Top > Search of Japanese Patents > FLEXIBLE COAXIAL POWER SUPPLY CABLE

FLEXIBLE COAXIAL POWER SUPPLY CABLE meetings

Patent code P07A011907
File No. 142
Posted date Nov 30, 2007
Application number P2002-206190
Publication number P2004-047384A
Patent number P3826192
Date of filing Jul 15, 2002
Date of publication of application Feb 12, 2004
Date of registration Jul 14, 2006
Inventor
  • (In Japanese)久保田 親
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
Title FLEXIBLE COAXIAL POWER SUPPLY CABLE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a coaxial power supply cable of which, the length can be simply and easily controlled while keeping stable high frequency characteristics.
SOLUTION: A second coaxial power supply cable 11; composed of a first to a third power supply cables 13, 14, 15 to which, outer conductors 131, 141, 151 and inner conductors 132, 142, 152 of which, the ratio of inner diameter to outer diameter is the same with that of the inner diameter of an outer conductor 101 to the outer diameter of an inner conductor 102 of a first coaxial power supply cable 10, at the same time, respective diameters are different from the inner diameter of an outer conductor 101 of the first coaxial power supply cable 10, and also different from the outer diameter of an inner conductor 102 of the same, are elastically inserted; is fitted to the first coaxial power supply cable 10 in the axial direction in a manner that expansion and contraction can be freely controlled; and connection flanges 12, 12 for connecting the coaxial power supply cables are arranged at the open end side of the first and second coaxial power supply cables 10, 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、数メガワットの高周波電力の給電方法としては、外径がWX203と呼ばれている203mmから150mmを有する同軸給電線を、例えば高周波増幅器からアンテナ等の被給電部まで敷設することにより実現されている。このような同軸給電線は、その設計上の長さ寸法が変化すると、伝送する高周波電力の高周波特性が変化し、伝送特性が劣化される。このため、同軸給電線を敷設する場合には、例えば予め建物等の環境を考慮して設計し、最終的な接続において、給電線全長に寸法誤差を分散させ、高周波特性の変化を最小限に押さえる施工方法が採られる。



ところが、上記施工方法では、同軸給電線の設計製作時に高精度な寸法で製作しても、同軸給電線を敷設する建物の建築精度等の誤差により、必ず、全長に亘って長さ寸法を調整する調整作業が必要となるという不都合を有する。



また、上記同軸給電線にあっては、最近、特に要請されている高周波電力の大出力を促進すると、上述したように直径が203mm~150mmと大口径となる。このため、上記同軸給電線では、その長さ調整作業を含む敷設作業が非常に面倒で、その施工に多大な時間を費やすという問題を有する。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、例えば高周波増幅器から高周波電力を放送設備等のアンテナや、大強度陽子リニアックの高周波加速空洞等の被供給部に対して給電するのに用いられる伸縮型同軸給電線に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
外導体内に内導体が同軸的に遊挿され、一方端に同軸給電線接続部が設けられた第1の同軸給電線と、
この第1の同軸給電線の外導体の内径及び内導体の外径の寸法比と同一の寸法比を有し、且つ、前記第1の同軸給電線の外導体の内径及び内導体の外径と異なる径の外導体及び内導体を有した複数の給電線が、外導体を同軸的に連結すると共に、内導体間の少なくとも一箇所を軸方向に移動自在に嵌装させて同軸的に配置され、該複数の給電線の一方端の外導体が前記第1の同軸給電線の外導体の他方端に軸方向に移動自在に嵌装されて、その一方端の内導体が前記第1の同軸給電線の内導体の他方端に結合され、該複数の給電線の他方端の外導体及び内導体に同軸給電線接続部が設けられた第2の同軸給電線と、
前記第1の同軸給電線の外導体と前記第2の同軸給電線の外導体とを軸方向に移動させて、前記第2の同軸給電線の複数の給電線の内導体間を軸方向に移動調整する伸縮調整手段と
を具備することを特徴とする伸縮型同軸給電線。

【請求項2】
 
前記伸縮調整手段は、前記第1及び第2の同軸給電線の外導体の外壁間に螺合調整自在に架設される、周方向に所定の間隔に配された螺子調整機構であることを特徴とする請求項1記載の伸縮型同軸給電線。

【請求項3】
 
前記第1及び第2の同軸給電線の同軸給電線接続部には、同軸給電線が、その外導体及び内導体相互間が絶縁保持板を介して電気的に絶縁された状態で、外導体及び内導体が電気的に接続されて連結されることを特徴とする請求項1又は2記載の伸縮型同軸給電線。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002206190thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close