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close